myBridge

記事更新日: 2018/12/14

執筆: 編集部

運営コメント

myBridgeはLINE社が提供している名刺管理ツールです。今までの名刺管理ツールは連絡先を同期したり、知らぬ間に相手と繋がっていることがありましたが、myBridgeは名刺管理に特化したツールなので無駄な機能が少なく、とてもシンプルなツールです。

1. 名刺を撮影しすぐさまデータ化

撮影した名刺画像を文字認識技術とオペレーターの手入力作業によってデータ化

3. 簡単検索機能

名前をはじめ、社名や部署名、さらに役職など様々なキーワードで名刺を検索することができる

3. 名刺をLINEで簡単共有

登録した名刺をLINEのトークやメールを使って簡単に共有することが可能

良い点

myBridgeを利用すると、名刺をスマホ一台で管理することができるので、必要な時に一枚一枚探す必要がなくなります。

悪い点

myBridge は2018年5月のリリースということで比較的新しいアプリになるため、不具合が生じるケースも多々あります。

費用対効果:

myBridgeは用意されているすべての機能が無料で使えるので費用対効果は高いです。

UIと操作性:

保存したい名刺をスマートフォンのカメラで撮影するだけなので、難しい操作等一切なくだれでも簡単に使えます。

将来性:

2018年5月にリリースされたばかりですが、リリース元がLINEということもあり、将来性は十分期待できるでしょう。

社外連携:

LINEのトークなどで名刺を共有することができる他、別の名刺管理サービスからmyBridgeに移行することも可能です。

サポート体制:

myBridgeでは、専用のサポート窓口はございません。そのため、通常のお問い合わせフォームからの対応となります。

myBridgeの3つの特徴

1. 名刺を撮るだけで登録完了

myBridgeの最大の特徴は、名刺をスマートフォンのカメラで撮影するだけで簡単に登録することができるところでしょう。

名刺をスマホで撮影

名刺をスマホで撮影しデータ化

このようにmyBridgeでは、もらった名刺をスマートフォンのカメラで撮影するだけで、素早くデータ化し、次々と登録していくことができます。もちろん登録していく際、自分で情報を入力していくなどといった面倒な作業は一切ありません。ただ名刺をスマホのカメラで撮影するだけで良いのです。

ただここで疑問に思うのが、「文字などはどのように識別するのか?」ということ。カメラで撮影した場合、当然画像として認識されるので文字は判別できないはず。

ですが、驚くことにmyBridgeは特殊な文字認識技術+オペレーターの手入力作業によってデータ化されているのです。文字認識技術というのは今の時代想像つきやすいですが、人が手作業で入力しているとは驚きです。

このように、最先端のIT技術と人力を駆使しているのが、myBridgeという名刺管理アプリなのです。

2. 簡単検索&名刺共有

myBridgeの特徴として次に挙げられるのが、登録した名刺をいつでも簡単に検索でき、さらにLINEのトークを使って名刺を共有することができるということです。

楽々検索&簡単共有

1日に入力できる名刺の枚数などの上限はなく、好きなだけ登録することができる「myBridge」。しかし、ガンガン登録することが出来てもその後探すのに苦労しては全く意味がありません。

myBridgeでは、名前や会社名、さらに部署や役職など、様々なキーワードで検索することができるので、すぐ必要になった場合でも一瞬で探し出すことができるので非常に便利です。

また、登録した名刺をLINEのトーク上やメールなどで共有することもできるので、社内やグループ間などで名刺の共有が必要となった場合などにも役立ちます。LINEトークを使って名刺を共有することができるあたりはLINEならでは、といったところでしょう。

※LINEトークで名刺を共有する際は、テキストのみとなっています。

3. myBridgeを運営する、運営会社の評判

LINE株式会社

名刺管理がすべて無料でできるアプリmyBridgeを運営しているは、ほとんどの人が知っているであろう有名な企業「LINE株式会社」です。LINEは、24時間いつでもどこでも好きなだけトークや通話が楽しめるモバイルメッセンジャーで、今や若者を中心に国内だけでも7,500万人を超えるユーザーが存在しています。

LINEが2017年に6月に発表した事業戦略の1つに「Connected」という目的があります。この目的は、コミュニケーションツールとしての利便性向上や、人々の生活を豊かにするための実装コンセプトです。

そのため今までのLINEは、プライベートネットワークのみを対象にサービスを展開していました。しかし現在のLINEは、ビジネスネットワークに手を広げて、LINE WORKSや myBridgeといったサービスを展開しています。

LINEはプライベートツール市場だけではなく、ビジネスツール市場に本格的に参入してきているので、myBridgeを含め今後のビジネスツールにはLINEの本気度を伺うことができます。

料金プラン


myBridgeの料金プラン

myBridgeは全て無料で使用できます。

また、一日に登録できる名刺の枚数や入力事項などの上限も特に決められていないので、好きなだけ無料で登録することができます。

myBridge - 名刺管理アプリ by LINE
myBridge - 名刺管理アプリ by LINE
開発元:LINE Corporation
無料
 

myBridge実際の使い方

myBridgeの使い方はいたってシンプル。保存までもスムーズに完了します。

1. 名刺を撮影



2. 撮影後の修正

名刺を撮影した後は修正できるポイントが4つあります。

① 光の調整
② 写真を90度回転
③ トリミング
④ 名刺の裏面を撮影

この4ポイントで名刺をミスなく保存することができます。

3. 撮影した名刺を登録

撮影した名刺は複数枚同時に登録することができたり、グループ分けすることが可能です。



4. わずか1分で登録完了

後は入力されるのを待つだけですが、たった1分で登録が完了するためスピーディです。





便利な機能

1. 電話着信時に名前を表示できる

マイブリッジでは名刺を保存した相手から電話がかかってきた際に、保存した相手の情報を表示できる機能がついています。

この機能を使うことで、電話番号をわざわざ別のアプリに登録する必要がなくなります。

1. 画面右上のメニューをクリック

 



2. 「電話着信時に名刺情報を表示」をクリック



3. 「発信者情報を表示」をONにする

この3ステップで電話番号を表示することができます。

2. 他の名刺サービスからインポートが可能

マイブリッジでは過去に使っていた他ツールの名刺管理ソフトや、Google連絡帳・Outlookからデータをインポートすることができます。

この機能を使うことでデータの引き継ぎがとても楽になります。

1. 画面右上の設定→他のサービスから名刺をインポート



2. 名刺情報を6つのサービスから引き継ぐことができます


(Camcard、Eight、Sansan、Wantedly People、Googleの連絡帳、Outlookの6つから選ぶことができます)

myBridge - 名刺管理アプリ by LINE
myBridge - 名刺管理アプリ by LINE
開発元:LINE Corporation
無料

【新機能!】共有名刺帳で名刺をシェア!

12/11からmyBridgeに新機能の「共有名刺帳」機能が追加されました。

共有名刺帳ではこれまで各自が管理していた名刺を、社内で共有・一括管理することが可能になり、社内の営業データベースを構築することができます。

共有名刺帳の特長は以下の4つです。

1

メンバー・名刺枚数の上限がない

共有できるメンバーの人数、名刺枚数に上限がないため、ストレスなく社内でも導入することができます。

2

営業履歴管理

myBridgeの共有名刺帳では、名刺ごとに打ち合わせ内容や相手の特徴などをメモし、メンバー間で共有できます。また、名刺登録日と名刺の登録者が確認できるため、いつ、だれが、だれと会ったかなどの情報が確認でき、営業に活かすことができます。

3

検索・データダウンロード機能

1度共有された名刺は、社内外でいつでもどこでも簡単に検索することができます。必要とあればExcelファイルにエクスポートすることも可能です。

4

安心な情報管理

ファイルのエクスポート・個人名刺帳に保存・端末の連絡先に保存・名刺をシェアの権限設定ができ、安全安心に管理することができます。

実際の使い方を説明

・登録からメンバー招待まで

① myBridgeを開いて「無料ではじめる」をクリック

② 名刺帳の名前を入力(今回は「テスト」で作成しました)

③ ユーザー名(自分の名前)を入力

④ 参加して欲しいメンバーを、メール/LINE/メッセージ/リンクの共有いずれかで招待します

以上の手順でグループを作成して、メンバーを登録することができます!

次は名刺の共有方法やインポート方法などをご紹介していきます。

名刺の共有方法

A.  個人名刺をインポートする

① 自分の登録している名刺をインポート

② インポートしたい名刺を追加

③ メモの有無を選択

④ 追加後登録されます

B.撮影した名刺を直接共有

以上が名刺を登録する方法になります。

使ってみた感想としては、シンプルで使いやすく、これが無料で使えるのはとてもコスパが高いと思いました。

名刺は自分だけで管理していても社内の価値には反映されづらいです。今回リリースされたmyBridgeの「名刺共有帳」を使うことで、今まで自分のみで管理していた名刺を、社内資産として活用することが期待できます!

評判・口コミ

 

登録もラインのアカウントを持っていればすぐできるし、名刺登録も撮影をしてからわずか数分でできるのがとても便利。

 

他サービスは名刺を登録すると勝手にSNSで繋がったりして嫌だったが、マイブリッジは「名刺登録」だけをメインにした、シンプルなサービスなので気に入ってます。

 

有料プランに移行する必要がないし、広告も出ないからストレスなく使うことができます!

 

まとめ

今回はLINEが提供する名刺管理ツールmyBridgeの特徴や料金プランなどについてご紹介してきました。

ここで紹介してきたとおり、myBridgeは名刺管理ツールとして優れた機能を持ちながらも、すべて無料で使うことができるというところが何よりの魅力です。

また、myBridgeは無料でありながらも、メールアドレスや電話番号など、個人の特定に繋がる情報をはじめ、データ通信をすべて暗号化しているためセキュリティ面でも比較的安心です。

名刺交換はビジネスシーンにおいて、昔も今も変わらず重要であると考えます。ぜひmyBridgeでスマートかつ効率的な名刺管理をしてみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「myBridge」公式HP

その他の【名刺管理ソフト】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ