e2-movE 工事管理

記事更新日: 2020/01/16

執筆: 編集部

運営コメント

「e2-movE 工事管理」は、建設業など工事を行う企業向けの工事原価管理システムです。工事の業務プロセスをシステム化し、受注した工事の進捗や予算消化率が一目で確認できます。自社の業務に合わせたカスタマイズも可能なため、工事の効率化を考えている企業にはおすすめのシステムといえるでしょう。

工事管理

工事ごとの受注情報や予算管理が可能

原価管理

実行予算をもとに自動で工事原価を管理

進捗状況把握

一括管理画面で工事の進捗状況を把握

良い点

実行予算を入力し、それをもとに原価管理を行います。工事ごとの一括管理のため、予算の消化率などから進捗状況を簡単に把握できます。

悪い点

PC1台につき1ライセンスなので、多拠点での情報共有には向きません。

費用対効果:

UIと操作性:

Excelデータの取込が可能です。モバイルでの使用もできます。

導入ハードル:

カスタマイズ可能で、オプションも豊富なため、欲しい機能を搭載したシステムとして、短期間での稼働開始が可能です。

サポート体制:

電話、メール、リモートサポートがあります。相談によりそれ以外の対応も可能です。

e2-movE 工事管理の特徴3つ

1. 工事ごとの管理が可能

「e2-movE 工事管理」の最大の特徴は工事の実行予算から収支業務までを一括して管理できることです。この管理は工事ごとに行うことができるのも特徴のひとつといえます。

受注した工事についての基本情報を入力し、工事ごとの管理画面を作成します。ここでは、工事の物件情報、契約情報、回収予定情報などを入力することが可能です。入力したデータを利用して、受注工事台帳の作成ができます。業務の効率アップの基本である事務作業の自動化が実現できます。

受注後には、実行予算の登録も行えます。実行した場合もここに入力することで、履歴や消化率も管理できるようになります。また、直感的な画面であるため、一目で確認が可能です。

入力後直ちに台帳を作成


2. 原価管理と事務作業の効率化

次に紹介する「e2-movE 工事管理」の特徴は工事原価管理が簡単に行えるところです。工事を進めていく上で最も重要なのが予算管理です。「e2-movE 工事管理」では、実行予算画面をもとにした一括管理を行うとともに、事務作業の自動化で業務の効率化を実現します。

予算を実行する場合には、あらかじめ登録しておいた実行予算画面へ入力します。その中で予算管理を行うとともに、外注先への注文書も同時に作成してくれます。ここでも、一括管理の強みが生かせます。


注文書を自動作成


一方で、外注先からの請求書がきた場合、その工事原価を入力することで、支払予定データへ反映されるとともに、原価計上仕訳に反映され、仕訳データが自動作成されます。つまり、伝票の金額を入力するだけで、自動的に予算関連のデータが自動作成されるため、ここでも事務処理の効率化がはかれるのです。


仕訳データを自動作成

3. 工事進捗を一目で把握

「e2-movE 工事管理」の特徴3つ目は、工事の進捗を一目で把握できることです。これは実行予算など工事に関することを一括管理している強みの一つといえるでしょう。

「e2-movE 工事管理」では、実行予算管理をはじめとして、資材の発注費、委託業者への外注費用など様々な管理が一括で行えます。工事状況照会画面では、それらをまとめて把握できるようになっています。これは、工事ごとに確認可能です。


一括管理で進捗を把握


確認したい項目をクリックすることで、問い合わせ画面が表示されます。予算消化率や今後の原価の予測もでき、これまでの進捗や今後の予定・計画の策定も容易に行えます。

e2-movE 工事管理の料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

e2-movE 工事管理の評判・口コミ

カスタム機能で最適なシステムの構築が実現
清水建設株式会社

カスタマイズによる柔軟な対応が可能なところが導入の決め手です。求めていたのは原価や入金など会計管理も工事ごとに一括管理できるシステムでした。そこで「e2-movE 工事管理」のパッケージを生かしつつ、カスタム機能を利用して、不要な機能を削除し、ちょうどいいシステムの構築ができました。

オプション採用で理想的なシステムに
ナカバヤシグループ 中林建設株式会社

豊富なオプション機能で要望を網羅したシステムになりました。以前は工期中に発生した仕訳を手仕訳で処理していましたが、導入後は自動化でき、業務効率化が実現できました。

*「e2-movE 工事管理」公式HP参照

まとめ

工事の受注から予算の実行管理までを一括で行いたい企業にはおすすめのシステムです。それらを工事ごとに一括管理できるのが「e2-movE 工事管理」の大きな特徴だからです。

受注した工事の基本情報とともに実行予算を登録し、実行履歴を入力していけば、注文書や仕訳データも自動作成してくれます。その実績を一括管理することで、工事状況も一目で把握可能になります。

「e2-movE 工事管理」では、柔軟なカスタム機能と豊富なオプションで、使う側にとって都合の良いシステムの構築も可能です。たくさんの受注工事を抱えていて、事務作業に割く時間がとれない、工事ごとの管理を簡単に行いたいという企業にはおすすめのシステムといえるでしょう。

画像出典元:「e2-movE 工事管理」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

工事管理システムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【原価管理システム】【工事管理システム】のツール

起業ログが厳選する工事管理システム
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
ZAC
SMILE V
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ