freshservice

記事更新日: 2019/10/07

執筆: 編集部

運営コメント

「freshservice」はIT化された資産からIT化できない資産まで完全に管理できるシステム。取引先との契約記録やハードウェア・ソフトウェア、その他あらゆる資産の価値を評価しながら、無駄のない購入計画を立てられます。全資産のタイムラインを把握することで、資産のライフサイクル管理も効率よく行えるでしょう。

1. 在庫管理

使用中もしくは在庫ありとなっている全ての資産を管理できる

2. 資産自動検出

ハードウェア・ソフトウェアを自動でスキャンし資産を特定する

3. 契約管理

取引先との契約記録を管理し、契約更新等の通知を行う

良い点

「freshservice」はクラウド運用なので面倒なインストール作業やサーバーの用意が不要。スムーズに運用を開始できます。

悪い点

公式サイトやシステム自体が英語で作られているため、不便を感じることがあるかもしれません。英語表記のままの方が分かりやすいという声があります。

費用対効果:

ユーザーごとの月額料金の他、管理資産に合わせて追加料金が必要です。

UIと操作性:

直感的な操作が可能。シンプルで導入後もスムーズにシステムを運用できます。

サポート体制:

24時間365日メールによるサポートに対応。月~金曜日は24時間電話によるサポートを受けられます。

freshserviceの3つの特徴

1. 全資産の在庫を管理できる

「freshservice」では、IT資産だけでなく非IT資産までまとめて在庫管理できます。使用中の資産はもちろん、今現在使用していない在庫の利用履歴まで余さずに把握可能。無駄な資産を保有していないか、補充が必要かどうか、スピーディな判断を助けます。

「freshservice」で管理している資産について1つ1つ潜在的な脅威を予測。人為的なミス等により大切な資産が紛失しないよう、しっかりと監視することが可能です。


資産価値画面イメージ


尚、組織内の全資産について価値を評価する機能もあり、資産経費に基づいた正しい判断を支援。組織内の購入履歴まで細かくモニタリングすることで、無駄な支出がないかチェックできます。

2. 自動的に資産を検出

「freshservice」はディスカバリープローブで組織内の全資産をスキャンし検出できます。ディスカバリーツールを利用することで、資産状況をリアルタイム表示。資産が増減する度に手動で入力する必要がなくなり、管理業務担当者の負担を軽減します。

定期的に組織内の資産情報を自動スキャン・更新することで、ガバナンスを強化。全資産のアップグレード等もまとめてトラッキングできます。

「freshservice」ではiOS・Androidを搭載したスマートフォンで利用可能な資産管理専用アプリを配信。外出先でもスマートフォンのQRコード読み取り機能を使用して、タイムリーに資産を登録できます。資産の登録漏れを予防し、さらに管理業務効率が向上するでしょう。


「freshservice」アプリの表示イメージ

3. 便利な契約管理機能

「freshservice」を使えば、取引先との契約に関する全記録を管理できます。ソフトウェアのライセンス管理からリースや保守サービスの契約まで、企業による管理が必要なすべての契約のトラッキングが可能。全記録を一元管理できるため、監査時にも慌てる必要がありません。

契約の更新日時やライセンス失効時はその都度事前に通知を表示。契約の更新忘れを予防し、業務上のトラブルを未然に防ぐでしょう。

「freshservice」には、契約等の承認時に役立つワークフロー機能まで搭載されています。組織内の契約承認を自動化し状況をリアルタイムに確認することで、契約管理プロセスが今よりもっとスピーディに。企業の大切な資産管理を契約段階からサポートします。


契約記録管理画面のイメージ

 

料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

評判・口コミ

スピーディな導入ができた
Cordant Group PLC様

導入時のスピードに驚きました、Freshserviceは翌日には利用できるようになっており、使用準備は一週間以内に整ってしまったんです。

効率よく問題を解決できた
UNiDAYs様

freshserviceのおかげで弊社サービスデスクはあらゆる改善を目の当たりにしてきました。 証拠に裏付けられたビジネスであるFreshserviceは、データのトラッキングによるスマートな意思決定を可能にしてくれます。

※「freshservice」公式HP参照

まとめ

「freshservice」は世界で10,000社以上が導入している人気のクラウド運用型IT資産管理システム。システム導入までの期間が短い上、専門知識がなくてもスムーズに運用を開始できます。

IT資産管理に必要な機能を多数搭載していますが、どの機能もシンプルで操作性良好。マニュアルを読まずとも、何をどう操作すればよいのかすぐに理解できるでしょう。

「freshservice」は組織内の全資産を一元管理したい企業はもちろん、早急にIT資産管理システムを導入したい企業に最適なシステムです。

関連記事

【2019年版】おすすめのIT資産管理ツール6選を徹底比較!

この記事ではIT資産管理ツールのメリットやデメリット・選定ポイント・おすすめを徹底解説します。

画像出典元:「freshservice」公式HP

その他の【IT資産管理】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ