SBIの株式投資型クラウドファンディングGEMSEE(ジェムシー)    |挑戦者とともに歩む新しいベンチャーファイナンス

SBIの株式投資型クラウドファンディングGEMSEE(ジェムシー) |挑戦者とともに歩む新しいベンチャーファイナンス

紫牟田慶輝

記事更新日: 2019/12/25

執筆: 編集部

SBIグループ傘下にて中小・ベンチャー企業の支援プラットフォーム事業を行うSBI CapitalBase株式会社が第一弾のサービスとなる株式投資型クラウドファンディングをリリースしました。

その名も「GEMSEE Equity」。

SBIグループとしての強みは?株式投資型クラウドファンディングを活用することのメリット、留意点は?この事業にかける想いは?等々代表取締役社長、紫牟田慶輝氏に取材しました。

プロフィール

紫牟田慶輝(しむた よしてる)

1975年福岡県生まれ。新日鉄、ファーストリテイリングを経て2019年SBIホールディングスに参画。現在、SBIグループにて中小、ベンチャー企業支援プラットフォーム事業を行うSBI CapitalBase株式会社の代表を務める。

原石と探究者をつなげる

ーサービス名称の「GEMSEE」とはどういう意味ですか??

実はGEMSEEは造語でして、Gemstone(原石)とSeeker(探究者)の掛け合わせなんです。課題解決や変革のために挑戦する者、Gemstoneと、その価値に共感し支援する者、Seekerとの協働という、私たちが目指すベンチャーファイナンスの姿を表現しています。

 

ー対象となるのはどのような企業でしょうか?

法律によりこの仕組みで企業が調達できる金額は1年で1億円未満と定められています。

従ってスタートアップであればプレシードからシリーズAの手前くらいまでが主な対象と考えていますが、上場を視野に入れたフェーズであっても、上場基準をクリアするための株主数を確保したり、上場にかかる費用を調達するなどのユースケースが考えられます。

また、創業からの年数は関係なく、課題解決や変革のためにチャレンジしようとする中小事業者様の資金調達にもお役に立ちたいと考えております。

気になるメリット・デメリット

ー起業家、投資家にとってのメリット、留意点があれば教えてください。

投資家様に関しては、これまで一部のプロに限られていた非上場企業への投資と支援の機会を得ることができる点が大きいです。

なお、弊社では投資家登録、投資にあたっての手数料は頂いておりません。

金額的には10万円程度からの出資が可能です。

もちろん投資なのでリスクもありますが、むしろ起業家と共にリスクを取り挑戦を支援していく、普段では得られないワクワク感を共有できればと考えています。

なお、リスクに関する詳細は弊社サービスサイト(https://gemsee.jp/)に記載していますのでご覧ください。

起業家様に関しては、資金と共に中長期的な支援者(株主)を獲得できることに尽きるかと思います。

弊社含めたSBIグループ全体およびその投資先、取引先含めた幅広いビジネスマッチングの機会提供とともに、SBIグループの情報発信力を活用頂き認知度を飛躍的に向上させることが可能です。

また、弊社でクラウドファンディングを実施頂いた企業様の次の資金調達に向けたサポート、アドバイスも継続的に実施してまいります。

株主管理、コミュニケーションの煩雑さを気にされる方もおられますが、この点については弊社が実務面含めた継続的なサポートを行います。

また、投資家と起業家の連携を円滑にするためのサポートも積極的に行い、起業家、投資家がともにメリットを感じられるような状態を作りたいと考えています。

どこでも新しい挑戦ができるように

―今後、どのような事業展開をお考えでしょうか?

SBIグループでは地銀との連携を通じた地方経済活性化を推進しております。

なので地方での起業、地場の中小事業者様の新しい挑戦を積極的にサポートしていきたいと考えています。

クラウドファンディングによって場所を選ばず支援することができるので、地方発のチャレンジを地元の方だけでなくその地方にゆかりのある他地域の方々も巻き込んで支援していくようなプロジェクトが創出できればと考えています。

 

ー最後にこのサービスに込めた思いをお聞かせください。

個人的なことですが、以前在籍していた会社で北京の合弁会社に5年ほど出向し、会社の基盤作りから携わったことが原体験としてあります。

当時中国全体が経済的に伸びていたこともありますが、成長意欲の高い中国人メンバーと共に挑戦を続け、会社として成長することができました。

一方で、日本に帰ってきたときには、なんとなく活力がないように感じました。

日本の新規開業率は欧米、中国と比べて低いといわれています。

こういった課題感もあり、この事業を通じて何か新しいことを始めよう、挑戦しようと頑張っている人たちを支援したいと思っています。

株式投資型クラウドファンディングによって起業家は資金に加えて中長期的な支援者を獲得することができます。

私自身も少人数で会社を運営している中で支援者の必要性を痛感しています。

このサービスを利用して資金と支援者を得ることで思う存分チャレンジして頂けると嬉しいです。

編集部

この記事を書いたライター

編集部

この記事に関連するラベル

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ