ShareBRIDGE

記事更新日: 2019/09/26

執筆: 編集部

運営コメント

「ShareBRIDGE」は企業のニーズにこたえる充実の機能を安価で提供する販売管理システムです。クラウド型だけでなくオンプレミス型も導入可能。企業の状況や利用規模により自由に選択できます。IT関連の専門知識がなくても簡単に導入できすぐに運用を開始できるため、システム専門部署を持たない中小企業にもおすすめです。

1. 商品管理

単品管理やロット管理など柔軟な商品管理ができる

2. 販売管理

受注・出荷・売上から請求・支払いまで一通りの業務を一元管理できる

3. CSVデータ抽出

あらゆるデータをCSVデータとして抽出できる

良い点

「ShareBRIDGE」は販売管理に必要な機能がほとんど標準搭載されているため、一般的な販売管理システムよりも安価で導入できます。

悪い点

基本機能は充実しているものの、ハンディターミナル連携などハード面のオプションが用意されていません。

費用対効果:

標準機能が多いためカスタマイズによる余分なコストが発生しにくいです。

UIと操作性:

画面表示がわかりやすく、パソコン操作に不慣れな人でも直感的な操作が可能です。

多言語対応:

海外でも使用できるよう多言語表示に対応しています。

ShareBRIDGEの3つの特徴

1. 高度な機能を安価に提供

「ShareBRIDGE」は販売管理に欠かせないあらゆる機能を標準搭載。

「ShareBRIDGE」のリリース以来培ってきた業務ノウハウを余すことなく提供しています。

導入に際して新たにシステムを1から構築する必要がないので、同等の販売管理システムより安価にて導入可能です。

例えば商品管理の場合、一般的な販売管理システムではロット管理等特殊なシステムの導入にはオプション料金がかかることがあります。

しかし「ShareBRIDGE」ならロット管理から有効日付管理、荷姿管理までオプション料金なしで利用可能。

その上、各情報はCSVデータ抽出が可能なので、スムーズに既存のシステムに反映できます。

また、「ShareBRIDGE」は高機能ですが管理画面がシンプルで見やすいと好評。

IT関連の専門知識がなくてもすぐに運用を開始できる使い勝手抜群のシステムです。


入力画面イメージ

 

2. 業務ノウハウを部品化してカスタマイズ

「ShareBRIDGE」の基本機能に新たな機能を追加したりカスタマイズしたりする場合は、企業の業務ノウハウを部品化し組み合わせながら従業員が使いやすいシステムを構築できます。

一度部品化した業務ノウハウはカスタマイズ後も何度でも再利用可能。

カスタマイズ2回目以降はよりスムーズにシステム構築が進行します。

「ShareBRIDGE」はパッケージソフトとしても十分活躍する上、カスタマイズ性にも優れているので特殊な業務が多い企業でも安心して導入可能。知識と経験が豊富なスタッフが、柔軟に対応してくれます。


カスタマイズのイメージ

 

3. 連携可能なシステムが豊富

「ShareBRIDGE」は他のシステムに依存せずとも利用可能な独立したシステムです。

しかし、必要に応じて会計・配送システムやECサイトと連携させ使用することもできます。

ECサイトは自社サイトのみならず大手通販サイトとも連携可能。

受注データをスムーズに取り込めるので、在庫・出荷・売上管理の業務効率がアップします。

ECサイトや卸・小売の顧客への請求・入金や仕入れ先への支払いなど会計関連の情報は、企業が現在導入している会計システムと連携させることでスピーディに反映可能。

「ShareBRIDGE」は現場と管理部門の垣根をなくし、業務の流れを大幅に改善するでしょう。


ECサイト・他システムとの連携イメージ

 

料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

まとめ

「ShareBRIDGE」は特別な知識がなくてもすぐに利用できる、使い勝手のよい販売管理システムです。

販売管理に必要な基本機能をほとんど網羅。

どんな機能があれば業務効率化に貢献するのかイマイチ掴めていないという企業にもおすすめです。

もちろん「ShareBRIDGE」は導入後のカスタマイズにも柔軟に対応。

システム導入後のサポートだけでなく、システム運用監視・セキュリティ管理・データバックアップといった保守サービスまで標準搭載されているので、システム担当部署がない企業でも安心して導入できます。

画像出典元:「ShareBRIDGE」公式HP

その他の【販売管理システム】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ