RFQクラウド(アールエフキュークラウド)

記事更新日: 2020/03/13

執筆: 編集部

運営コメント

RFQクラウドは製造業の資材・部品調達時の見積り査定業務を支援するサービスです。

シンプルな管理画面で直感的に利用しやすく、かつ大幅な時間短縮・原価低減を実現できます。

現在は製造業にフォーカスしたサービスを展開しているため、同業界で購買を担当している方に是非導入してもらいたいサービスとなっています。

1.一括見積り機能

複数サプライヤに一括で見積り依頼を送ることが可能です。

2. 見積り品目設定

過去の見積り品目と類似品目との比較が可能です。

3. タグ設定機能

タグ設定による見積り案件の整理・分類が可能です。

良い点

サプライヤーとのやり取りを一元管理、自動比較を行うことで従来の見積り工数の1/5に削減可能です。

悪い点

あくまでも「見積り査定業務」のサポートに特化しているサービスです。

費用対効果:

クラウド型なので導入費用を抑えることができます。

UIと操作性:

シンプルで利用しやすい管理画面です。

社外連携:

バイヤー側からの要請でサプライヤーの参画も進んでいます。

RFQクラウドの特徴

1.簡略化された見積り依頼

RFQクラウドの1つ目の特徴は見積り依頼に必要な工数の大幅な削減です。

時間短縮の流れ

従来のサプライヤーは各社で異なるフォーマットを用いて見積りを送っていました。

そのため、購買担当者は見積り比較の際に大きな負担がかかっていました。

しかし、RFQクラウドでは見積り依頼を送信する際は画面から必要な情報を入力するだけです。

統一されたフォーマット・項目に入力をするため、企業ごとに見積り項目が異なることもなく無駄なやり取りをカットすることができます。

新規見積依頼画面

2.充実した比較機能

取得した見積りデータはクラウド上に蓄積されます。

統一された項目に情報が入力されているため、複数社の比較はもちろんのこと、過去の見積り品目との比較も可能です。

また、過去の見積り品目と類似している品目の設定や比較、比較項目のカスタマイズも可能です。

見積比較画面

加えて、一品目ごとの見積り管理だけではなく、「案件ごと」の見積り管理も可能です。

そのため複数部品の見積りも一括で行うこともできます。

他にも「過去の同様案件の見積りデータの自動抽出」機能を用いることでかつてのプロジェクトとの価格比較を容易に行えます

これらのデータを比較表に反映することで、価格の妥当性を判断しやすくなります。

過去の見積り品目との比較画面

3.データの管理を容易にする各種機能

3つ目の特徴は充実したクラウド管理機能です。

  • 案件単位でプロジェクトを作成、プロジェクトごとの見積情報の管理
  • プロジェクト関係者間での見積情報の共有
  • プロジェクトごとの見積りを一括取得
  • 過去の案件の見積データを自動抽出

タグ設定機能で見積り案件の整理・分類、過去の見積り履歴の管理を行うことができます。

これにより、「適正価格での購買」「見積もり取得から価格妥当性の確認までのスピードアップ」が実現します。

企業内での情報共有の促進と業務の属人化を抑制する効果も見込めます。

プロジェクト管理画面

RFQクラウドの料金プラン

月額費用:15万円、初期費用:月額費用の4ヶ月分

料金詳細については公式HPへお問い合わせください。

RFQクラウドの評判・口コミ

見積プロセスの業務効率化を大きく改善できました。
沢井製薬株式会社様

過去の膨大な資料をキャビネットから引っ張ってきたり、過去の担当者に聞いていったりなどというムダな業務がなくなり、自分で完結できるようになりました。活用したいデータはカンタンにアクセスすることができます。これにより、今まで1案件に65分程度かかっていた見積プロセスを、20分程度に抑えることができています。

まとめ

資材・部品調達における見積り査定に課題を感じている、という方に大変おすすめなサービスとなっています。

シンプルな管理画面で直感的に利用しやすく、かつ大幅な時間短縮・原価低減を実現します。

クラウド型サービスであるため、オンプレミス型の製品に比べて低価格・低リスクで導入できる点も大きなメリットの一つです。

現在は製造業にフォーカスしたサービスを展開しているため、同業界で購買を担当されている方に是非導入を検討してもらいたいサービスとなっています。

 

画像出典元:「RFQクラウド」公式HP

その他の【購買管理システム】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ