ActRecipe

記事更新日: 2021/04/23

執筆: 編集部

編集部コメント

ActRecipeは、財務会計領域に特化したクラウドサービスのデータ統合プラットフォーム(iPaaS)です。パッケージ化されたレシピを用い、専門知識不要でデータ連携を実現します。特に財務会計領域に強みを持ち、企業のニーズや規模に応じた豊富なレシピを提供しています。社内の様々なクラウドサービスを簡単に連携して有効活用したいと考えている企業にはおすすめのサービスといえるでしょう。

1. 連携が簡単

レシピによる連携で専門知識は不要

2. 財務会計

経費精算システムに特化している

3. レシピ共有

公開レシピの活用も可能

良い点

データ連携に関する機能をレシピとして提供しているため、専門的なIT知識がない方でも簡単に運用可能です。

悪い点

財務会計に特化しているため、それ以外についてのレシピは今後増えていくようです。

費用対効果:

UIと操作性:

複雑なプログラミング不要でデータ連携ができます。連携に必要なレシピも、機能を組み合わせていくだけで簡単に作成できます。

社外連携:

経費清算システムのSAP Concurとの連携に強みがあります。

サポート体制:

サービスや価格設定など、企業規模に応じて柔軟な対応があります。

ActRecipeの特徴3つ

1. レシピで簡単連携

ActRecipeの最大の特徴はシステム統合が簡単にできることです。あらかじめ用意されたレシピを選ぶだけで、クラウドサービス間のデータ連携ができます。

IT化が進み、様々なクラウドサービスが導入され業務の効率は格段に上がっています。それらを簡単に連携しデータを統合するのがActRecipeです。

システム連携には複雑なプログラミングなどの専門技術が必須ですが、ActRecipeでは、あらかじめ搭載された機能を選ぶだけで連携に必要なパッケージであるレシピの作成ができます。

専門的知識がないユーザーでも簡単に活用できることを目標にしたシンプルさは、クラウド間の連携を手動で行うための時間や労力、外部委託の場合の開発に関する様々な手間や経費といった課題を解消できます。


レシピで簡単連携

2. 財務会計に強い

次に紹介するActRecipeの特徴は財務会計領域に特化しているところです。財務会計領域で必要なレシピが豊富に搭載されています。

ActRecipeの開発元は、経費精算システムで世界トップシェアのSAP Concurの国内初認定パートナーです。そのため、SAP Concurを中心とした財務会計領域の連携を強みとしています。

例えば、Concur上で得られた経理計算結果を、ActRecipeを通じて他の財務会計システムに送信することができます。また、データベース型業務アプリなどで保存された顧客情報や社員情報をActRecipeのデータ連携によりConcurで利用することも可能です。

財務会計に関しては、企業によりその規模が様々ですが、豊富なレシピを組み合わせることで、企業規模に合わせた運用はもちろん、拡張や縮小も簡単です。

財務会計に強い

3. レシピ作成は簡単

ActRecipeの特徴3つ目はシステム連携に必要なレシピが簡単に作成できることです。必要な機能を並べていくだけでレシピが完成します。

ActRecipeには、あらかじめ様々な機能が搭載されています。その中から必要な機能を選び、フローチャートのように並べていくだけでレシピが完成します。

例えば、APIによる接続を皮切りに、通信、暗号化、復元など、操作順に並べてデータを連携させるレシピを作成します。システム間のデータ連携の際の変換も、コンバート設定を組み込むことで簡単に行えます。

これらのレシピは、自社で必要なものを組み立てる他に、開発元が公開しているものを共有して利用することも可能です。利用機会が多そうなレシピが公開されており、それをそのまま利用することはもちろん、カスタマイズして運用することも可能です。

今後はより幅広いレシピの共有も想定されており、さらなる充実が期待できます。

レシピの作成は簡単

ActRecipeの料金プラン

価格については柔軟に対応してもらえます。

ActRecipeの評判・口コミ

業務の効率化を実現
株式会社メルカリ

SAP Concurと会計システムのデータを連携し、業務の効率化を実現しました。

*「ActRecipe」公式HP参照

まとめ

社内で利用しているクラウドサービスを統合して有効活用したいと考えている企業にはおすすめのサービスです。それは専門知識がなくても簡単にデータが連携できる、というのがActRecipeの大きな特徴だからです。

公開されているレシピを利用するのはもちろんのこと、企業内でのニーズに合わせ必要な機能をフローチャートのように並べることでレシピが作成することも可能です。

それを利用して簡単にシステムを連携させることで、データの活用が可能になります。ActRecipeの開発元は国内初のSAP Concur認定パートナーであることから、財務会計領域に強みを持ち、的確なレシピの提供をはじめ企業のニーズに対応します。

パッケージ化された多彩なレシピを使い、簡単にシステムの連携が可能なActRecipeは、社内のクラウドサービス中の情報を有効活用したいと考えている企業にはおすすめのサービスといえるでしょう。

画像出典元:「ActRecipe」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ