社判とは?社印との違い、種類とおすすめ業者をご紹介

社判とは?社印との違い、種類とおすすめ業者をご紹介

記事更新日: 2019/03/29

執筆: 編集部

会社設立と同時に必要となる「社判」。

会社印鑑には、角印や丸印など複数ありますが、どの印鑑のことを“社判”と呼ぶかご存知でしょうか?

今回は、知っているようで意外と知らない社判について解説していきます。

社判と社印の違いって?

社判(しゃばん)と呼ばれるけれど、一体どれのこと?

社判とは、会社印鑑全てのことを指します。他にも、法人印や会社印とも呼んだりします。

つまり、角印も丸印も会社の住所等が書かれたゴム印も、いずれも名称としては社判と呼んで間違いありません。

しかしながら、社判には種類がいくつかあり、それぞれ用途も異なりますので、意味を正しく理解して、目的に合わせて社判を使っていきましょう

会社設立時に必要な社判とは?

呼び方がいくつもあるので、「一体何本印鑑を用意したら良いんだろう?!」と、悩んでしまう方もいらっしゃいますが、実はいたってシンプルです。

会社を設立する際に、まず準備するべき社判は以下の3つです。

  • 社印(角印)
  • 実印(丸印)
  • 銀行印


まず、最低限準備が必要なのはたったこの3つだけなのです!

おさらい!社判と社印の違いって?

ここまでお読みの方は、もう社判と社印の違いはお分かりですね?!

例えば、会社で「“社判”を押しておいて」と頼まれた時に、社印を押すのはOKです。

しかし、「“社印”を押しておいて」と頼まれた時に、重要な社判である実印や銀行印を押してしまうのはNGです。

次の項目で、それぞれの用途を詳しく説明していきます。

いまさら聞けない?!社判の種類

社印(角印)

社判の中でも、幅広い用途に使われるのが、社印です。一般的に四角い形のため、角印とも呼ばれています。

具体的には、見積書、請求書、領収書などの書類で使用されます。会社の認印として、郵便物の受け取りなどにも使われたりします。

実印(丸印)

実印は、法人登記の際に必要な社判です。

一般的に、18mmの丸い印鑑が多いため、丸印と呼ばれますが、他にも、代表者印、会社実印、法人実印などとも呼ばれます。

非常に重要な印鑑であるため、日常的な業務ではあまり使用せず、重要な取引や、企業間の契約書などに使用します。

銀行印

銀行印は、法人用の口座開設の際に、銀行で登録する印鑑のことです。

上記の通り、会社の実印は効力が大きく、紛失や盗難等のリスク回避をするため、実印とは別の銀行印を作るのが一般的です。

社判のオススメ素材

社判はなぜ素材も重要なの?

重要な会社の取引に使われる社判。

耐久性や機能性などの使い勝手はもちろんのこと、対外的なビジネスの重要シーンで登場することもあり、どのように見られるかという見た目の印象も意識しておきたいですね。

長く使うものであり、会社の信用ともなりますので、慎重に選ぶことをオススメします。

人気素材はコレ!象牙、黒水牛、チタン

印鑑を作る印材には、象牙、水牛の角、銅、石、水晶、陶、合成樹脂、木、ゴムなど様々な種類があります。

一般的な良い条件としては、適度な硬さと粘りがあることで、細かい彫刻がしやすいこと、丈夫で摩耗に強いことが挙げられます。

このような中でも、特に人気の素材は以下の3つです。

象牙

落ち着いた印象のある定番の素材。手触りが良く、押しやすいことも人気の理由です。

希少性が高く、数ある印材の中でも最高級品とされています。

一生モノの印鑑を作る時にオススメの素材です。

 

黒水牛

昔から人気の高い素材。重厚感、高級感を感じさせる漆黒が特徴的です。

どっしりとした印象のため、特に男性から支持を得ています。

管理に注意が必要で、乾燥や虫食いなどから避けるため、ケースにしまって保管しましょう。

 

黒水牛

昔から人気の高い素材。重厚感、高級感を感じさせる漆黒が特徴的です。

どっしりとした印象のため、特に男性から支持を得ています。

管理に注意が必要で、乾燥や虫食いなどから避けるため、ケースにしまって保管しましょう。

 

チタン

メンテナンスがいらず、耐水性、耐火性などにも優れているということで、近年人気のある素材です。

 

おすすめオンライン印鑑専門店7選

「いざ、社判を作るぞ!」と思ったら、どのようにしたら良いでしょうか。

印鑑を作るお店は、町のはんこ屋さんやショッピングセンターなどにもありますが、インターネットでも簡単に安く社判を作ることができます

オススメのオンライン印鑑専門店を厳選してご紹介します。

1. はんこプレミアム

出典元:はんこプレミアム公式HP


はんこプレミアム(Inkans.com)」は業界随一の低価格を実現し、「印鑑を安く作りたい!」と考えている方におすすめの印鑑業者です。

年間に数万本の印鑑を熟練の職人が手彫りで作成し、出荷しているため信頼性は高いです。さらに、10年間の保証書もついてくるので、万が一の対応もばっちり。

実印は最安値2,000円代から売っており、会社実印・銀行印・角印の三本セットは最安値8,000円から売っています。

この安さの理由は「広告宣伝を一切していない」ことにあります。広告費にお金をかけないことで、低価格の商品を提供することが可能になっているのです。


はんこプレミアムで法人印鑑をまとめて買う場合は「柘(アカネ)の3本セット」がおすすめ。このセットの1番の魅力は8,480円という破格の安さにあります。

主な印鑑業者のセット価格と比較すると、この価格の安さがわかるでしょう。

印鑑業者 3本セットの値段
はんこプレミアム 8,480円(税抜)
HANKOYA STORE.com 13,700円(税抜)
ハンコヤドットコム 17,780円(税抜)
平安堂 42,300円(税抜)

3本セット最安値比較

表を見ていただくと、はんこプレミアムの値段が他と比べて安価だとわかります。印鑑を安く購入したい方は、はんこプレミアムで購入することをおすすめします!

おすすめのポイント

  • 印鑑卸業だからこそ実現できる高品質低価格
  • 柘印鑑3セットは8,480円~。

 

2. HANKOYA STORE.com

出典元:HANKOYA STORE.com公式HP


HANKOYA STORE.com」の年間出荷実績は20万本にもおよび、印鑑通販サイトの中でも有名です。印影の作成と最後の手仕上げは人力で行っており、印影の作成にはスタッフが1字1字デザインしているので、同じ印鑑ができる心配はありません。

さらに10年保証書付きで、何回でも無料で彫り直すことができるといったサービスも充実しています。

配達サービスは平日12時までに注文をすると、即日出荷・翌日商品到着が可能になるため、配達スピードが早いことも魅力の1つです。

おすすめのポイント

  • 印影の作成が人力だから、コピーされる心配がない
  • 10年保証書付き
  • 平日12時までの注文で、翌日に商品到着

 

3. ハンコヤドットコム

出典元:ハンコヤドットコム公式HP


日本最大級の印鑑ネット通販専門店「ハンコヤドットコム」。年間41万件以上の出荷実績があり、印鑑通販ショップで圧倒的なシェア率を誇ります

5,400円以上の購入で送料が無料になり、注文から2日で商品が届くのでとてもスピーディーです。さらに専属の印影デザイナーも多く在籍し、TVCMもやっているため安心度が高いのも魅力の1つ。

中でも、社判をまとめて購入するのにお得なセットキャンペーンも実施しています。

おすすめのポイント

  • 法人印鑑セット(6,980円~)が最大50%OFF!
  • 30年の安心保証付き!

 

4. 平安堂

出典元:平安堂公式HP


関東60店舗を誇る印鑑専門店「平安堂」。

熟練オペレーターと高性能自社オリジナル機器を使って仕上げられる印影で、安定した印鑑を提供してくださいます。その様子はメディアでも取り上げられるほど!

おすすめのポイント

  • オンラインショップだけでなく、関東に印鑑専門店を展開いている。
  • 象牙100年保証制度!

 

5. はんこdeハンコ

出典元:はんこdeハンコ公式HP


続いてのオススメは、購入者からの口コミで評価も高い「はんこdeハンコ」。インターネットで購入することに不安がある方にも安心です。

プロの目線で厳選した印材を使用し、良い印鑑をより安く丁寧に作ってくださいます。

おすすめのポイント

  • 便利な分割式住所印もついた起業・開業4点セット(14,900円~)が最大60%OFF!
  • 安心の10年保証!
  • 豊富な印材の取り扱いがあるが、長所と短所が書かれており、初心者でも選びやすい。

 

6. スーパーハンコ

出典元:スーパーハンコ公式HP


印鑑を100%自社製造加工しているからこそ実現できる、高品質低価格の「スーパーハンコ」。

16時までの注文で、即日スピード出荷対応もしてくれます。

おすすめのポイント

  • 100%自社製造加工。
  • 最短翌日お届けで法人印鑑セット購入可能!

 

7. 印鑑の匠ドットコム

出典元:印鑑の匠ドットコム公式HP


印鑑の匠ドットコム」は、法人印鑑がメイン。

高い質と適正な価格から、購入後のアンケート調査では、お客様満足度92%と高い評価を得ています!

おすすめのポイント

  • 印影プレビューサービスにより、仕上がりイメージを確認して安心注文。
  • 法人印鑑セットが8,980円~
  • 苗字変更やイメージと違った場合に掘り直し対応可能な1年保証付き。10年保証も!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?起業、開業、会社設立に欠かすことのできない一生モノの社判。何度も買い換えるものではなく、会社の信用にも影響するものだということが分かりましたね。

社判を作る際には、まずは用途を理解し、値段や作成スピードだけでなく、素材の意味や対外的な印象も含めて、総合的に慎重に選ぶことをオススメします。

 

画像出典元:pixabay

 

最新の記事

ページトップへ