Comdesk Lead

記事更新日: 2022/10/11

執筆: 山川知沙

編集部コメント

唯一、モバイル回線を利用できるCTIシステム

「Comdesk Lead」は、モバイルでの連携・機能に特化したインサイドセールスCTIです。特許取得済みのモバイル回線プランを利用すれば、通話料の固定化が実現。

通話料や通話件数、通話時間などを気にすることなく、かけ放題で電話営業が可能です。

通話機能では、オートコール機能や顧客管理情報機能、通話履歴の自動ログ化機能など、営業活動を効率化できる便利な機能を搭載しています。

コールセンターシステムを在宅で構築することも可能なので、電話営業でもリモートワーク化を進めたい企業におすすめです。

類似サービスと比較したい方はこちら

まとめて請求する

CTIシステムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

この製品について詳しく見たい方はこちら

製品を請求リストに追加する
良い点

携帯回線から発信できる業界唯一のCTIシステムです。コスト70%の削減、営業効率200%アップ、工数時間削減30時間/月の成果を叩き出しています。

悪い点

モバイル回線を利用できる画期的なサービスで、欠点を挙げるのが難しいです。強いて言えば、コールスタッフの教育機能がないのが惜しいポイントです。

費用対効果:

携帯回線の利用により、月額料金を固定化できます。機材の購入や回線工事も不要のため初期費用をおさえられます。

UIと操作性:

営業電話の全てを録音、テキスト化し、自動でログを作成できます。通話内容をまとめるなどの手間が削減できます。

導入ハードル:

最短3営業日で導入が可能です。携帯回線プランなら回線工事も不要です。

Comdesk Leadの導入メリット4つ

1.携帯回線の利用で平均コスト70%削減

Comdesk Lead最大の強みは、携帯回線を利用し営業電話をおこなえることです。

すでに特許を取得していて、インサイドセールスCTIの中でモバイル回線を利用できるのはComdesk Leadだけです。

モバイル回線を利用することで得られる最大のメリットは、コストを大幅に削減できることでしょう。

月の通話料を固定化できるうえ、機材や回線工事も不要のため、初期費用をぐんとおさえることが可能です。

パソコンやネット環境がなくても、用意された携帯端末さえあれば仕事ができる点も強みです。

リモートワーク下での電話営業を効率よくおこなえるでしょう。

PCがなくても仕事ができる

2.営業効率をアップさせる様々な機能

Comdesk Leadには、営業活動に便利な機能が豊富に備わっています。

たとえば、通話が終了した瞬間に次のダイヤルを開始できるオートコール機能は、利用企業からも好評です。

通話内容は自動で記録されるので、通話終了後に通話内容をまとめる工数が省けます。

間髪入れず次のダイヤルに発信できるので、時間の大幅な節約につながるでしょう。

顧客情報管理機能も便利です。

通話中に新たに判明した顧客の属性や情報をリアルタイムで編集していくことが可能です。

ワンクリックで印刷もできるので、スタッフ全員がパソコンを使っていなくても、情報の共有が迅速におこなえます。

営業効率200%以上アップ

3.社内での通話履歴共有に便利なログ化機能

Comdesk Leadでは、営業活動でおこなわれた通話の全てを録音し、ログ化できます。

携帯電話やIP電話での通話は全て録音され、AIによりテキスト化されます。

テキスト化された通話内容は、CRMと連携させて活動履歴として自動生成させることが可能です。

社内はもちろん、社外で通話された内容もリアルタイムでログが生成されるため、営業担当者が外で得た情報を、いち早く社内で共有することができます。

通話履歴をテキスト化可能

4.外部サービスと連携可能

SMSなどの受発信も可能です。

オムニチャネルであらゆるコミュニケーションを一元管理でき、営業活動の効率化が図れます。

管理可能なチャネルは随時追加されていく予定です。

既存で利用しているCRMとの連携も可能。

Salesforceをはじめ、さまざまな外部サービスと連携できます。

APIが公開されているので、自社システムとの連携も可能です。

外部サービスと連携可能

資料請求リストに追加する

 

Comdesk Leadのデメリット1つ

1. 既存の電話番号の利用には別途料金が発生

携帯回線プランを利用する場合、携帯回線は新規で利用することになります。

既存の03や06で始まる電話番号を利用したい場合、別途料金がかかるので注意が必要です。0ABJ番号の利用は、メディアゲートウェイとなるハードウェアを利用することで可能となります。

期間限定で1週間無料トライアルの導入が出来るので、既存か新規か迷われている方は一度活用してみるのも良いでしょう。最短3営業日で導入した実績もあり。

 

Comdesk Leadの料金プラン

Comdesk Leadイチ押しの料金プランは携帯回線プラン。携帯回線を利用することで、毎月の料金を固定できるのがメリットです。

  • Comdesk Lead導入費用:150,000円
  • Comdesk Lead ライセンス:月額6,000円/ID
  • 回線プランは以下より選択可能
  携帯回線プラン IP回線プラン
費用
(税表示なし)
月額7,980円/回線 月額1,980円/ID

従量(0.048円/秒~)
料金内訳 ・特許アプリ
・通話録音オプション
・端末
・通話定額
・電話アプリ
・クラウドPBX
・通話料


1週間(5営業日)のトライアル体験を利用
できます。

料金プランの詳細につきましては、以下の資料をダウンロードしてご確認ください。

資料請求リストに追加する

競合製品との料金比較

CTIサービスの料金体系は、各サービスにより実にさまざまです。

これといったスタンダードな形が存在しないので、自社の目的に合致するサービスを根気よく探したいところです。

競合他社のサービスと比較した際のComdesk Lead一番の強みは、やはり特許も取得しているモバイル回線を利用できる機能でしょう。

  Comdesk Lead MiiTel CT-e1 / SaaS
費用 ・月額7,980円/回線
または
・月額月額1,980円/ID

従量(0.048円/秒)
(税表示なし)
月額5,980円/ID
(税抜)
初期費用:30万円〜
月額:15,000円〜
特徴 携帯回線を利用可能 1ヶ月単位での
契約可能
柔軟な外部連携と
カスタマイズが可能


資料請求リストに追加する

 

Comdesk Leadの評判・口コミ

ランニングコストの大幅削減に成功
株式会社日本ヴェルテック

Comdesk Leadは定額料金で電話がかけ放題なので、電話にかかるコストを固定化できます。以前のシステムと比較して、電話にかかるコストは60%カットできました。Comdesk Leadを使った発信では、それぞれのIDに紐づいた携帯電話の番号が着信履歴に残るので、応答していただける確率が上がったのか、キャッチ率も大きく向上しました。

顧客管理と電話発信業務を一挙に効率化
セルプロモート株式会社

以前は1日で100件前後の電話をかけるのが限界でしたが、いまでは200件を毎日当たり前に超えています。通話内容の記録が終わると自動的に次の発信をしてくれる「オートコール機能」を使っていることも大きいと思っています。発信数が大きく増えたことで、アポイントの数も格段に増えました。

顧客情報を統合してリスト参照の手間を削減
株式会社USEN(USEN-NEXT GROUP)

エクセルを参照して電話をかけることもなくなり、加入状況などのステータスまでComDesk Leadで一元的に管理できるようになりました。通話ログを取るための機能も組み込まれているので、ほかのシステムを導入する必要もありません。通話ログを探す際も、架電したのか、受電対応したのかがすぐに判別できますし、効率良く業務を進められるようになりました。

*「Comdesk Lead」公式HP参照

Comdesk Leadを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

リモートワークを推奨したい企業

Comdesk Leadの携帯回線プランを利用すれば、パソコンやネット環境がなくても、モバイル端末で電話業務をおこなうことが可能です。

社内のシステムにアクセスしないと顧客情報を確認できなかったり、通話内容を登録できなかったりするなどの理由から、電話営業をオフィスからしている企業は多いと思います。

Comdesk Leadなら、このような業務を初期費用をかけずリモートワークに移行可能

端末の機種代もプランに含まれるので個人で端末を用意する必要もありません。

在宅でのコールセンター環境を手間なく構築できます。

架電件数が多い企業

Comdesk Leadの携帯回線プランでは月額費用は固定化され、かけ放題となります。

電話営業の件数が多い企業では、通話時間や費用を気にせず架電できるので効率的です。

また、通話内容を記録したり、次のコールを自動でスタートしてくれたりするなど、電話営業を快適におこなうための機能も充実しているので、とにかく多くの架電をこなさなければならないスタッフの負担も軽減できるでしょう。

資料請求リストに追加する

向いていない企業

教育機能やセルフコーチ機能を求める企業

電話営業では、スタッフの教育が必須です。

残念ながらComdesk Leadにはスタッフ養成に効果的な機能は備わっていないので、従業員教育やセルフコーチ機能を求める企業には向かないでしょう。

ちなみに、競合他社には、NGワードの回数をカウントできたり、会話速度やラリー回数などを含む通話内容の定量評価ができたりする機能を備えたツールが見られます。

このような機能があれば、スタッフ自ら自身の通話を振り返り、改善に役立てることが可能です。

 

まとめ

Comdesk Leadはモバイル回線を利用することで、月額料金を固定化し、通話料の大幅削減を実現できるCTIシステムです。

特におすすめしたいのは、リモートワークでのインサイドセールスを推進したい企業

自宅やリモートワークスペース、出先からでも手軽に電話営業をおこなえます。

難しいとされてきたリモートワーク下でのコールセンターシステム構築も実現できるでしょう。

資料請求リストに追加する

 

画像出典元:「Comdesk Lead」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

CTIシステムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

CTIシステム
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ