CAMCARD BUSINESS

3.5

記事更新日: 2018/11/09

執筆: 編集部

編集部コメント

スマートフォンで撮影してデータ化するため、外出先でもすぐにデータ化できるのが魅力的です。価格も他のサービスに比べてとても安いので導入しやすいでしょう!

名刺管理ソフトを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

名刺管理ソフトツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

1. 圧倒的なデータ化速度

名刺をスマホで撮影し、すぐにデータ化することができる

2. メールマガジン配信機能

名刺を登録した顧客に対して、一斉にメールを送付可能

3. スキャナ利用

名刺をまとめて読み取ることができ、情報を入力する手間が省ける

良い点

場所を問わず顧客の名刺情報を共有することが可能。手間をかけずに名刺情報をデータ内から簡単に探すことができます。

悪い点

名刺情報をスマホが誤認識した場合に、手作業で修正しなければいけないことが大きなデメリットになります。

費用対効果:

無料で使えるツールに比べれば費用対効果は劣りますが、プランによって高精度校正をすることもできます。

UIと操作性:

iPhoneで撮影してデータを取得する際に簡単かつ自動で取得してくれるため、誰でも使いやすいです。

デザイン:

スマホ対応なため、比較的にシンプルでわかりやすい見た目となっています。

サポート体制:

電話で対応していてサポートの質が高いです。

CAMCARD BUSINESS 3つの特徴

1. OCR機能で名刺情報を即データ化

CAMCARD BUSINESSの大きな特徴、それは名刺情報を即データ化できることです。即データ化を行うために、高精度なOCR(文字認識)機能を搭載しています

OCR機能とは、認識対象となる活字のイメージデータを文字認識してテキストデータに変換する機能です。このOCR機能を用いたときのデータ化の速度は約5秒です。またさらに、校正するときは最短5分で修正ができます。

このCAMCARD BUSINESは、とにかくスピードを求めたい企業や個人にとてもオススメなサービスだと言えるでしょう。


名刺情報をデータ化にするときの撮影方法

2. マルチデバイス対応

次に紹介するCAMCARD BUSINESSの特徴、それはマルチデバイス対応です。スマートフォンでの利用はもちろん、パソコンでも名刺情報が共有できます。また、社内の名刺情報を場所を問わずに情報共有できるため、社内の人脈を活用し、迅速な営業提案が可能になります。

マルチデバイスの機能は迅速な営業提案ができるだけではなく、名刺情報からの電話発信やメール送信、そして商談情報登録やタスクの登録機能なども搭載されています。

実際に導入された企業のコメントでは、「誰がいつ会ったのかという情報を確認することができるため、クライアントの要望に沿ってより効果的なタイミングでアプローチが可能になった」ということを述べていました。


名刺情報の共有画面

3. 外部サービスへ連携


複数のサービスと連携可能

CAMCARD BUSINESSの特徴3つ目は、外部サービスへ連携することにより作業を効率化できることです。外部サービスのSalesforce、DynamicsCRM、SugarCRM、Google Contact、Outlook等と連携することで面倒な情報入力を削減し、作業を効率化します。

例えばGoogle Contactと連携する場合、以下のメリットがあります。

・連絡先を連携するとき、自動登録ができ、入力する手間が削減。

・スマホでの着信時に発信者を判別することができるため、その場の状況で対応すべきか判断しやすくなる。

・Gmailの作成時、オートコンプリート機能(※)を利用し、メールアドレスの直打ち入力の手間がない。

・オートコンプリート機能を利用すると、名刺を交換したユーザとのファイル共有が簡単にできる。

※オートコンプリート機能:メールの作成時やファイル共有時にアドレスを入力する手間を削減する機能

Google Contactだけでも十分作業を効率化してくれますが、Google Contact以外の外部サービスも連携することでさらに作業の効率化を実現してくれるでしょう。

料金プラン


上の画像の通り、料金プランは3タイプあります。左から、スタンダード月額1,400円、プロフェッショナル月額2,200円、エンタープライズ月額500円となっています。

スタンダードプランは高精度校正(※)できる枚数が20枚で、プロフェッショナルプランは50枚校正することが可能です。どちらもデータ化の誤認識があったとしても、決められた枚数分を校正することができるというメリットがあります。

※オペレーターによる手動の校正

一方、エンタープライズプランは利用者が多ければ多いほどメリットになりますが、高精度校正できる枚数が0枚なので、校正したくてもできないということが大きなデメリットです。

また追加プランで企業ごとに100枚/3000円で発注することが可能。


約1/3の価格で高いコストパフォーマンス

CAMCARD BUSINESSの料金プランは、他の名刺管理ツールの料金プランとは違い、約1/3の価格で高いコストパフォーマンスを実現しています。

例えば、他社のサービスを利用している名刺管理ツールのプランと比較すると、5IDでそれぞれ毎月100枚の名刺を交換した場合、月額にかかるコストが約1/3、2年間で25万円超コスト削減が可能になります。(※1)

つまり、CAMCARD BUSINESSはどのプランでも他社サービスのプランよりも高いコストパフォーマンスで利用できます。だから、手軽に導入ができて継続できるのです。

※1 スタンダードプランの場合

CAMCARD BUSINESSの評判・口コミ

医療

11〜30人

簡単な操作で管理しやすい

利用にかけた費用

無料

使いやすいと感じた点を教えてください。

  • Wpeopleと比較して読み取りの誤りが少なかった
  • 無料で使える

これが主な理由となり導入を決めました。

簡単な操作で管理しやすいです。余計なものがなく、最低限のことができるので気に入っています。

不便だと感じた点を教えてください。

特にありません。

機能性がシンプルで、名刺入れ代わりに使えるところが使いやすくて気に入っています。

他の会社にもおすすめしますか?

目的が何かによります。名刺を持ち歩くのは大変なので、名刺入れがわりにしたい、手軽に見やすいものが良いとなればおすすめしたいです。でも、それ以上の広がりが感じられないので、多機能な名刺管理を求めているならおすすめしません。

IT

2〜10人

Excelにエクスポート可能で他の資料にも活用できる

初期費用・月額費用・料金プラン名等

初期費用0円 年額4,900円 プレミアム年間購読 

利用期間 

2018年7月~2021年7月現在も継続利用中 

使いやすいと感じた点を教えてください。

名刺撮影による情報の一括登録と同期、エクセルにデータをエクスポートできるところが使いやすい。エクセルにすることで、そのほかの資料作りにも活用が可能。 

不便だと感じた点を教えてください。

撮影機能のためなのか、文字の一部読み取りがおかしいことがあり、文字化けのような症状が起るときは不便。名刺が複雑な作りになっているものは、登録項目に誤字・脱字が発生してしまう。その度に何度も取り込みを行ったり、名刺の状態や撮影条件を気にしたりなど、神経を使うところがあるのはストレスに感じる。 

外部連携はしやすいと感じましたか?

outlookに同期できるので、PCとスマホの連携など簡単になった。 

他の会社にもおすすめしますか?

営業周りや名刺交換が多い業種にはおすすめだと思います。取り込んだ日時なども表示してくれるので、スケジュールと照らし合わせると、相手と名刺交換したときの状況や相手の顔などを思い出しやすくなります。

コンサルティング

1001人以上

無料機能も十分で操作も簡単

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

無料機能の範囲で使用

利用期間 

2016年5月〜2021年9月現在も利用中

導入に至った決め手を教えてください。 

アプリ検索で一番良さそうに見えた。名刺の枚数が多くて整理が面倒になり、アプリを導入することとした。

使いやすいと感じた点を教えてください。 

・変換精度がやや高めかなと思う。

・他のアプリも試したが、見た目が単純で使い勝手が良かった。

・無料でも使える機能は十分だと思う。

・チームを登録すれば、名刺の共有も可能。

・メールで他の人に紹介するのも簡単にできるのが助かる。

不便だと感じた点を教えてください。 

名刺撮影のときのカメラが自動シャッターになった。シャッターのタイミングが早めで、ピントがあわないことがしばしばある。シャッターは手動にもどして欲しい。

他の会社にもおすすめしますか? 

名刺交換を頻繁に行う会社におすすめ。編集が比較的楽で、名刺の更新も簡単

不動産

101〜250人

社員の時間と手間を短縮してくれる

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

名刺スキャナー45000円、月額1700円 

利用期間 

2019年9月〜現在まで 

導入に至った決め手を教えてください。 

費用が安くスマホで見れる名刺管理ツールとして有名だったから。多くの営業マンの顧客や役所の情報を全員で共有できるので効率良く仕事ができる。紙ベースだと聞いたり探したりなくしてしまったりの無駄な時間と手間が発生しており、それをなくすために導入しました。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

スマホで見れるので営業マン同士で顧客情報を共有し合えるので今まで営業マンが出先だと事務員が机の中の名刺入れから名刺を探して誰かに伝えたり、名刺先に送付したりしていた作業がなくなったのでとても楽になりました。
 

不便だと感じた点を教えてください。 

読み込みの精度があまり良くありません。プラン内に高精度読み込み数だけではカバー出来ない程間違いが多いです。読み込みが間違っていると検索に出てこないという致命的な事になるので手が空いた事務員で直しています。 

他の会社にもおすすめしますか? 

オススメします。顧客情報の共有は何よりもの武器になると実感しています。また社員全体の時間と手間を短縮してくれます。プランも月額1700円(3ヶ月〜)からと安いので試しに使ってみる価値はあると思います。

IT

251〜500人

素早くデータ化が出来て検索も早い

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

初期費用は不明。月額費用は7万5500円。料金プランはPROFESSIONAL。 

利用期間 

2021年5月~2021年10月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

オンライン上でもスムーズに名刺の情報を共有して名刺交換ができるようになるところです。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

確認したい取り引き先の方の名刺の情報をスムーズに探し出せた点です。取り引き先で特に協力して仕事を進めていくこ方の情報を改めて確認しようと思った際に、スマホでツールを開いて検索して数秒で名刺を見つけられたので、ありがたかったです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

名刺のデータ修正を行う際に丸一日かかったことがあった点です。取り引き先の方が部署名を変更する前の名刺を使用していたため、後から聞いた部署名に名刺の情報を修正してもらうようにオペレーターの方に依頼しました。軽微な修正にも関わらず修正が翌日にならないと反映されず、不便さを感じました。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

Excelと連携して名刺の情報を数十枚でも正確に共有できたので、連携しやすかったです。 

他の会社にもおすすめしますか? 

大量の名刺の情報を10分以内にデータ化して、いつでも確認できるようになります。新しい取り引き先の方の名刺に関する情報を素早く確認しながら、仕事を効率的に進めたい会社におすすめです。

ゲーム

1001人以上

小規模な部署などでの利用をオススメ

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

月額6,000円 

利用期間 

2021年4月〜2021年10月現在も使用中 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

今までは、いちいち手作業で名刺情報を専用シートに入力していました。このツール導入後はスキャナーに名刺を入れるだけで専用ソフトに取り込まれるため、作業効率が上がりました。
 

不便だと感じた点を教えてください。 

専用シートに手打ち入力をするよりはましですが、スキャナーで読み込んだ際に起こる文字化けや、読み込み漏れなどがたまにあります。後々に人の手で校正が必要になってくるケースもあるため、読み込んだ名刺データ一式を定期的にエクスポートして、誤字脱字などを目視で確認する必要があるのは面倒です。 

他の会社にもおすすめしますか? 

使い方によると思う。校正が必要な場合があり、手直が手間なので、社内全体で大量に名刺情報を管理するというよりは、部署内など小規模な現場で使用するのがおすすめ。

サービス

2〜10人

スタートアップ企業などにお勧め

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

無料 

利用期間 

2020年4月〜現在 

導入に至った決め手を教えてください。 

私が入社する前に既に導入してあり、引き継ぐかたちで導入しました。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

カメラで認証すればすぐに登録出来る点は使いやすかったです。また、グループ分け出来るので、それぞれまとめやすく管理がしやすかったです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

カメラで認証するのはとても便利で楽だったが、文字認証が上手くいかない時は、結局入力しなければならないので、手間がかかりましたし、上手く認証されないことが多かったので不便と感じました。
                     

他の会社にもおすすめしますか? 

無料で利用できるので、そこまで名刺が多くないが電子で管理したい人や名刺管理にお金を使いたく無い企業は導入しても良いかと思います。 

スタートアップ企業などにおすすめしたいです。

メーカー

1001人以上

生産管理

名刺を持ち歩かなくて良いので便利

 あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか? 

生産管理 

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

無料

 

利用期間 

2020年1月〜2021年10月現在も利用中 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

写真を撮るだけで、ある程度文字を自動認識して、文字情報を自動登録してくれるのは嬉しいです。溜まっていた名刺を電子化するのが凄く楽で助かりました。また、出張先でも名刺が確認できるのも便利です。
 

不便だと感じた点を教えてください。 

写真を撮るだけで、ある程度文字を自動認識して、名刺情報を電子化してくれます。プロフィール項目を自動入力してくれるのですが、体裁がユニークな名刺や複雑な類似の文字があるものは、誤って文字を認識して登録されてしまいます。こうなると手修正が必要なので、結局時間がかかって不便です。 

他の会社にもおすすめしますか? 

大量の紙の名刺を持ち歩かなくてもスマホ一台で管理し、検索も容易に出来るので、かなりオススメだど思います。

サービス

51〜100人

営業

画像解析の精度があがると更に良い

あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか?

営業 

利用期間 

2017年ぐらい~2021年11月現在も利用しています 。

使いやすいと感じた点を教えてください。 

名刺情報を正確に読み取ることができ、且つメモも残せるのが便利です。相手の特徴を残すことでチームのメンバーにシェアもしやすくなりました。必要に応じて検索もかけられることなど、便利な部分は多いと思いました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

画像解析度はそんなに高くないというところです。名刺情報がボヤけてアップされたり、アップデートと同時に残る記録が不自然なところでスペースが入ったりするのは気になりました。不正確に記録されてしまったところは手入力で修正する必要が出てくるので、忙しい時には特に面倒です。 

他の会社にもおすすめしますか? 

名刺にある情報をチームのメンバーにシェアしやすくなるのが特徴なので、チームや複数人で仕事をするような立場にある人にオススメしたいです。

コンサルティング

501〜1000人

利用ユーザー/営業

全国規模の会社などにおススメ

 あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか? 

利用ユーザー/営業 

利用期間 

2017年5月~2021年10月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

全国に営業所があり、各営業が個人で名刺を持っており全く共有できていなかった。共有するのは転勤や退職時に引き継ぐくらいで、枚数も非常に多く管理ができていない状況なので、社長から新入社員まで全員で名刺共有するために導入された。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

名刺をカメラで撮影すると会社名から部署、名前、電話番号、メールアドレスなど自動で読み込んで登録してくれるので非常に楽。ちゃんと登録されていれば、全社員が交換した名刺を検索できるので、特に全国企業で転勤の多いお客様情報を事前に共有できるのは非常に有用であった。 

不便だと感じた点を教えてください。 

名刺の自動登録機能がうまく読み取られないことも多く苦労する。明らかな誤記は気づけるが、メールアドレスや電話番号が間違っていることは気づけないことが多く不便。登録する人の性格により、ちゃんと誤って読み取られている情報を訂正している人もいれば、めちゃくちゃな情報でそのまま登録している人も多い。
 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

iPhoneで登録から確認まで完結するので、非常に使用しやすい。 

他の会社にもおすすめしますか? 

営業職が多く、全国的に拠点を持たれている会社は、顧客情報管理・共有の点からおすすめできるソフト。個人で何十件も担当を持つ仕事であれば特に活用できると思う。名刺を紛失しやすい方にも良いと思うところ。

不動産

11〜30人

利用ユーザー/設備工

名刺の登録で情報共有も出来て便利

 あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか? 

利用ユーザー/設備工 

利用期間 

2020年5月~2021年8月 

導入に至った決め手を教えてください。 

仕事柄、多くの方と名刺のやり取りをするのでそれを一括に管理できるソフトを探していました。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

何と言っても名刺の写メを撮るだけで管理できるのが便利でした。 

過去にはそう言った類のツールは使用したことが無かったので画期的でした。 

不便だと感じた点を教えてください。 

写真撮影にて一括で管理できるのは良いのですが、まだまだ細かい部分で人工的に補正しなければならないのが不便と感じました。それと、このツールを使えば、オンラインにて名刺交換も可能なのですがまだまだそこに対応して頂ける企業様は少ないです。 

他の会社にもおすすめしますか? 

このツールはほかの企業様にもお勧めします。やはり、写真撮影で一括管理できるのは強みだと思います。名刺を登録すれば、社内の従業員とも情報を共有できるので便利だと思います。

メーカー

101〜250人

営業

枚数が多くなくシンプルな名刺管理としてなら良い

利用にかけた費用 

基本無料で使用できます。プレミアムアカウント月額480円ほど、年間5000円のプランもあります。 

利用期間 

2020年11月~2021年11月現在も利用中 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

昔使用していたアプリは名刺を登録してから、人脈支援機能がありました。今使用しているCAMCARDはシンプルに名刺管理に特化しており、使いやすいです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

プレミアムの会員にならないと名刺をスキャンできる枚数が決まっています。多くの名刺交換をする方はプレミアムの会員にならないと、仕事で実用的に使い続けるのは難しいのではないかなと感じました。ただ、名刺を管理したいという目的だけで月額480円も払っていくのは、当社の場合はちょっとかかりすぎかなと感じます。

NPO法人

11〜30人

総務

印刷後のチェック作業が大変

利用にかけた費用 

CamCard Businessのスタンダードプラン 7000円/月 

利用期間 

2011年8月〜2014年12月 

導入に至った決め手を教えてください。 

名刺交換枚数が多く、保管が大変で、出先で調べようがなかった。名刺をデータ化して外出先でも見れるようにしたかったため。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

調べる際にキーワードを入れると検索してくれること。調べると名刺自体のデータも出てくるため、名刺本体もチェックできて便利だった。また、役職等が変わればお知らせ欄等に表示され、確認のチェックボタンを押すと自動で役職等が変換されたのも便利だと感じた。 

不便だと感じた点を教えてください。 

・名刺のスキャンが全て綺麗にできるわけではないこと。量をいれすぎたりきちんとセッティングされていないと曲がってスキャンされてしまって二度手間でした。 

・名刺の入力データがすべて正しいとは限らないこと。役職や電話番号等が複数ある場合は、正しい部分に入力されていないこともありました。 

他の会社にもおすすめしますか? 

昔の話で、私が使っていた当時も使い方を知らなかっただけなのかもしれませんが、エクセル形式で吐き出して差し込み印刷で手紙等を出した際、役職等が違う部分に入力されていたことがりました。印刷後に一つ一つ間違いないかチェックするのはかなり大変だったことを考えると、あまりおすすめできないと思います。

メーカー

101〜250人

営業

検索機能が便利だが認識機能が少し甘い

利用にかけた費用 

費用はかかっていません。 

利用期間 

2021年4月〜2021年11月現在も使用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

上司や先輩の方々が使っていたので勧められて使うようになりました。 

名刺をたくさん持つので、全てを持ち歩くことはスペースも取るようになりますし、多くの中から探すのも困難ですので、スマホで管理できる点がとてもいいです。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

検索機能がとても役立ちます。数多くいるお客様の名前は覚えていても部署や役職まで覚えれなかったりします。 

メールを書く時や、訪問時の訪問先を書くとき、呼び出してもらう時などに名刺を確認します。 

その時に検索場所があり、名前を入力すると、事前に写真登録しているのですぐに確認することができるところがよかったです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

名刺に書いてある文字を正確に認識されない時があります。 

写真で撮影して、登録するときに、登録された企業名や名前が全く違う文字で認識され登録されていて自分でもどこの企業かわからない時がありました。 

またある時は、電話番号も名刺に書かれているものと違う番号で登録されており、お客様にかけた時に違う企業様に繋がってしまったこともありました。

まとめ

早い・正確・便利などの魅力を持ったCAMCARD BUSINESSは、多くの企業から期待されているITツールです。

また、CAMCARD BUSINESSには必要な機能が多く搭載されていますが、長いマニュアルを必読する必要がなく、導入後すぐにすんなりと使用でき、作業効率を向上させます。

さらに、CAMCARD BUSINESSは企業の作業効率を向上させるだけではなく、迅速な営業提案に繋がる効果的なアプローチを可能にします。

ちなみに、料金プランは各プランごとで価格が異なりますが、人力補正枚数の差のみで、その他の機能は全て共通です。なので、どれを選んでも満足して使用することができるかと思います。名刺情報の管理に困っている場合は、是非一度、CAMCARD BUSINESSを利用してみてはいかがでしょうか?

社内名刺管理ソフトを一覧で紹介!特におすすめな名刺管理ソフトを企業規模・ニーズに合わせて徹底比較・解説します。名刺管理ソフトの選び方は?導入するメリット・デメリットは?

画像出典元:「CAMCARD BUSINESS」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

名刺管理ソフトの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選する名刺管理ソフト
名刺管理ソフト
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ