Exchange Online

記事更新日: 2021/04/30

執筆: 編集部

編集部コメント

Exchange Onlineは高度なセキュリティ機能を備えており、どこでもどのデバイスでもアクセスできます。メールだけでなく、会議室の予約などグループウェアとしても活用できるのでチーム内の情報共有がスムーズになります。

クラウドメールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

クラウドメールツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

高度なセキュリティ機能

情報の保護に役立つ高度な機能を備えており、マルウェア対策とスパム対策のフィルタリング機能でメールボックスを守る。

どこからでもアクセス可能

ユーザーがメール・予定表・連絡先に、WindowsやMac、AndroidやiOSといったさまざまなデバイスから場所を問わずアクセスできる。

大容量の50GB

メールBOXは50GBと大容量であり、大量のメールも難なく保存することができる。

良い点

組織でメールとしてだけでなく、スケジュールや会議の予約まで行えるグループウェアとしても活用でき、マルチデバイスなのでいつでもどこでも安全に利用できます。

悪い点

現在使用しているoutlookからの移行は簡単にできますが、古いバージョンはサポートしていない可能性があるので確認が必要です。

費用対効果:

プラン1は月額430円/1ユーザなので、法人メールの機能としては十分といえます。

UIと操作性:

メールの操作はシンプルでとても使いやすいです。外観と操作性はフルバージョンのOutlookクライアントと変わりありません。

Exchange Onlineの3つの特徴

1.24時間データを保護

データ損失防止機能は、ユーザーが機密情報を許可のない人物に誤って送信するのを防止します。

上位プランではデータ損失防止機能(DLP)も搭載されているので、過失による情報漏洩もしっかりと防ぎます。セキュリティのエキスパートが 24時間体制でExchange Onlineを監視してユーザーのデータの安全を守ります。

信頼性も高く、稼働率 99.9% 保証と返金制度がサービスレベルアグリーメント (SLA) で規定されているため、メールをいつでも安心して利用できます。

2.チームで共有できる

チームや組織で複数の予定表を比較しながら会議のスケジュールを設定できます。コラボレーションの機能 (共有予定表、グループ、グローバル アドレス一覧、社外の連絡先、タスク、会議室、代理人機能など) が利用可能で情報共有を強化します。

3.Business Standardプランでさらに便利に

Exchange Online(プラン1)のすべての機能に加えて、フル機能のOfficeアプリを1ライセンスで最大15台(スマホ5台・タブレット5台・PC5台)インストールして使用できます。他にも1TB のファイルストレージと共有やビデオ会議などが含まれ、電話サポートも24 時間年中無休で利用できます。

会社の規模にもよりますが、月額1,360円でこれだけのサービスが使用できるグループウェアとしての業務効率アップが実現できます。

Exchange Onlineの料金プラン

Exchange Online (プラン 1)は月額430円/1ユーザです。

容量と安全性を高めるのであればExchange Online (プラン 2)は月額870円/1ユーザですが、Business StandardプランはOfficeアプリも使用でき、サポートも安心です。1ヶ月の無料期間もあります。

まとめ

Exchange Onlineの特徴・評判・料金について解説しました。

この機会に是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Exchange Online」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

クラウドメールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するクラウドメール
クラウドメール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ