Tradeshift(トレードシフト)

記事更新日: 2020/03/13

執筆: 編集部

運営コメント

Tradeshiftはグローバルに展開している世界最大規模のBtoB商取引プラットフォームです。

サービスの特徴として、基本的な機能は無料で利用可能多言語対応、非常に使いやすいインターフェースという点が挙げられます。

導入ハードルが極めて低く、サービスは高品質であるため、これまで他の電子取引サービスを利用してきた企業・はじめて導入する企業、双方におすすめできるサービスです。

1.支払い業務をオンライン化

請求書の受領から支払いまですべてオンラインで完結します。

2.マーケットプレイス機能

従来の購買業務よりも簡単にサプライヤーから購入することが可能です。

3.アプリ連携

Tradeshiftのアプリストアで業務に必要なアプリを入手、既存システムと連携ができます。

良い点

従来のBtoB取引をオンライン上で、かつ基本機能を無料で利用することができます。そのため、場所にとらわれない、グローバルな取引をすることも可能です。

悪い点

ペーパーレスを強力に進めることができるサービスですが、紙文書によるやり取りが普及している段階では段階的にペーパーレスを導入していくことをおすすめします。

費用対効果:

基本的な機能は無料で利用できます。

UIと操作性:

トレーニングなしで導入ができるほどの、使いやすいUIが整備されています。

社外連携:

導入が簡単なので、取引先の電子化採用率も高まります。従来システムの10倍のスピードで採用が広がっていることも特徴です。

言語対応:

グローバルBtoBプラットフォームとして利用されているため、多言語対応です。日本語対応もしています。

Tradeshiftの特徴

1.世界最大規模のB2B電子取引プラットフォーム

Tradeshiftは世界190カ国、150万社が参加している、電子取引の一大プラットフォームです。

“B2B(企業間取引) のFacebook”という異名もあります。

その機能はバイヤーとサプライヤーのマッチングから、見積書・注文書・請求書などの文書やそれに関わるメッセージのやり取りなどの電子取引にまつわる業務を1つのプラットフォーム上で実現します。

基本サービスは無料で利用できるため、電子化へのハードルも低く、業務効率の大きな改善に繋げることができます。

以下はTradeshiftで利用できる無料サービスの一例です。

  • アカウントの作成
  • ネットワーク上での自社のプロフィールの公開
  • マーケットプレイスへの自社商品の掲載
  • つながった企業との電子文書の送受信
  • 請求書作成
  • データ連携用API

2.かんたんに電子化

直感的に使用できるユーザーインターフェースが整えられています。

そのため、導入時の準備や研修に工数・コストを割くことなく、かんたんに導入を行うことができます。

従業員が1000人を超える大企業でも、トレーニングを行わずに導入した事例もあることからその操作の簡便さがわかります。

請求書の作成に関しても世界中の企業が利用しているものを、無料で、かつ2分で作成することも可能です。

この操作の簡便さから、1年で4,176ものサプライヤーが参画した実績もあります。

3.アプリで機能拡張

Tradeshiftでは業務効率化にアプリを利用することも可能です。

Tradeshiftのアプリストアには50社以上から200種類以上のビジネスアプリが提供されています。

自社でアプリを開発してTradeshiftに接続することや、開発したアプリを販売することも可能です。

下は利用できるアプリの一例です。

また、Tradeshiftでは弥生会計や勘定奉行などの会計システムとの連携を実現するアプリや、業務ユーザーでもビジュアルでデータの変換を作成することができるアプリも用意されています。

Tradeshiftの料金プラン

基本的なサービスは無料で利用できます。

料金詳細やそのほかの有料オプションについてはTradeshift公式HPへお問い合わせください。

Tradeshiftの評判・口コミ

山勝商事株式会社様
シンプルな操作で膨大な請求書を自動処理できるように

これまで毎月何万件もの請求処理が大変でした。トレードシフトの導入により全て自動化することで業務の大幅な効率化を実現できています。管理画面もシンプルで、直感的に使用できるので
スムーズに導入することができました。

AIRFRANCE KLM様
トレードシフトで簡単にコストカットを実現できました

トレードシフトを導入しているサプライヤーとの取引は、とても簡単でコストも抑えられます

まとめ

Tradeshiftは従来の電子取引サービスで行なっていたことはおおむね無料でできてしまう、という点が大きな特徴のサービスです。

2017年時点ではアカウントの99%が無料でサービスを利用していました。

しかし、だからといってサービスの質が悪いわけではないため、これまで各種電子取引サービスを利用してきた企業も、はじめて導入する企業にも、双方におすすめできるサービスです。

グローバルに展開しているサービスでもあるため、業務効率の改善や原価低減のみならず、購入選択肢の拡大にも活用できます。

 

画像出典元:「Tradeshift」公式HP

その他の【請求書発行】【購買管理システム】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ