CAMCARD BUSINESS

記事更新日: 2018/11/09

執筆: 編集部

運営コメント

スマートフォンで撮影してデータ化するため、外出先でもすぐにデータ化できるのが魅力的です。価格も他のサービスに比べてとても安いので導入しやすいでしょう!

1. 圧倒的なデータ化速度

名刺をスマホで撮影し、すぐにデータ化することができる

2. メールマガジン配信機能

名刺を登録した顧客に対して、一斉にメールを送付可能

3. スキャナ利用

名刺をまとめて読み取ることができ、情報を入力する手間が省ける

良い点

場所を問わず顧客の名刺情報を共有することが可能。手間をかけずに名刺情報をデータ内から簡単に探すことができます。

悪い点

名刺情報をスマホが誤認識した場合に、手作業で修正しなければいけないことが大きなデメリットになります。

費用対効果:

無料で使えるツールに比べれば費用対効果は劣りますが、プランによって高精度校正をすることもできます。

UIと操作性:

iPhoneで撮影してデータを取得する際に簡単かつ自動で取得してくれるため、誰でも使いやすいです。

デザイン:

スマホ対応なため、比較的にシンプルでわかりやすい見た目となっています。

サポート体制:

電話で対応していてサポートの質が高いです。

CAMCARD BUSINESS 3つの特徴

1. OCR機能で名刺情報を即データ化

CAMCARD BUSINESSの大きな特徴、それは名刺情報を即データ化できることです。即データ化を行うために、高精度なOCR(文字認識)機能を搭載しています

OCR機能とは、認識対象となる活字のイメージデータを文字認識してテキストデータに変換する機能です。このOCR機能を用いたときのデータ化の速度は約5秒です。またさらに、校正するときは最短5分で修正ができます。

このCAMCARD BUSINESは、とにかくスピードを求めたい企業や個人にとてもオススメなサービスだと言えるでしょう。


名刺情報をデータ化にするときの撮影方法

2. マルチデバイス対応

次に紹介するCAMCARD BUSINESSの特徴、それはマルチデバイス対応です。スマートフォンでの利用はもちろん、パソコンでも名刺情報が共有できます。また、社内の名刺情報を場所を問わずに情報共有できるため、社内の人脈を活用し、迅速な営業提案が可能になります。

マルチデバイスの機能は迅速な営業提案ができるだけではなく、名刺情報からの電話発信やメール送信、そして商談情報登録やタスクの登録機能なども搭載されています。

実際に導入された企業のコメントでは、「誰がいつ会ったのかという情報を確認することができるため、クライアントの要望に沿ってより効果的なタイミングでアプローチが可能になった」ということを述べていました。


名刺情報の共有画面

3. 外部サービスへ連携


複数のサービスと連携可能

CAMCARD BUSINESSの特徴3つ目は、外部サービスへ連携することにより作業を効率化できることです。外部サービスのSalesforce、DynamicsCRM、SugarCRM、Google Contact、Outlook等と連携することで面倒な情報入力を削減し、作業を効率化します。

例えばGoogle Contactと連携する場合、以下のメリットがあります。

・連絡先を連携するとき、自動登録ができ、入力する手間が削減。

・スマホでの着信時に発信者を判別することができるため、その場の状況で対応すべきか判断しやすくなる。

・Gmailの作成時、オートコンプリート機能(※)を利用し、メールアドレスの直打ち入力の手間がない。

・オートコンプリート機能を利用すると、名刺を交換したユーザとのファイル共有が簡単にできる。

※オートコンプリート機能:メールの作成時やファイル共有時にアドレスを入力する手間を削減する機能

Google Contactだけでも十分作業を効率化してくれますが、Google Contact以外の外部サービスも連携することでさらに作業の効率化を実現してくれるでしょう。

料金プラン


上の画像の通り、料金プランは3タイプあります。左から、スタンダード月額1,400円、プロフェッショナル月額2,200円、エンタープライズ月額500円となっています。

スタンダードプランは高精度校正(※)できる枚数が20枚で、プロフェッショナルプランは50枚校正することが可能です。どちらもデータ化の誤認識があったとしても、決められた枚数分を校正することができるというメリットがあります。

※オペレーターによる手動の校正

一方、エンタープライズプランは利用者が多ければ多いほどメリットになりますが、高精度校正できる枚数が0枚なので、校正したくてもできないということが大きなデメリットです。

また追加プランで企業ごとに100枚/3000円で発注することが可能。


約1/3の価格で高いコストパフォーマンス

CAMCARD BUSINESSの料金プランは、他の名刺管理ツールの料金プランとは違い、約1/3の価格で高いコストパフォーマンスを実現しています。

例えば、他社のサービスを利用している名刺管理ツールのプランと比較すると、5IDでそれぞれ毎月100枚の名刺を交換した場合、月額にかかるコストが約1/3、2年間で25万円超コスト削減が可能になります。(※1)

つまり、CAMCARD BUSINESSはどのプランでも他社サービスのプランよりも高いコストパフォーマンスで利用できます。だから、手軽に導入ができて継続できるのです。

※1 スタンダードプランの場合

評判・口コミ

名刺データの業務工数が軽減!
株式会社サカイ引越センター

従来、名刺情報の管理は、基本的に個々人に任されていました。今回のCAMCARD BUSINESSを導入したことで自社システムと連携できましたし、名刺データの入力がスマートフォンで名刺を撮影するだけになり、大幅に業務工数の軽減につながりました。

また、当社は「どこの企業とコンタクトがあるか」などを口頭で報告することが多かったのですが、デジタル化されたことでその必要がなくなり、リアルタイムに状況把握ができるようになりました。

いつでもどこでも名刺情報を見れる!
株式会社オールアバウト

どこにいてもスマホで名刺情報の閲覧ができ、そのまま架電やメール送信も可能で、メンバー間で名刺情報の共有が自動的になされるというのは、やはり便利ですよね。名刺を紛失する心配もありません。 登録した名刺枚数により行動の見える化も可能になりました。

 

まとめ

早い・正確・便利などの魅力を持ったCAMCARD BUSINESSは、多くの企業から期待されているITツールです。

また、CAMCARD BUSINESSには必要な機能が多く搭載されていますが、長いマニュアルを必読する必要がなく、導入後すぐにすんなりと使用でき、作業効率を向上させます。

さらに、CAMCARD BUSINESSは企業の作業効率を向上させるだけではなく、迅速な営業提案に繋がる効果的なアプローチを可能にします。

ちなみに、料金プランは各プランごとで価格が異なりますが、人力補正枚数の差のみで、その他の機能は全て共通です。なので、どれを選んでも満足して使用することができるかと思います。名刺情報の管理に困っている場合は、是非一度、CAMCARD BUSINESSを利用してみてはいかがでしょうか?

画像出典元:「CAMCARD BUSINESS」公式HP

その他の【名刺管理ソフト】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ