FC2アクセス解析

記事更新日: 2020/05/09

執筆: 編集部

編集部コメント

解析ツールをサイトに導入した時に発生する広告も小さく、数秒で無くなるのが特徴です。機能面でもただユーザーの訪問数をカウントするだけでなく、行動履歴を分析することができる便利なツールです。

1. サイト訪問者数のカウント

サイトのアクセス数を調べることが可能

2. 訪問者の最適化

自分やクローラーによるアクセスはカウントせず、純粋な訪問者の解析ができる

3. 解析の稼働率をチェック

ツールが正しく機能しているかページごとのチェックができる

良い点

複雑な解析は行わないため、アクセス数など知りたい結果を一目で確認することができます。それに伴い操作性も良く、シンプルで初心者でも扱いやすいツールです。

悪い点

アクセス解析をしていくにはサイト内に広告を張る必要があります。デザインにこだわる場合には配置場所への配慮が必要です。

費用対効果:

無料で使用可能ですが、他の無料解析ツールと比べると機能が少ないです。

UIと操作性:

管理画面の操作性が良く、慣れるまでに時間がかかりません。

セキュリティ:

SSLを適用したサイトでも特別に設定をすることなく解析ができます。

FC2解析の3つの特徴

1. アクセス解析の手助けになる機能

アクセス解析をする上では、余分なアクセスをカウントしないようにすることが大切です。確認のために自分のサイトを閲覧した場合やクローラーによる巡回によってアクセス数が変わってしまいます。

クローラーとはインターネット上で収集したWebサイトのページをのデータを収集してデータベース化するプログラムのことです。

そこでFC2アクセス解析は自分のIPアドレスを設定し、解析の対象から除外することができます。また、除外ホストの設定によりクローラーをカウントしない機能も備わっています。


アクセス除外やクリック解析などの機能

他の解析機能として、クリック解析というものがあります。

どのページにどれだけの訪問があったかを調べるだけでなく、ページ内にあるどのリンクをクリックしたかチェックすることもできます。サイトの運営をしていく中で、リンクが有効に働いているか把握するのは重要なことです。

2. 広告はあるが自動で消える

FC2アクセス解析を導入するには、条件としてFC2の広告をサイト内に張る必要があります。サイトのコンセプトやデザインとの兼ね合いで、大きな弱点にもなってしまうポイントです。

しかし、広告といっても大きな画像を張り付けるようなことはしません。公式にうたっているように、業界内でも最小のバナーとなっており、できるだけサイトの景観が保てるようになっています。例えば、下の画像のようなものです。

広告を一部抜粋

63種ものデザインが用意されています。人気があるのは、No61やNo62のようなシンプルな広告です。さらに、この広告は表示時間が8秒と限られているのもポイントです。

3, シンプルな管理画面で操作が容易

FC2アクセス解析では管理画面が非常にシンプルです。数あるアクセス解析ツールの中でもトップクラスのシンプルさで、管理画面の使い方もすぐに慣れるでしょう。


管理画面のサンプル

上の画像を見ると、その様子がよく分かります。左上にあるページ選択で特定のページを指定し、詳細を確認することができます。下に続く各項目を開けば、それぞれの目的に合った情報を右の大きな画面で確認することができます。

複雑な操作がなく、知りたい情報をすぐに知ることができます。

料金プラン

使用料金は無料

FC2アクセス解析は無料で使用することができます。サイト訪問者数のアクセス数のカウントのほか、上の画像のような各機能を使うことができます。

他のアクセス解析ツールでは無料版と有料版に分かれ、機能の制限を設けていることもあります。しかし、FC2アクセス解析は無料ツールとして完結しています。

機能拡張のアップグレードを催促されることもなく、シンプルな解析ツールとして集中することができます。

まとめ

自分のホームページやブログを持つ場合、どれだけアクセスされているのか気になるところだと思います。また、アクセス数を伸ばすためにもアクセス解析ツールの導入は必須です。いくつか無料で使えるツールがありますが、FC2アクセス解析を使う利点はやはりシンプルな操作性にあるでしょう。

アクセス解析をしたいがこのようなツールは初めてだという場合や、アクセス数が知れるだけで機能は十分だと思う場合にはFC2アクセス解析がおすすめです。

画像出典元:「FC2アクセス解析」公式HP

その他のアクセス解析

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ