SmartVisca

記事更新日: 2018/11/08

執筆: 編集部

運営コメント

CRMの鉄板ツールSalesforce 専用のクラウド型名刺管理サービスです。Salesforce 専用に特化しているからこそ情報を顧客管理・マーケティングにフル活用することができます。すでに Salesforce を導入している会社では導入を検討すべきです。

1. 名刺情報入力の簡略化

スマートフォンのカメラ機能を使い簡単に名刺情報を取り込める

2. 取り込んだ情報の最適活用

情報を安心かつ正確に保存することができる。さらに、新たな顧客を見つけることに役立つ上に人脈づくりにも役立つ

3. Salesforce との連携

CRMの鉄板ツールである Salesforce と連携することで、データを顧客管理に活かすことが可能

良い点

Salesforce に特化しているため、カスタマイズが容易。蓄えられた名刺のデータを営業やマーケティングで活用することもできます。

悪い点

機能が多いことはとても良い事なのですが、逆に機能が多すぎてすべてを上手く使いこなせないという声もあります。

費用対効果:

無料で使える名刺管理アプリに比べれば費用対効果が劣りますが、企業向けの機能も充実しています。

UIと操作性:

スキャナーやスマートフォンのカメラ機能で名刺の情報を取り込め、手軽です。

知名度:

Salesforce と同じ会社が提供しています。

SmartVisca の3つの特徴

1. スキャナー、カメラで簡単取り込み

SmartViscaではスキャナーで名刺を取り込むことができます。もし、スキャナーがない場合でもスマートフォンのカメラ機能で名刺の情報を取り込むことができます。外出先でもスマホから名刺を読み取ることができるので便利です。

スマートフォンでの取り込みは、専用アプリを使って行います。もちろん無償です。

取り込まれた名刺の情報は、独自に開発されている文字認識機能により認識され、項目ごとに分類されます。さらに、そこからオペレーターにより確認・修正され、整った情報へと整理されます。

SmartViscaのサービス内容

2. 顧客管理や顧客獲得に大きく貢献

取り込まれた情報から Saleforceに登録されている顧客情報が自動で更新されます。常に最新の情報をもとに販促活動を行うことができます。また、取引先との関係はレポートで確認できます。レポートでは担当者ごとの名刺交換の実績や、取引先との親密度などを確認できます。

また情報の検索も非常にシンプルで、使いやすい点も支持されている理由です。

営業活動をグラフ化し、効率よい営業体制を作る

3. モバイルアプリで閲覧できる

Salesforceモバイルアプリがあれば、いつでもどこでもモバイルアプリから検索し閲覧することができます。

営業に回る際にはあらかじめルートを決めて出ることでしょうが、急遽、訪問先が変わり、顧客情報が必要な場合があります。そんな時にSalesforceモバイルアプリが活躍することでしょう。また、検索結果で出てきた電話番号やメールアドレスからそのまま連絡することも可能です。

名刺情報表示画面

また、同じ名刺情報が取り込まれた場合はどうなるのかとの疑問もあることでしょうが、その場合、チャットで通知が来るように設定ができます。

ほかにも、営業で回っていると取引先が重なってしまうこともありますが、そのような時も社内で同じ名刺を持っている人を検索できますし、取引先とコンタクトをとっている人がいるかどうかも検索できます。タグをつけてグループとして管理もできますので、イベントや、つながりのある取引先を一目で直感的に知ることができます。

料金プラン

料金プランは初期費用は一律50,000円で、年間利用料は名刺の可能取込枚数が増えるにしたがって高くなります。「Standard」は5名以下、「Professional」は20名程度で、それ以上のメンバーと使用したい場合は「Enterprise」がオススメです。

ただし、取り込んだ情報は全てSalesforceで管理するので、Salesforceのライセンスが必要となるので注意してください。

評判・口コミ

 

SmartViscaなら全ての名刺について、詳細で正確な情報が登録される。これができて始めて、マーケティングや営業活動で正しい顧客情報の扱いが可能になりました。

 

外出時にもすぐに名刺情報にアクセスでき顧客とのコンタクト履歴をたどれるのは便利です。

 

まとめ

せっかく取引先から連絡があった時に、会社に戻って名刺を探すとか、名刺をいただいたはずなのに顔も特徴も忘れてしまって、せっかくのチャンスを棒に振ったような経験はあるのではないでしょうか。

また、営業周りが他の人と重なってしまい、「さっきも別の人が来たよ」との言葉も取引先に不快な思いをさせてしまいます。そのような時に頼りになるのが SmartViscaです。

Salesforce 専用の名刺管理サービスとして特化しているからこそ、情報を顧客管理・マーケティングにフル活用することができます。すでに Salesforce を導入している会社ではまず導入を検討すべきです!

画像出典元:「SmartVisca」公式HP

その他の【名刺管理ソフト】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ