料理人(シェフ)

記事更新日: 2022/08/19

執筆: 田中桜

編集部コメント

店舗や本部で発生するあらゆる業務を支援する飲食業向けシステム

「料理人」は、チェーン展開されている飲食店の経営を支援する総合システムです。

飲食店ならではの課題や、販売から購買・勤怠管理と幅広い業務をトータルで支援

開発元のNCS&Aは30年以上も飲食業界のシステムに携わるITベンダーなので、初めて導入する企業や他システムから乗り換えを考えている企業などノウハウを活かした提案をしてもらいたい企業におすすめです。

販売管理システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

販売管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

料理人(シェフ)だけ知りたい方はこちら

料理人(シェフ)の資料を請求
良い点

POS売上、発注/仕入データ、在庫管理、勤怠管理、人件費など店舗マネジメントに関するあらゆるデータの管理が可能です。充実した機能が搭載されていながら、操作性が高いのもポイントです。

悪い点

導入・運用までには半年以上の期間を要する場合があります。

費用対効果:

UIと操作性:

リアルタイムの勤怠情報を、いつでも画面上で確認できます。データ送受信はバッチ処理不要です。

社外連携:

他社製のPOSシステム、給与システム、財務システムなどとも柔軟に連携できます。

サポート:

トラブル等に対応できる24時間365日のヘルプデスク(有人)サポートが用意されているのでサポート体制は万全です。

料理人の導入メリット3つ

1. 柔軟なカスタマイズに対応!

回転率重視・客単価重視・サービス重視・セルフ形態など様々なスタイルで営業している飲食業では、分析の視点・経営戦略の視点など各企業のニーズは多種多様です。

「料理人」は、そのような各企業の声、課題に柔軟に応えることができる総合システムです。

導入前はもちろん、運用後のカスタイマイズにも対応してもらえます。

また、「料理人」の運営会社には、外食業界に詳しい専門のシステムエンジニアが多数在籍しているため、社内での企画立案・保守・トラブル対応などを請け負う情報システム部門の担当者が気軽にエンジニアに相談できる環境が整っているのも嬉しいポイント!

開発元のNCS&Aは30年以上も飲食業界のシステム開発に携わり、飲食業界のノウハウを知り尽くしていることから、飲食業界ならではの課題にもしっかり向き合い、トータルサポートしてもらえるので、初めてシステムを導入する企業でも安心です。


エンジニアにも相談しやすい

2. システムサポートは24時間365日対応で安心

システムを導入してから「初期設定がわからない」、「営業中にトラブルが発生した」という場合にも、「料理人」なら安心です。

「料理人」を展開しているNCS&Aでは、サポート専門の部隊が常駐しており、24時間365日「有人」でサービス全般の保守サポートを行っているからです。

他社サービスでは、夜間や深夜帯は「チャット」等での対応が多い中、「料理人」は24時間「有人」でサポート対応を行っているという点は高く評価できるポイントです。

また、「料理人」は内部統制やシステム監査対応が求められる規模の企業への導入実績が多いというのも特徴となっています。

そのような大規模企業の監査対応にも耐えうるレベルのシステムの構築から監査用資料の提示など、経験値が必要な付随業務まで対応可能なサポート体制が整っているので、安心して利用できます。

24時間の有人サポートで安心
 
 

3. 必要な機能だけを選択したシステムの導入も可能!

「料理人」は飲食業の全般業務を支援するシステムとなっており、あらゆる機能が搭載されています。

以下では、「料理人」で利用できる主な機能(販売/購買/勤怠管理)について簡単にご紹介します!

 

「販売管理」
便利な機能は?

予算・計画

地区・業態での予算進捗管理が可能。
売上予算・食材原価・人件費・その他経費の予算管理や、各実績との比較による予算進捗、見込み実績着地を確認できます。

売上・経費

売上システムに直結したPOSシステムとの連携で売上管理を実施。
売上管理:日報/時間別/メニュー別の括りでデータ管理が行えます。
経費管理:日々発生する諸経費の伝票入力や用途別のデータ管理が行えます。

営業分析

売上・食材原価・人件費やその他経費をリアルタイムで集計、管理。
地域別・業態別の「損益管理」で店舗経営の可視化を行うことで、経営戦略をスピーディに実現します。

 

 

「購買管理」
便利な機能は?

発注管理

品目別に売上10万円当り使用量設定、安全在庫をもとに想定発注数を表示する等、発注業務の管理を支援する機能。

仕入管理

納品数を予め表示することで、内容を再入力せずに検品業務が行える機能。

棚卸管理

棚場所の管理を行い、棚卸入力をスムーズにする機能。

 

 

「勤怠管理」
便利な機能は?

ワークスケジュール管理

従業員の勤務スケジュールの自動割付機能で、スキル/勤務条件/希望時間を総合判断し、ボタン一つで最適なシフトを作成
適切な人材配置を行うことでコストの無駄を省くとともに、シフト作成者の作業負担も軽減します。

勤怠管理

労働法に基づいた事前チェックと勤務管理を実施できます。
ワークスケジュール管理と勤怠管理の併用することで、人件費の適正化を進めることが可能です。

顔認証による打刻にも対応

2021年の顔認証技術のベンチマークテスト(FRVT Ongoing)で世界第1位を獲得したNEC顔認証技術を採用しており、なりすましの防止や非接触による衛生面への配慮にも対応しています。

 

「料理人」では、このようにあらゆる機能が利用できますが、自社の店舗経営にとって必要な機能・要らない機能を自由に選択することが可能なため、コストを抑えてシステム導入することができるというのが嬉しいポイントです!


「料理人」の基本機能

資料請求リストに追加する

 

料理人のデメリット

システム導入までの期間が長い

クラウドサービスのように短納期でサービス提供をするシステムではなく、各企業のニーズに合わせてシステムを構築していくため、導入まで半年以上の期間が必要となる場合があります。

システム導入費用が高い

「料理人」は、各店舗や企業のニーズに応えること(カスタマイズ)をベースとしているため、カスタマイズ規模によっては、数千万円の費用がかかる場合もあります。

料理人の料金プラン

企業規模や目的に合わせた見積もりが必要となるため、詳細については問い合わせをする必要があります。

資料請求リストに追加する

 

料理人を導入すべき企業

チェーン展開している企業

システムのスケールが大きいため、単独店舗では費用対効果を生みにくいといえます。

チェーン展開している企業で、システム統制なども必要としている企業にとっては、非常に心強い味方となってくれるでしょう。

システムにも競争優位性を必要としている企業

「料理人」を扱っているNCS&Aは、カスタマイズを得意としているため、他社にはできない自社オリジナルシステムの構築を求める企業にはおすすめです。

資料請求リストに追加する

 

料理人が向いていない企業

単独店舗

単独店舗が「料理人」を導入するには、システムコストの負担が大きくなることが想定されます。

経営規模によっては、クラウドなどの安価なサービス利用型システムで十分であると言えます。

 

まとめ

「料理人」は一つのシステムで、販売・購買・勤怠の一括管理を実現したい飲食店運営企業におすすめです。

企業規模としては、チェーン展開している企業が最適です。

24時間365日「有人」のカスタマーサポートがあるため、初めて導入する企業でも安心して利用できるでしょう。

 

資料請求リストに追加する

 

画像出典元:「料理人」公式HP、photoAC

 

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

販売管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

販売管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ