WEB給

記事更新日: 2019/11/13

執筆: 編集部

編集部コメント

「WEB給」は給与計算ツールで作成したファイルをインポートし、給与明細を電子化するツール。給与明細の印刷・発送の手間が省けるため、経理担当者の負担を大幅に軽減します。いつでも給与明細を確認しダウンロード・印刷できるため、従業員の利便性も向上。給与明細と併せて社内報等も配信でき、活用の幅が広い点も魅力です。

Web給与明細システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

Web給与明細システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. 給与明細電子化

給与明細をインポートし電子化する

2. ログイン情報の配信

給与明細のログインURLやID・パスワードを従業員へ自動配信する

3. 安否確認

自然災害時等、従業員の安否状況を確認できる

良い点

給与明細を電子化することで、印刷・封筒詰め・郵送などの関連業務を一掃。経理担当者の負担を大幅に軽減することで、余裕をもってその他の経理業務に携われます。

悪い点

給与明細の確認画面がモノトーンな上、表示欄がコンパクト。スマートフォンやフィーチャーフォンの機種によっては見づらいです。

費用対効果:

給与明細電子化ツールの中では利用料金が高額です。

UIと操作性:

給与明細を電子化するにあたりかかる時間は約3分と、操作が非常に簡単です。

導入ハードル:

申し込みから導入まで約2週間程度時間が必要です。

WEB給の3つの特徴

1. 「WEB給」導入で大幅なコスト削減効果

「WEB給」で給与明細を電子化すると、企業の給与明細発行にまつわるあらゆる経費を削減できます。

例えば、給与明細を郵送していた場合、印刷用紙代の他に封筒の購入代や切手代が不要に。封筒詰めに関わる業務が減ることで、人件費削減にもつながります。

「WEB給」の基本料金に含まれる給与明細の電子化可能枚数600枚を電子化した場合、給与明細を郵送する場合と比較して年間約60万円のコスト削減につながるという試算も。

「WEB給」の導入コストと比較しても、導入メリットは大きいです。


給与明細電子化によるコスト削減の試算


中には、給与明細の準備のために経理スタッフが残業せざるを得ない状況に頭を抱えている企業もあるでしょう。

しかし、「WEB給」を導入すれば、給与計算ツールで作成したファイルをインポートするだけで従業員の給与明細発行準備が完了。

経理スタッフの負担を減らすことでその他の業務が効率化。

必然的に残業時間も減ることで企業のコスト削減につながり、就業環境を整えることで従業員満足度も向上。「WEB給」の導入により、企業全体にメリットが生じます。

2. あらゆるデバイスから自由に給与明細の確認ができる

「WEB給」はパソコンの他、スマートフォンやフィーチャーフォンからも給与明細を確認できます。

確認方法は簡単。経理部等から配信されたメール記載のURLをクリックし、自動配信された自身のIDとパスワードを入力するだけです。

給与明細は確認するだけでなくダウンロードも可能。ダウンロードした給与明細は印刷もできるので、紙媒体で確認・保管したい従業員がいる場合でも導入しやすいです。

給与明細確認用のURLにアクセスするのが面倒という声があるなら、PDFファイルとしてメールに添付し、一斉配信という選択肢も選べます。


スマートフォンでの給与明細表示イメージ


いずれの方法でも24ヶ月分の給与明細がいつでもオンライン上で確認できるため、従業員は経理部を通さずとも必要な時に必要な期間の給与明細が入手できます。

従業員の利便性が大幅に向上するだけでなく経理担当者の負担も軽減できるでしょう。

「WEB給」は給与明細に関する問い合わせが多い企業にもうってつけのツールと言えます。

3. 給与明細に表示する項目の設定が自由

「WEB給」は給与明細データをインポートして給与明細書を電子化します。

その際、エクセルをはじめとする、主要な給与計算ツールとの連携が可能。インポートしたいファイルを指定すれば、すぐに「WEB給」上で給与明細が作成できます。


「WEB給」あらゆる給与計算ツールと連携可能


もちろん、給与明細以外の賞与明細・源泉徴収の電子化にも対応。

従業員への公開日時を設定してインポートすれば、給与支給日前日まで閲覧できないように設定できます。

給与明細に表示する項目は、給与計算ツールで入力した項目以外のものも自由に選択可能。給与明細の末尾にコメント入力欄があるので、提出書類や確認書類等、従業員全員に周知したい事項がある場合とても便利です。

コメント欄の他にも10MB以下のファイルを給与明細に添付して送信可能。

社内報や行事の告知などを添付することもでき、経理部門以外の伝達にも大いに活躍するでしょう。

社内報送信画面イメージ

WEB給の料金プラン

「WEB給」は従業員600名まで月額料金30,000円で導入可能。601名以降は1名につき月額料金50円が必要です。

初期費用は30,000円~となっています。

WEB給の評判・口コミ

使い方が簡単
明治企業株式会社様

シンプルで使いやすいので使い方がわからないことは今はありません。特に弊社では、コメント欄を活用しています。年末調整など全社員向けのコメントと、手当や契約更新については個別コメントを活用しています。

給与明細を確認したかまで確認可能
株式会社スタイル・エッジ様

給与計算されたCSVデータのアップロードがとてもスムーズに行えます。あと、ログイン履歴があるのがいいですね。配信された給与明細がちゃんと確認されているかを管理側で確認することができるので良い機能だと思います。

※「WEB給」公式HP参照

まとめ

「WEB給」はたった3分の作業で給与明細を電子化できる便利なツール。

給与支給日数日前から給与明細の印刷・発送業務に追われている企業にうってつけです。

操作方法がシンプルで使いやすい点も「WEB給」の魅力の1つ。

給与明細電子化に携わる経理スタッフはもちろん、給与明細を確認する従業員の利便性・満足度も向上します。

「WEB給」を運営するウェブインパクト社はプライバシーマークを取得しており、セキュリティ面でも安心。紙媒体よりも安全に、従業員へ給与明細を届けられるでしょう。

画像出典元:「WEB給」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

Web給与明細システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

Web給与明細システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ