Adobe Marketing Cloud

1.0

記事更新日: 2021/06/30

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

領域横断してデータを集めてくれる

複数のサイトにまたがって(領域横断して)全てのサイトの情報を比較・抽出できる点は使いやすかったと思います。昔から使っているとUIの変更に戸惑いが多いですが、アップデート毎に使いやすくなっていると思います。

悪い口コミ・評判

利用料が高額すぎる

利用料がとにかく高額です。費用がかかってでも収集するだけのビッグデータや収益化につながる対策を講じるスキームや工数がないと本当に無駄金になります。

編集部コメント

Adobe Marketing Cloudは、マーケティングに必要な機能を包括的に兼ね備えていますが、特に顧客との接点である様々なコンテンツの作成・管理に強いMAツールです。デジタル資産のスムーズな管理システムによって、画像や音声をはじめとしたリッチコンテンツの保管だけでなく、編集や共有も可能です。Adobe Creative Cloudとの連携も実現しています。

MAツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

MAツールツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする9サービスの資料をダウンロードできます。

1. コンテンツ管理

コンテンツをスムーズに管理し、あらゆる画面やプラットフォームに対応

2. キャンペーンの展開

メール・広告・キャンペーンを一元管理し、自動的に展開

3. 個々のユーザーに最適な方法を提案

人工知能や機械学習を利用し、ユーザー最適化を実現

良い点

企業が抱える悩みや進めたい施策に特化できるよう数々のツールが用意されています。

悪い点

公式HPには価格が明示されておらず、問い合わせが必要です。

費用対効果:

初期費用・月額費用、共に非常に高額です。

UIと操作性:

カスタマイズ可能で柔軟性の高い使いやすいインターフェイスとユーザビリティ。

社外連携:

LINEと連携し、リアルタイムマーケティングを実現しています。

Adobe Marketing Cloudの3つの特徴

1. スマートなデジタル管理でアセットを有効活用

「Adobe Marketing Cloud」では、デジタル資産管理システムによって、アセット(画像や音声をはじめとしたリッチコンテンツ)の保管だけでなく、編集や共有も可能。Adobe Creative Cloudとの連携も実現しています。

アセットを効果的に管理し、そのパフォーマンスを随時把握できるため、日々変化するお客様の満足度を追求するだけでなく、各コンテンツがニーズをどのように満たしているかも確認できます。

アセット管理によりコンテンツを強化

数が多く管理の難しいデジタルアセットですが、必要な情報が奥深く埋もれてしまうことを防止し、有効活用につなげます。

2. 適切な顧客を獲得し、長期的な関係を築く

「Adobe Marketing Cloud」は、適切な顧客の獲得に対する合理的なアプローチが特徴です。

お客様の検索マーケティングやランディングページ・Webパーソナライゼーション・フォーム・ソーシャルメディア・行動の追跡等を体系化し、彼らが最も知りたいことや解決したい問題点を的確に探り当てます。

その上でお客様との長期的関係を築くために有用なマーケティングキャンペーンを構築します。


パーソナライゼーション管理画面

3. 人工知能(AI)による的確な商品レコメンデーション

「Adobe Marketing Cloud」には多種多様な選択肢が用意されており、人工知能をベースとする的確な商品レコメンデーションを行います。

顧客が購買に至るまでの行動(カスタマージャーニー)全体を通じて、最適な商品レコメンデーションを行うのはもちろん、類似した購買行動をとるユーザーの情報を元に商品提案するフィルタリング機能も充実しています。

行動を制御するビジネスルールを設定したり、特別なプロモーションの際はそれを上書きしたり、最も効果的なものを確かめるためにテストを実施したりとあらゆる側面からアプローチします。

これらの優れたAI機能によって、サイトに合わないレコメンデーションテンプレートに悩まされることも、膨大な人的労働力やコストを注ぎ込むこともなくなるでしょう。

思わず反応してしまう商品やコンテンツを適切なタイミングで自然に案内することで、アップセル(より高い金額の商品を購入してもらう)やクロスセル(関連商品を追加購入してもらう)を実現します。



AIによる商品のレコメンデーションの一例


Adobe Marketing Cloudの料金プラン

初期費用800万円以上、月額費用100万円以上と非常に高額です。

様々なシステムが用意されているので、個別に見積もりを取る必要があります。

Adobe Marketing Cloudの導入事例

パーソナライズしたコミュニケーションを顧客に提供
花王

花王は、デジタルマーケティングの新たなゴールに向けた第一歩として、環境変化に適応できる顧客体験の基盤整備から着手。「マルチデバイス対応」「マルチベンダー制作体制」「グローバル展開」という難しい要件を満たすため、テストプロジェクトで課題抽出、対策立案を行った。Adobe Marketing Cloudを導入後は、多様なブランドサイトの効率化を実現。

顧客行動を科学!
ロクシタンジャポン株式会社

コスメティック業界は門外漢だったデジタルマーケティング部長が、顧客ニーズの実態をデータ分析して探るためにAdobe Campaignを導入。その分析に基づいて、それぞれのセグメントに対して、行動を促すためのキャンペーンを実行。結果、売上の大幅な拡大に結びつけた。

※「Adobe Marketing Cloud」公式HP参照

Adobe Marketing Cloudの評判・口コミ

知的財産・特許

31〜50人

利用料がとにかく高いので無駄金になりかねない

使いやすいと感じた点を教えてください。

複数のサイトにまたがって(領域横断して)全てのサイトの情報を比較・抽出できる点は使いやすかったと思います。昔から使っているとUIの変更に戸惑いが多いですが、昔に比べるとはるかに使いやすくなったという時系列的利便性が印象の大半です。

不便だと感じた点を教えてください。

利用料がめちゃくちゃ高い。本当にこれにつきます。

これだけの費用がかかってでも収集するだけのビッグデータや収益化につながる対策を講じるスキームや工数がないと、本当に無駄金になります。また、外部連携機能に関しても初期は英語にしか対応しておらず、GAも全部手打ちで連携しないといけなかったので・・昔に比べればマシ・・くらいだと思います。

他の会社にもおすすめしますか?

確実に収益化できる自信があるなら導入しても良いと思いますが、相当の情報量を扱えるだけの使いこなせる人と活かせる人が必須なので、その財力と能力があるか次第です。個人的にはあまりお勧めしません。

まとめ

この記事では「Adobe Marketing Cloud」の特徴・評判・料金を解説しました。

「これまでマンパワーに頼っていた定型的な業務や、膨大な時間がかかる大量の作業をいかに自動化するか」は、現在のビジネスにおいて非常に重要なポイントです。

効率化を追求する上で欠かせないマーケティングオートメーションツールの最先端の1つが「Adobe Marketing Cloud」です。

導入すれば、「業務の効率化」「ユーザーとの最適なコミュニケーション」双方を実現できるでしょう。

画像出典元:「Adobe Marketing Cloud」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

MAツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】MAツール選びのお役立ち資料
MAツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ