ZEROウイルスセキュリティ

記事更新日: 2019/04/05

執筆: 編集部

運営コメント

継続的にコストカットをしながらセキュリティシステムを導入したい会社にぴったりのツールです。ライセンス料金の支払いで継続的に最新のセキュリティを利用できるため、更新手続き・費用が発生しません。

1. ウイルス検知機能

PCが怪しい動作をしていないか監視し、ウイルスの早期発見・防御を実現

2. 無断送信防止機能

PC内の重要な情報が送信される際は確認画面が発生

3. セキュリティ情報公開

PC起動時に現在のセキュリティ環境を事前にお知らせ

良い点

更新無しで常に最新のセキュリティが保たれるので管理する必要がなく、別途費用も発生しません。また、動作が軽いのも特徴です。

悪い点

動作が軽い分、一部のセキュリティツールよりも検知能力・防御面がやや劣ります。

費用対効果:

更新費用は不要で、常に最新のセキュリティを維持できます。

UIと操作性:

一目で必要な情報がどこにあるのか分かる使いやすい画面です。

知名度:

国際的に有名なセキュリティシステムよりやや性能が劣ります。

ZEROウイルスセキュリティの3つの特徴

1. 更新料0円で最新版を利用可能

「ZEROウイルスセキュリティ」は、端末固定・期限なしがメリットのウイルス対策ソフトで、大幅なコストカットが実現します。

1台に1本最初にインストールした端末を最後まで守ってくれるため、契約更新の追加料金無しに常に最新版を利用し続けられます。

ウイルス対策は情報の新鮮さが命であり新しいウイルスに常に対策していかなければならないため、セキュリティ面においてもポイントとなる特徴です。

端末が壊れる・OSの求めるスペックに満たないという状況にならない限り最新版が提供され、導入費用の大幅削減が実現します。

また、Windows 7からWindows 10にアップグレードなどOS間での更新にも対応しており、同一のPCであれば引き続き利用できます。


1台のPCを継続的にウイルス対策


追加機能を使用する際のみ拡張が必要なため別途費用が発生しますが、基本のウイルス対策は最初の費用発生のみで継続利用できコストカット効果が期待できるでしょう。

2. 様々なデバイスに対応

「ZEROウイルスセキュリティ」はPC以外にモバイル端末でも利用できるため、社外に持ち出す可能性のある機器のウイルス対策も実現します。

「ZEROウイルスセキュリティ」の特徴として、導入した機器を守り続けるという機能があるため、機種変更をしない限りは最新版を使い続けられます。

また、ウイルス対策だけでなく不正侵入対策・迷惑メール対策などの総合的なセキュリティも可能なため追加で他の対策システムを追加する必要性がありません。

PCが怪しい動きを検知し、防御機能でブロックまで行えるので安心してセキュリティを任せることができます。

社外でのPC業務もある営業マンなど、大事な資料を持ち歩く社員には特にオススメの機能です。

「ZEROウイルスセキュリティは」パソコンへの負荷が軽いため軽い動作が魅力で、電池を必要以上に消費することもありません。


Andoroid・iHPhineどちらでも使用可能

3. 専任者による継続管理が不要

「ZEROウイルスセキュリティ」は専属のシステム管理専任者がいない会社にもマッチできるよう、更新作業が不要で複雑な操作の必要がありません。

インストール時の設定作業や更新作業が不要なため、システム専任の管理者がいない企業でも安心して導入可能です。

また、多くの営業先を持っている会社でも各販売拠点・代理店にセキュリティ対策をスムーズに導入できます。


メイン画面も一目で分かりやすい


 
 
 

料金プラン


購入方法は2通りです。

導入したいデバイスごとに料金が発生し、更新料金は一切かからず最新版を常に導入できます。

30日間の無料トライアルもあるため、使用感を試してから契約を考えると良いでしょう。

トライアルお問い合わせはこちら

まとめ

コストカットを重視しつつセキュリティシステムの導入を考えている企業にぴったりなウイルス対策ツールです。

ライセンスごとに料金が発生し、OSがアップグレードしても使用PC自体が変わらなければ継続して使用できます。

モバイル端末やノートPCにも対応しているため外出が多い社員のセキュリティも守ります。

常に最新版を使用でき、更新費用・手続き・更新作業が必要ないため、継続的なコストカット・ウイルス対策が可能です。

 

 

画像出典元:「ZEROウイルスセキュリティ」公式HP

その他の【セキュリティソフト】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ