myBridge

3.7

記事更新日: 2021/08/06

執筆: 編集部

編集部コメント

myBridgeはLINE社が提供している名刺管理ツールです。今までの名刺管理ツールは連絡先を同期したり、知らぬ間に相手と繋がっていることがありましたが、myBridgeは名刺管理に特化したツールなので無駄な機能が少なく、とてもシンプルな名刺管理ツールです。

GoogleマップやLINE通話との連携、Excel形式でのダウンロードなど、ビジネスパーソンに本当に役立つツールとして、ユーザーインタビューでも大好評。ただし100件を超えると検索が重くなる、という口コミが複数あったので注意が必要です。

 

名刺管理ソフトを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

名刺管理ソフトツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

1. 名刺を撮影しすぐさまデータ化

撮影した名刺画像を文字認識技術とオペレーターの手入力作業によってデータ化

3. 簡単検索機能

名前をはじめ、社名や部署名、さらに役職など様々なキーワードで名刺を検索することができる

3. 名刺をLINEで簡単共有

登録した名刺をLINEのトークやメールを使って簡単に共有することが可能

良い点

myBridgeを利用すると、名刺をスマホ一台で管理することができるので、必要な時に一枚一枚探す必要がなくなります。

悪い点

myBridge は2018年5月のリリースということで比較的新しいアプリになるため、不具合が生じるケースも多々あります。

費用対効果:

myBridgeは用意されているすべての機能が無料で使えるので費用対効果は高いです。

UIと操作性:

保存したい名刺をスマートフォンのカメラで撮影するだけなので、難しい操作等一切なくだれでも簡単に使えます。

将来性:

2018年5月にリリースされたばかりですが、リリース元がLINEということもあり、将来性は十分期待できるでしょう。

社外連携:

LINEのトークなどで名刺を共有することができる他、別の名刺管理サービスからmyBridgeに移行することも可能です。

サポート体制:

myBridgeでは、専用のサポート窓口はございません。そのため、通常のお問い合わせフォームからの対応となります。

myBridgeの3つの特徴

1. 名刺を撮るだけで登録完了

myBridgeの最大の特徴は、名刺をスマートフォンのカメラで撮影するだけで簡単に登録することができるところでしょう。

名刺をスマホで撮影

名刺をスマホで撮影しデータ化

このようにmyBridgeでは、もらった名刺をスマートフォンのカメラで撮影するだけで、素早くデータ化し、次々と登録していくことができます。もちろん登録していく際、自分で情報を入力していくなどといった面倒な作業は一切ありません。ただ名刺をスマホのカメラで撮影するだけで良いのです。

ただここで疑問に思うのが、「文字などはどのように識別するのか?」ということ。カメラで撮影した場合、当然画像として認識されるので文字は判別できないはず。

ですが、驚くことにmyBridgeは特殊な文字認識技術+オペレーターの手入力作業によってデータ化されているのです。文字認識技術というのは今の時代想像つきやすいですが、人が手作業で入力しているとは驚きです。

このように、最先端のIT技術と人力を駆使しているのが、myBridgeという名刺管理アプリなのです。

2. 簡単検索&名刺共有

myBridgeの特徴として次に挙げられるのが、登録した名刺をいつでも簡単に検索でき、さらにLINEのトークを使って名刺を共有することができるということです。

楽々検索&簡単共有

1日に入力できる名刺の枚数などの上限はなく、好きなだけ登録することができる「myBridge」。しかし、ガンガン登録することが出来てもその後探すのに苦労しては全く意味がありません。

myBridgeでは、名前や会社名、さらに部署や役職など、様々なキーワードで検索することができるので、すぐ必要になった場合でも一瞬で探し出すことができるので非常に便利です。

また、登録した名刺をLINEのトーク上やメールなどで共有することもできるので、社内やグループ間などで名刺の共有が必要となった場合などにも役立ちます。LINEトークを使って名刺を共有することができるあたりはLINEならでは、といったところでしょう。

※LINEトークで名刺を共有する際は、テキストのみとなっています。

3. myBridgeを運営する、運営会社の評判

LINE株式会社

名刺管理がすべて無料でできるアプリmyBridgeを運営しているは、ほとんどの人が知っているであろう有名な企業「LINE株式会社」です。LINEは、24時間いつでもどこでも好きなだけトークや通話が楽しめるモバイルメッセンジャーで、今や若者を中心に国内だけでも7,500万人を超えるユーザーが存在しています。

LINEが2017年に6月に発表した事業戦略の1つに「Connected」という目的があります。この目的は、コミュニケーションツールとしての利便性向上や、人々の生活を豊かにするための実装コンセプトです。

そのため今までのLINEは、プライベートネットワークのみを対象にサービスを展開していました。しかし現在のLINEは、ビジネスネットワークに手を広げて、LINE WORKSや myBridgeといったサービスを展開しています。

LINEはプライベートツール市場だけではなく、ビジネスツール市場に本格的に参入してきているので、myBridgeを含め今後のビジネスツールにはLINEの本気度を伺うことができます。

myBridgeの料金プラン


myBridgeの料金プラン

myBridgeは全て無料で使用できます。

また、一日に登録できる名刺の枚数や入力事項などの上限も特に決められていないので、好きなだけ無料で登録することができます。

myBridge実際の使い方

myBridgeの使い方はいたってシンプル。保存までもスムーズに完了します。

1. 名刺を撮影



2. 撮影後の修正

名刺を撮影した後は修正できるポイントが4つあります。

① 光の調整
② 写真を90度回転
③ トリミング
④ 名刺の裏面を撮影

この4ポイントで名刺をミスなく保存することができます。

3. 撮影した名刺を登録

撮影した名刺は複数枚同時に登録することができたり、グループ分けすることが可能です。



4. わずか1分で登録完了

後は入力されるのを待つだけですが、たった1分で登録が完了するためスピーディです。





便利な機能

1. 電話着信時に名前を表示できる

マイブリッジでは名刺を保存した相手から電話がかかってきた際に、保存した相手の情報を表示できる機能がついています。

この機能を使うことで、電話番号をわざわざ別のアプリに登録する必要がなくなります。

1. 画面右上のメニューをクリック

 



2. 「電話着信時に名刺情報を表示」をクリック



3. 「発信者情報を表示」をONにする

この3ステップで電話番号を表示することができます。

2. 他の名刺サービスからインポートが可能

マイブリッジでは過去に使っていた他ツールの名刺管理ソフトや、Google連絡帳・Outlookからデータをインポートすることができます。

この機能を使うことでデータの引き継ぎがとても楽になります。

1. 画面右上の設定→他のサービスから名刺をインポート



2. 名刺情報を6つのサービスから引き継ぐことができます


(Camcard、Eight、Sansan、Wantedly People、Googleの連絡帳、Outlookの6つから選ぶことができます)

myBridge - 名刺管理アプリ by LINE
myBridge - 名刺管理アプリ by LINE
開発元:LINE Corporation
無料

【新機能!】共有名刺帳で名刺をシェア!

12/11からmyBridgeに新機能の「共有名刺帳」機能が追加されました。

共有名刺帳ではこれまで各自が管理していた名刺を、社内で共有・一括管理することが可能になり、社内の営業データベースを構築することができます。

共有名刺帳の特長は以下の4つです。

1

メンバー・名刺枚数の上限がない

共有できるメンバーの人数、名刺枚数に上限がないため、ストレスなく社内でも導入することができます。

2

営業履歴管理

myBridgeの共有名刺帳では、名刺ごとに打ち合わせ内容や相手の特徴などをメモし、メンバー間で共有できます。また、名刺登録日と名刺の登録者が確認できるため、いつ、だれが、だれと会ったかなどの情報が確認でき、営業に活かすことができます。

3

検索・データダウンロード機能

1度共有された名刺は、社内外でいつでもどこでも簡単に検索することができます。必要とあればExcelファイルにエクスポートすることも可能です。

4

安心な情報管理

ファイルのエクスポート・個人名刺帳に保存・端末の連絡先に保存・名刺をシェアの権限設定ができ、安全安心に管理することができます。

実際の使い方を説明

・登録からメンバー招待まで

① myBridgeを開いて「無料ではじめる」をクリック

② 名刺帳の名前を入力(今回は「テスト」で作成しました)

③ ユーザー名(自分の名前)を入力

④ 参加して欲しいメンバーを、メール/LINE/メッセージ/リンクの共有いずれかで招待します

以上の手順でグループを作成して、メンバーを登録することができます!

次は名刺の共有方法やインポート方法などをご紹介していきます。

名刺の共有方法

A.  個人名刺をインポートする

① 自分の登録している名刺をインポート

② インポートしたい名刺を追加

③ メモの有無を選択

④ 追加後登録されます

B.撮影した名刺を直接共有

以上が名刺を登録する方法になります。

使ってみた感想としては、シンプルで使いやすく、これが無料で使えるのはとてもコスパが高いと思いました。

名刺は自分だけで管理していても社内の価値には反映されづらいです。今回リリースされたmyBridgeの「名刺共有帳」を使うことで、今まで自分のみで管理していた名刺を、社内資産として活用することが期待できます!

myBridgeの評判・口コミ

IT

251〜500人

登録人数が増えると名刺を検索するまでに時間がかかる

利用にかけた費用

初期費用・月額費用ともに無料

使いやすいと感じた点を教えてください。

LINEで写真を撮影するだけでデータとして名刺を登録できることです。

myBridgeを使い始める以前に紙で頂いた名刺も、スマホのカメラで撮影するだけで簡単にデータ化できるので、今まで取引があった会社すべてが管理できて嬉しいです。

不便だと感じた点を教えてください。

登録する人数が増えてくると、名刺を検索するまでに時間がかかることです。

以前仕事をした方と再び別の仕事で一緒になった際に、役職や部署を事前に確認しようと名刺を検索しました。その際に登録人数が100人近くになっていたためか、なかなかその方の名刺が表示されず、仕事の手が止まってしまって困りました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Excelと連携して、名刺の情報を数分でに反映させて書類で残せるので、連携しやすかったです。

他の会社にもおすすめしますか?

基本的な機能に問題はないのですが、膨大な人数を登録したい会社や、検索にスピード感を求める人は、もっと他のツールを検討してもいいかもしれません。

通信

51〜100人

LINEを使って管理できる

使いやすいと感じた点を教えてください。

オンラインでの名刺のやり取りや管理を、個人でも簡単に確実にできる点が良いと思います。LINEを使って管理できるので、抵抗がなく使いやすいです。

不便だと感じた点を教えてください。

データ管理できて営業先の関係者も把握しやすくなったので、特に不便はありません。強いて言えば、名刺の検索がもっとスムーズにできるともっと嬉しいです。

他の会社にもおすすめしますか?

写真をもとに名刺に記載されている膨大な情報をデータとして保管できるので、多くの取引先を抱えていて名刺の管理が難しい会社におすすめです。新規で取引先を開拓するために名刺管理を徹底したい会社にも便利だと思います。

メーカー

251〜500人

名刺交換日の表示で初めて会った日もわかる

使いやすいと感じた点を教えてください。

担当の引継ぎ等で「〇〇さんに連絡して」と言われれば、myBridgeで検索するとメールアドレスや電話番号がすぐにでてきます。携帯自体に登録していなかった電話番号から着信があっても、myBridgeにさえ登録していれば照合して名刺情報を表示してくれるので、誰から電話が来たかがすぐにわかります。

不便だと感じた点を教えてください。

基本的には文字の認識をしっかりしてくれるので、不便だと感じることはありません。ただ、たまに名刺のデザインや映り込む他の文字などを誤って認識してしまうことがあるので、そういったときの撮影し直しはやむを得ないものとと受け入れています。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Google mapと連携していて、住所を読み取ると登録画面にGoogle mapが出てきます。方向音痴にはありがたい機能です。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめしたいです。特に営業活動を活発に行っている会社には大変便利だと思います。名刺交換日も出るので、初めて会った日も記録できます。

商社

501〜1000人

日常的に沢山の人と会う人、忙しくて管理が面倒な人におすすめ

使いやすいと感じた点を教えてください。

今までは紙の名刺を持ち歩いたり整理したりなどして管理していましたが、勤務年数が長い人ほど名刺を探すのに非常に手間がかかっていました。myBridge導入後は、持ち歩いているスマホに情報を素早く入力できて、社内全体で共有できたので助かっています。

不便だと感じた点を教えてください。

写真で撮って読み取る形式なので、撮影時に周りに文字があると違うところを読み込んだり、ロゴが四角で囲まれていたりなどしてしまいます。ロゴデザインのフチを名刺の縁と読み込んでしまうこともあり、何度か撮り直さないといけない場合もあるのはちょっと困ります。

他の会社にもおすすめしますか?

日常的に沢山の人と会う人、忙しくて管理が面倒な人には嬉しいツールだと思います。荷物がかさばることもありませんし、知りたいときにすぐ調べられる点でもおすすめです。

外食

251〜500人

大量の名刺をフォルダ管理できる

使いやすいと感じた点を教えてください。

忙しい社長の名刺も管理しています。写真を撮影するだけで済むので、不定期に大量に渡されても対応できます。フォルダ管理ができるので、自分の名刺と社長の名刺を別に管理できて便利です。

不便だと感じた点を教えてください。

特にありません。過去はエクセルに名刺データを打ち込んで管理していたので、今の方が圧倒的に時間を短縮できて作業負担が減っています。強いて言えば、もっと時間短縮したいので、「登録しました」とわざわざ表示されるのは鬱陶しいです。

他の会社にもおすすめしますか?

飲食店などのように、店舗と本部があるサービス業などにはいいと思います。店舗が名刺データを写真で保存し、本部で情報を吸い上げると効率的に管理できるでしょう。逆に企業の営業だといちいち写真を撮る手間があるので、管理する分量を考えるとスキャナータイプのほうが時間短縮になるかもしれません。

物流

1001人以上

個々で管理していた名刺を社内全体に共有できるシステムを無料で扱える

利用にかけた費用

無料

使いやすいと感じた点を教えてください。

一番の決め手となったのが、名刺管理しているデータを無料で扱えることがでした。データ出力ができる点が便利です。営業所内で共有できる仕組みとして有効活用できました。

不便だと感じた点を教えてください。

システム上の問題だと思われますが、名刺の登録件数が増えていくと、検索しても直ぐに表示されず結構な時間がかかります。また、名刺に印字された文字と異なる文字に誤変換されていることもあります。名前を誤ってしまい、メールでお詫びをするという手間が発生してしまいました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

外部連携は特にせず、名刺管理ソフト単体を利用していました。

他の会社にもおすすめしますか?

個々で管理していた名刺を社内全体に共有できるシステムを無料で扱えるので、おすすめできると思います。名刺データをexcelなどに出力できるので、導入していない社員も情報を共有できるでしょう。

マスコミ

31〜50人

小規模でシンプルに名刺管理ができれば良いという会社にはおすすめ

使いやすいと感じた点を教えてください。

名刺管理とGoogle連絡先への同期ができるので、これに決めました。

  • 複数名刺撮影のインターフェースがわかりやすい
  • 過去の名刺を一気に撮影できる

などです。

最初の新規登録の際スムーズに撮影できたので、思った以上に早くサービスの利用を開始できたと感じてます。

不便だと感じた点を教えてください。

Google連絡先への同期の際に、企業名・役職などを名刺から読み取ってGoogle連絡先に追加できて、その内容も選択できるオプションがあります。このとき、連絡先の姓名欄に二重に記載されて、うまく機能していない場合があります。同期が目的で導入したこともあり、ここはできれば改善してほしいと思いました。

他の会社にもおすすめしますか?

小規模でシンプルに名刺管理ができれば良いという会社には向いていると思います。専門家広場などのSNS機能がリスクになることが心配な会社は、このツールでなくてもいいと思います。

不動産

11〜30人

無料なので使い方次第

利用にかけた費用

なし

使いやすいと感じた点を教えてください。

各社員でどの名刺アプリが良いか調査試験でわたくしはライン系列のmyBridgeを推奨し実験しました。

  • 名刺を撮影するだけで住所、氏名、名前を読み取って入力してくれます。
  • Googleップがアプリから見られるので、相手の場所がすぐわかります。
  • 相手がmyBridgeに登録していると、LINEに通話できます。
  • Excel形式、CSV形式、vCard形式の3種類でエキスポート可能です。

不便だと感じた点を教えてください。

かかってきた電話で名刺が表示されると聞いていますが、表示されないことが何度かありました。そのときは、入力された連絡先を一度エクセル形式でエキスポートして再度Google連絡先にインポートしなければなりません。これがかなり手間でした。

アイフォンとアンドロイドとでは、連絡先の保存方法が違うため、これも面倒な部分がありました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Google連絡先との連携がうまくいかない場合がありました。(エキスポートしたファイルがうまく入力されていない)

他の会社にもおすすめしますか?

無料なので、使い方次第だと思います。単に名刺を保管する目的であれば、自動で入力してくれるので便利だと思います。

相手から電話がかかってきた際に電話番号しか表示されない場合があるので、全てアプリに任せきれるとは言えません。エキスポートや電話帳へのインポートが面倒な方には向かないと思います。 

メーカー

31〜50人

登録の時間削減になる

利用にかけた費用

0円

使いやすいと感じた点を教えてください。

カテゴリーごとに登録した名刺の共有ができるところです。部署内でスピーディに共有できたので助かりました。電話帳にも自動的に連絡先を落とし込んでくれるので、非常に使いやすかったです。

不便だと感じた点を教えてください。

写真でスキャンするときに、背景が黒などのはっきりした色でないとうまく読み込めず、画像上で余白ができてしまうことです。また、会社ごとに自動的に振り分けされてしまうので、探したい人の会社の名前がすぐに思い出せない場合は、探すのに手間取りました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

電話帳との連携は良いです。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。一回一回手打ちで連絡先を登録する必要がないので、登録の時間削減になります。電話番号など入力ミスがなくなるので、今まで手入力していた会社には使い勝手がいいと思います。

コンサルティング

51〜100人

他のツールから乗り換えるまでもない

使いやすいと感じた点を教えてください。

自身の交換履歴がわかり、情報共有もしやすくて便利でした。使い方を誰かに聞かなくてもわかるのも良い点だと思います。ただ、この程度の機能なら、他のツールでも備わっているとは思います。

不便だと感じた点を教えてください。

スキャンする際にうまく行かず、時間がかかることが結構ありました。名刺登録の都度に時間がかかっていたので、業務効率化になる効果はいうほど期待できないと感じました。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめしません。便利な点はありますが、不便な点を不を含めて過去に使っていたsansanとあまり変わりません。既に他のツールを使っているのであれば、乗り換えてまで使う意味はないと感じました。

メーカー

11〜30人

短時間で名刺と顧客の管理ができて便利

初期費用・月額費用・料金プラン名等

無料 

利用期間 

2021年4月〜2021年8月現在も使用中 

使いやすいと感じた点を教えてください。

スキャンするだけで、短時間で名刺と顧客の管理ができるのがすごいと思った。 

・電話のボタンを押すと直接電話をかけられるのも助かる。 

・住所を押すと地図も出てきて便利だと思った。 

不便だと感じた点を教えてください。

・入力中の画面が長いので、読み込みが遅いと思った。 

・検索したいときも少しの時間待てばできるが、出てこないこともあって戸惑う。 

・たまに入力の間違えがある(ただ、気づいたらその都度直していくというペースで仕事に支障はないので、許容範囲内ではある)。 

外部連携はしやすいと感じましたか?

LINEに共有できるのが良い。 

他の会社にもおすすめしますか?

簡単な作業なのでおすすめする。ただし個人情報が多く取り込まれるので、大人数の会社では個人情報の管理を徹底する必要があると感じた。

その他

51〜100人

業者対応が多い営業職などにおススメ

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

無料アプリのため費用なし

利用期間 

2021年4月〜2021年9月も使用中

導入に至った決め手を教えてください。 

無料アプリのため費用がかからない。貰った名刺をわざわざ出す必要がない。

使いやすいと感じた点を教えてください。 

事務職のため様々な業者に対応接することが多いが、その都度名刺入れからいちいち探し出す必要がなく、LINEとの連携もしているため、継続して繋がりがあるときは便利。

不便だと感じた点を教えてください。 

名刺交換して継続的に繋がりを持つような相手ならLINE情報が知られても良いが、単発の相手など継続しての繋がりがない相手とのLINE情報が知られてしまうのはあまり良い気はしない。名刺交換の都度、名刺の写真を撮らないといけないため、忘れたり後回しにしたりすると後の処理が大変。

外部連携はしやすいと感じましたか? 

LINEとの連携はメリット、デメリットがあると感じた。

他の会社にもおすすめしますか? 

おすすめする。特に業者対応が多くて外出したりする時間が長い職務(営業職)が多い会社などは、スマホさえあればすぐに名刺管理ができるから便利。

IT

11〜30人

中小規模の会社におススメ

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

無料でした 

利用期間 

2021年1月~2021年8月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

決め手は写真撮影のみでデータ化できるところです。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

写真撮影で管理できるツールWantedly Peopleを使ったことがありましたが、誤字脱字が気になり使用をやめました。増えた名刺をデータ化し、かつリスト化し、次の営業活動で使いやすくなるのは便利だと思いました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

100%完璧な読み取りとはいかず、やはり多少の誤字はありました。Wantedly Peopleよりは誤字脱字が少ないですが、多少の修正は必要です。同じ名刺があった場合は弾くことなどはなく、全て登録されてしまうのは残念です。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

Excel形式で吐き出し、DMやメーリングリストとして使用しました。データが細かく項目分けされているので、使用しやすかったです。 

他の会社にもおすすめしますか? 

大手会社での使い勝手は分かりませんが、中小規模であれば便利に不都合なく使えると思うのでおすすめします。無料なのでできることが限られていますが、データ化し管理するうえでは十分なソフトです。

まとめ

今回はLINEが提供する名刺管理ツールmyBridgeの特徴や料金プランなどについてご紹介してきました。

ここで紹介してきたとおり、myBridgeは名刺管理ツールとして優れた機能を持ちながらも、すべて無料で使うことができるというところが何よりの魅力です。

また、myBridgeは無料でありながらも、メールアドレスや電話番号など、個人の特定に繋がる情報をはじめ、データ通信をすべて暗号化しているためセキュリティ面でも比較的安心です。

名刺交換はビジネスシーンにおいて、昔も今も変わらず重要であると考えます。ぜひmyBridgeでスマートかつ効率的な名刺管理をしてみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「myBridge」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

名刺管理ソフトの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選する名刺管理ソフト
名刺管理ソフト
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ