起業するなら必要?会社実印の目的とおすすめ印鑑通販サイト5選

起業するなら必要?会社実印の目的とおすすめ印鑑通販サイト5選

記事更新日: 2019/07/23

執筆: 編集部

起業や法人成りを考えている人にとって大切な準備のひとつが会社用の実印を作ることです。

この記事では会社用の実印が必要な理由、会社実印と他の印鑑との違い、会社実印を手軽に作ることができる印鑑通販サイトのおすすめ5選を紹介します。

会社実印とは?



会社実印は「法人印」もしくは「代表者印」とも呼ばれます。その形状から「丸印」と呼ばれることもあります。

個人の実印が重要な契約を交わす時にその契約締結の証拠として実印が必要とされますが、会社として重要な契約を交わす場合、同じように会社実印が必要になります。

会社実印はいつ必要?

会社を法人登記する際にまず必要になります。法人登録後は、会社として重要な契約を交わす場合に使われます。

会社として不動産や自動車を所有しているなら、それらの売買にも会社実印が使われます。

法人の印鑑登録する

会社実印が最初に必要になるのは、法人の印鑑登録をするときです。簡単に法人の印鑑登録する流れをここで説明しておきます。

1. 会社実印を作る

2. 会社の所在地のある地域を管轄している法務局に行く

3. 印鑑届書の提出

4. 印鑑カードの交付申請

印鑑届出書を提出する際には、会社実印にする予定の印鑑に加えて、代表取締役個人の実印とその印鑑証明書が必要です。

会社実印の書体

会社実印に使われる書体には、篆書体(てんしょたい)、吉相体、古印体があります。篆書体や吉相体は独特な書体であり偽造されにくいという特徴があるので、会社実印に向いています。

個人の実印の印面には名前のみ刻印されますが、会社実印は外枠、内枠の2重構造になっています。

外枠には、会社名もしくは屋号を刻印します。

内枠には、代表取締役印や取締役印などの役職名が刻印されます。

会社実印の形状

会社実印は一般的には丸寸胴もしくは丸天丸という丸印の形で作ります。

丸寸胴は普通の円筒型です。丸天井は持ち手の真ん中がくびれていて、上部が丸い形状をしています。

丸天井にはハンコの上部が分かるようにしるしが付いている、印面部分を傷や埃から保護する蓋が付いているという特徴もあります。

コスト的には丸寸胴が丸天井より安くておすすめですが、高級感があり、持ちやすくて押しやすいのは丸天井です。

会社実印と銀行印をセットで作る場合が多いので、会社実印を丸天井、銀行印を丸寸胴で注文し、取り違えを防ぐという方法があります。

会社実印と他の印鑑との違い



会社実印以外にも銀行印、角印など会社で使うハンコがありあす。

これらのハンコの使用目的、会社実印との違いなどを説明します。

銀行印

会社用の銀行口座を開設する際に銀行に届け出るのが銀行印です。

口座開設時以外にも、口座振替、手形や小切手を発行する際にも使われ、会社の資産管理に関わるとても大切な印鑑です。

会社用の銀行印の形状は、会社実印と同じ丸形が一般的です。

印面も会社実印と同じように2重になっており、外枠は、会社名や屋号。内枠は銀行印の文字が刻印されます。

会社実印と区別するために、銀行印は一回り小さいサイズにするのが一般的です。他にも会社実印を丸天井、銀行印を丸寸胴にして見た目にも区別できるようにすることもできます。

会社実印を銀行印に転用できる?

もちろん可能ですが、リスク管理の観点から会社実印と銀行印を別々に作ることがすすめられています。

会社実印を銀行印にするなら、万が一紛失や盗難に遭った場合に大きなトラブルになる可能性があります。さらに金融機関などに大切な会社印を預けるというリスクも生まれます。

 

角印

角印は会社印とも呼ばれる会社用の認印のことです。見積もり書や請求書、簡単な契約書などに押されるので日常の会社運営に欠かせない印鑑です。

その四角い形状から角印と呼ばれており、印面には「株式会社○○之印」という形で会社名が刻印されます。

法務局などに届出が必要な印鑑ではありませんが、会社の書類に押される印鑑なので、いわば会社の顔となるとても大切な印鑑です。

起業や法人成りを考えているなら、会社実印・銀行印・角印の3つを作ることができます。印鑑通販サイトではこの3つをセットにして販売されているので、印鑑通販サイトを利用するのをおすすめします。

おすすめの印鑑通販サイト5選

 


一昔前までは個人の実印や会社実印などは、ハンコ屋さんの店舗に出向いて注文するのが普通でした。しかし印鑑通販サイトの数も増えてきたので便利に利用できます。

実店舗で印鑑を購入する場合とネット通販で購入する場合のメリット・デメリットをまず比較すると以下のようになります。

  メリット デメリット
店舗

実際の商品を見ることができる
店員に細かい相談ができる

ある程度納期がかかる
店舗数が少ないので探すのが大変

通販サイト

納期が早い
値段が安い

写真でしか商品を見れない


納期や値段、利用しやすさを考えるとネット通販での会社実印購入がおすすめ
です。

次に、おすすめの印鑑通販サイト厳選5つを紹介します。

1.ハンコヤドットコム

画像出典元:「ハンコヤドットコム」公式HP

まずおすすめするのが「ハンコヤドットコム」です。

ハンコヤドットコムは、印鑑素材の種類が多く、会社設立セットなど選べる印鑑の種類もたくさんあります。高品質でありながら低価格で印鑑を提供しているハンコヤドットコムはおすすめです。

ハンコヤドットコムのおすすめサービス

・最短当日出荷可能
・印鑑30年保証
・印影デザイン確認
・実印登録NG保証

彫刻前にデザインを確認できるサービスや万が一実印登録ができなかった場合には交換してくる実印登録NG保証などサービスも充実しています。

ハンコヤドットコムの基本的な価格

  価格
会社実印 7,000円~
銀行印(法人) 6,300円~
角印 8,600円~
会社設立3本セット 17,780円~
 

2.はんこプレミアム


画像出典元:「はんこプレミアム」公式HP
 

次におすすめするのは通販最安値で人気の通販サイト「はんこプレミアム」です。

会社用の印鑑が3,580円で作ることができます。

はんこプレミアムのおすすめサービス

・即日出荷
・印影デザイン確認
・10年保証
・ポイントが貯まる
・5,400円以上の購入で送料無料

はんこプレミアムでは、昔から印鑑の素材として使われている水牛や薩摩本拓などだけでなく、メンテナンスが簡単で高級感が味わえると人気のチタン、それらに加えて水晶や宝石を素材にした印鑑も販売しています。

会社用の印鑑と一緒に水晶や宝石などでおしゃれな個人の印鑑を作りたいという方にもおすすめです。

はんこプレミアムの基本的な価格

  価格
会社実印 3,580円~
銀行印(法人) 3,580円~
角印 3,780円~
会社法人3本セット 8,480円~

会社法人4本セット
(会社実印・銀行印・角印・住所ゴム印)

13,580円~

 

3.印鑑の匠ドットコム

画像出典元:「印鑑の匠ドットコム」公式HP

印鑑の匠ドットコム」も評価が高くおすすめです。

会社実印と角印だけの2本セット、会社実印・角印・銀行印の3本セットなどセットの種類が豊富でおすすめなのが印鑑の匠ドットコムです。

印鑑の匠ドットコムのおすすめサービス

・最短当日出荷可能
・印鑑10年保証
・印影デザイン確認
・再彫刻無料
・送料・手数料無料サービス

類似称号で登録できなかった場合などには1年以内ならば再彫刻を無料で行ってくれる、5,000円(税込)の購入ならば送料・手数料無料サービスなどお得な特典もいっぱいあります。

印鑑の匠ドットコムの基本価格

  価格

会社実印(丸天井)・銀行印(丸天井)
2本セット

5,760円~

会社実印(丸天井)・銀行印(丸寸胴)
2本セット

5,460円~

会社実印(丸寸胴)・銀行印(丸寸胴)
2本セット

5,160円~

社実印(丸天井)・角印 
2本セット

6,060円~

会社実印(丸寸胴)・角印 
2本セット

5,760円~

会社実印(丸天丸)・銀行印(丸天丸)・角印 
3本セット

8,940円~

会社実印(丸天丸)・銀行印(丸寸胴)・角印 
3本セット

8,640円~

代表者印(丸寸胴)・銀行印(丸寸胴)・角印 
3本セット

8,340円~

 

4.印鑑市場

画像出典元:「印鑑市場」公式HP

印鑑市場」は高い品質で評判の印鑑通販サイトです。

コストを抑えるために高性能彫刻機を採用していますが、最終的な仕上げの工程は熟練した職人が手彫りで彫刻することで、低価格で完全オーダーメイドの印鑑を提供しています。

印鑑市場のおすすめサービス

・最短当日出荷可能
・印鑑20年保証
・印影デザイン確認
・縁起印鑑
・印鑑登録NG返品保証
・送料無料サービス

印鑑市場では彫刻前の印鑑に天神ノ森天満宮での「清め祓い」が行っています。会社の発展を願って縁起を担ぎたい経営者の方におすすめです。

さらに、印鑑1本以上の購入で、金額にかかわらず送料無料のサービスを提供しています。

印鑑市場の基本的な価格

  価格
会社実印 6,800円~
銀行印(法人) 6,100円~
角印 7,400円~

会社設立印鑑2本セット
(会社実印・銀行印)

12,500円~

会社設立印鑑2本セット
(会社実印・角印)

12,500円~

会社設立印鑑3本セット
(会社実印・銀行印・角印)

17,200円~

 

5.パプリ

画像出典元:「パプリ」公式HP

パプリ」はオフィス備品の販売で有名な「アスクル」のサイトです。パプリでは名刺やチラシだけでなく印鑑も作ることができます。

パプリのおすすめサービス

・最短翌日お届け
・スピード印鑑なら365日返品OK
・1,000円(税込)以上の購入で送料無料
・一級彫刻士による高級印鑑もある

アスクルのサイトを通じてオフィス用品を購入している方におすすめです。

午後1時までの注文ならば最短で翌日には受け取れるスピード印鑑が人気です。

値段は多少高額になりますが、一級彫刻士の手による高級印鑑も長く使えるのでおすすめです。

印鑑1本に収納用革袋が付いてくるサービスもあります。

パプリの基本的な価格

  価格
会社実印(スピード印鑑) 6,773円~
会社実印(高級印鑑) 14,817円~
銀行印(スピード印鑑) 6,773円~
銀行印(高級印鑑) 14,817円~
角印(スピード印鑑) 7,027円~
角印(高級印鑑) 16,087円~

会社設立実印セット(スピード印鑑)
(会社実印・銀行印・角印)

12,902円~

会社設立実印セット(高級印鑑)
(会社実印・銀行印・角印)

28,576円~

 

まとめ

 


会社実印は会社の法人登録の時に必ず必要です。その他にも会社の代表者として重要な契約を交わす場合にも使います。

会社に必要な印鑑は会社実印以外にも、銀行印、角印があります。

印鑑通販サイトを利用すれば、1本ずつ注文することもできますし、お得にセットで購入することもできます。

独立起業や法人成りを考えているなら、法人登録をする前に会社実印や銀行印、角印をぜひ揃えておきましょう。


画像出典元:pixabay、pexels

最新の記事

ページトップへ