DataSpider Servista

記事更新日: 2021/04/30

執筆: 編集部

編集部コメント

「DataSpider Servista」は、企業で活用している異なるシステムデータのアプリケーションを一括で管理できるシステム(iPaaS)です。大容量データを扱っている企業でも高速処理により、作業効率の向上や業務時間の削減に繋げられるでしょう。

1. データの高速処理機能

少ないメモリでも大量のデータを高速処理できる

2. データ収集機能

必要なデータだけを利用できる環境作りが可能

3. リアルタイム連携機能

オンプレミスとクラウドをリアルタイム連携できる

良い点

クラウド上にある国内外の主要なアプリケーションやデータとも自由に連携可能なので、中小企業からグローバル展開している企業まで幅広く活用できます。

悪い点

継続して利用する場合は、ランニングコストが少し高い印象です。

費用対効果:

システム規模や企業のニーズに合わせたプランが選択でき、大規模から小規模企業まで幅広く利用できます。

UIと操作性:

接続先に応じたアダプタにより、既存システムに手を加えることなく拡張できます。

サポート体制:

サポートサービスに加入しておけば、最新情報や技術、不具合が生じた際のサポートを受けられます。

導入ハードル:

導入時には技術的サポートがあるので導入しやすいといえるでしょう。

DataSpider Servistaの特徴3つ

1. ノンプログラミングでデータを繋ぐ

「DataSpider Servista」は、専門的な知識がなくてもシステムごとのデータ連携を簡単に実行することができます。

たとえば、データの入出力や変換、加工についてはすべてドラッグ&ドロップで行えます。

企業内で活用している様々なシステムや異なるフォーマットなど分散しているデータを一元管理することが可能なので、作業効率のアップも期待できるでしょう。

多種多様なデータを一括管理

 

2. 接続アダプタでより操作がかんたんに

通常、既存のシステムと連携させるためにはプログラミングの専門知識をもった担当者が、システムの調整をおこなう必要があります。

しかし、「DataSpider Servista」では、接続先に応じたアダプタが用意されています。

このアダプタを使用すれば、接続情報とデータ取得処理の設定を行うだけで簡単に接続が完了します。

いままでシステム調整にかけていた担当者の作業時間を削減し、開発工数を軽減させることが可能です。

アダプタ使用イメージ

3. クラウド連携とデータ分析も可能

データやアプリをクラウドに移動させる場合、クラウド連携は必須です。「DataSpider Servista」では、クラウド連携もスムーズに行えます。

クラウド連携だからといって特別な操作は必要なく、データ移行とほとんど変わらない簡単な操作で連携できます。

Salesfoce.comやAmazon Web Service、G Suiteなど複数のパブリッククラウドとの連携やプライベートクラウドとの連携も可能です。

クラウド連携イメージ図

また、「DataSpider Servista」では、データの把握から必要なデータの決定、収集するという工程のなかで必要なデータだけを利用することができます。

このデータと分析ツールとの連携により、自社のデータ分析の精度を大幅に向上させることができるでしょう。

収集したデータの分析も可能

DataSpider Servistaの料金プラン

上記はベースモジュールに、必要な連携機能をカスタマイズできるスモールスタートに最適なプラン(70万円~)になります。

導入をすでに検討している場合は、上記の豊富なアダプタをパックした【アドバンス】(550万円~)または汎用的なアダプタをパックした【ベーシック】(300万円~)という2つのスタンダードパッケージプランがおすすめです。

また、DataSpider Servista Basic Server Packageと同じ構成で、最短1ヵ月から利用できる【月額ライセンス&サポート】プランがあり、月額費用は20万円~となっています。

以上の様に事業規模やニーズに合わせたプラン選択ができるので、コストを抑えながら運用することが可能です。

DataSpider Servistaの評判・口コミ

ノンプログラミングで利用できるのがメリット
アイ・アール債権回収株式会社

Excelやマクロで作りこまれてしまうと、個人のPCに保管されていて、本人しか使えない・メンテナンスできないと属人化しやすくなります。DataSpiderならば画面も分かりやすく、仕様書も生成できます。

最新情報がリアルタイムで同期できる
協立機電工業株式会社

今まで営業担当は、部署ごとに基幹システムから出力したCSVデータをExcelで加工していましたが、この手間がかからなくなった効果は大きいです。顧客マスタも最新の情報がリアルタイムで同期されるようになり、担当者が正確な情報を入力できて、鮮度の高いデータベースを維持できています。

*「DataSpider Servista」公式HP参照

まとめ

プログラミングの知識を持っていなくても、簡単に社内のデータやアプリケーションを連携できるだけでなく、過去のデータをスピーディーに検索できる使い勝手のいいプラットフォームです。

データの連携・管理に工数がかかり、効率よくデータ収集やデータの活用ができていないと感じている企業におすすめです。

画像出典元:「DataSpider Servista」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ