マネーフォワード クラウド会計Plus

記事更新日: 2022/09/30

執筆: 桐野ひさや

編集部コメント

IPOに準備、中堅・上場企業向けの内部統制強化に特化した会計ソフト

「マネーフォワード クラウド会計Plus」は、内部統制を保ちながらバックオフィスの効率化が実現できるクラウド型会計ソフトです。

業務分担にあわせてロール設定可能で承認を経て記帳され、登録から承認までの履歴も確認できるため、正確性や信頼性が担保されます。

2022年1月に改正された電子帳簿保存法にも対応。

原本を破棄できる要件を満たしているかを確認したうえでデータ化できるので、原本管理の負担なく証憑管理が可能です。

クラウド型なので監査法人とのやりとりもWeb上でスムーズにおこなえます。

類似サービスと比較したい方はこちら

まとめて請求する

会計ソフトを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

この製品について詳しく見たい方はこちら

製品を請求リストに追加する
良い点

クラウド型会計ソフトのため、導入・運用負担がなく、外部サービス連携も豊富なので、現在の環境から手軽に内部統制強化が実現できます。

悪い点

IPOを目指す企業向けに開発されたサービスです。個人事業主や上場しない企業ならマネーフォワード クラウド会計のほうが適しています。

費用対効果:

UIと操作性:

クラウドサービスのためインストールが不要で、外部連携サービスも豊富です。

知名度:

一般向け家計簿サービスも展開しているマネーフォワードですから知名度は抜群です。2021年のクラウド会計ソフト満足度NO.1にもなっています。

 マネーフォワード クラウド会計Plusの導入メリット4つ

1. 内部統制を手軽に強化できる

マネーフォワード クラウド会計Plusは、内部統制強化を実現する会計ソフトです。

IPO準備、中堅〜上場企業と比較的人数の多い企業に適しており、業務分担に合わせた権限を設定することもできます。

登録した認証情報を利用し、各金融機関から取引明細情報を自動取得、自動仕訳してくれるので業務効率化に役立つでしょう。

仕訳ログやユーザーログ、ロールログと徹底したログ管理ができるため、トラブルの早期解決だけでなく監査対応時も信頼性の高い情報を提示できます。

人材・コストを抑えつつバックオフィスを効率的化

2. 電子帳簿保存法に対応

マネーフォワード クラウド会計Plusは電子帳簿保存法への対応に必要な情報をデータ化できます

適格している書類は原本を破棄できるため、ファイリングの手間や原本保管スペースを確保する必要がなくなります。

データ化された帳簿は、証憑と仕訳を一つの画面で確認することが可能です。

スキャンした書類が電子帳簿保存法の要件を満たしていない場合、証憑の添付操作時にアラート表示が出るので、誤って原本を破棄してしまう心配がないのも嬉しいポイントです。

原本保管の手間を削減できる

3. IPO準備、中堅~上場企業400社以上が導入

IPO準備、中堅〜上場企業など400社以上が導入しているマネーフォワード クラウド会計Plus。

内部統制対応版である会計Plusが2020年にリリースされてから、すでに多くの導入実績があります。

上場企業のグループ会社に必要な内部統制フローを構築したい場合や、人材やコストをかけずにバックオフィス業務をスリム化したい企業におすすめです。

クラウド型会計ソフトのため自社内の運用負担もなく、外部連携サービスも豊富なので内部統制のスモールスタートもできます。

 

豊富な導入実績がある会計ソフト

4. 監査手続を効率化できる

マネーフォワード クラウド会計Plusは領収書などの証憑を添付することで、Web上で監査に必要なデータを共有できます。

紙ベースでのやりとりがなくなるので、監査前に書類整理や証憑を探す手間もかかりません

 スムーズなコミュニケーションで監査手続きの手間を軽減

マネーフォワードはクラウド会計Plusでも「SOC1 Type2報告書」*を受領しているため、サービスを利用している企業が監査を受ける際にも報告書を提供してもらい、監査に使用することが可能です。

クラウドサービスを利用することは、データの管理・運用を外部に委託しているということです。

監査の際には、社内の経理プロセスだけでなく委託している部分についても内部統制の有効性をどう担保しているかが問われます。

SOC報告書があれば、委託部分を担保するためにかける自社のリソースを極少なくすることができるのです。

IPOを視野にいれる企業なら、マネーフォワード クラウド会計PlusのようなSOC報告書を受領しているサービスに切り替えていくのがよいでしょう。

*SOC1報告書

SOC1報告書とは、アウトソーシング事業者(受託会社)が委託されている業務のうち、委託会社の財務報告にかかる内部統制を評価する保証報告書です。

Type 1報告書は基準日時点の内部統制のデザインの評価に関する保証報告書、Type 2報告書は特定の対象期間を通じたデザイン及び運用状況の評価に関する保証報告書となっています。

 

資料請求リストに追加する 

 マネーフォワード クラウド会計Plusのデメリット

・個人事業主・中小企業向けではない

IPOを目指している企業や、中堅〜上場企業向けにリリースされたマネーフォワード クラウド会計Plus。

個人事業主や中小企業であれば、Plusでないマネーフォワード クラウド会計のほうが低コストに利用できます。

将来的に事業を拡大するために内部統制強化を目指しているのであれば、マネーフォワード クラウド会計Plusがおすすめです。

 マネーフォワード クラウド会計Plusの料金プラン

マネーフォワード クラウド会計Plusは有料プランのみで、ユーザー数や利用範囲によって料金が変動します。

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ

※詳細につきましては、資料をご確認の上、お問い合わせください

競合製品との料金比較

競合にはクラウドERP freeeやジョブカン会計があります。

マネーフォワード クラウド会計Plusは外部連携や他サービスとの連携も優秀なので、コストを削減しながらバックオフィスのスマート化を目指したい企業におすすめです。

  マネーフォワード
クラウド会計Plus
クラウドERP freee ジョブカン会計
初期費用 要問合せ 要問合せ 0円
月額費用
(税抜)
要問合せ 会計プロフェッショ
ナルプラン:
39,800円
スタートアップ:
2,500円
エンタープライズ:
50,000円
無料トライアル なし なし あり
(30日間)
SOC SOC1 Type2 SOC1 Type2 公式HP上に記載
なし

 

資料請求リストに追加する 

 マネーフォワード クラウド会計Plusの評判・口コミ

請求書からスモールスタートで導入
株式会社カラダノート

クラウド請求書は事業部側からの要望もあり先に導入しました。 同じ要件で請求書が作成できるサービスはありますが、マネーフォワードはコストパフォーマンスが良かったです。 他社の製品だと制約が多すぎて、もう少しフレキシブルに組み換えをしたいと思っていたので請求書だけ導入するという選択ができたのも良かったです。

月次決算を5営業日短縮! マネーフォワード クラウドが大きな“戦力”に
株式会社リプロセル

以前のシステムのままでは、正直2名の体制では回りきらず、もう1人派遣社員を配置する必要も感じていました。 マネーフォワード クラウドを導入したことで、派遣社員1人分の人件費と時間を節約することができましたね。 かつ、できるだけ手入力・手集計を排して生のデータを活用できるようになったことで業務精度も向上しました。 担当者の手作業や運用でカバーしていた作業が一気に効率化できたのが大きいですね。

必要な情報の共有と見える化を限られたリソースですばやく実現
バリュークリエーション株式会社

エクセルのシートをCSVデータに加工してインポートすることで簡単に処理できます。 給与計算を担当する社労士事務所でも、マネーフォワード クラウド給与を使っていますが、各種データをAPI連携してもらうことで、会計Plus側にも自動連携され、確認・閲覧することができます。 また、銀行口座の仕訳をCSVデータで連携できる点も魅力でしたね。 銀行ともAPI連携できるので、預金残高などを会計Plusで確認できます。 何より、外部情報を手入力すること自体がヒューマンエラーの原因となるため、それを避けることができるのは大きなポイントでした。

*「マネーフォワード クラウド会計Plus」公式HP参照

 マネーフォワード クラウド会計Plusを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

 IPOを目指している企業・上場企業のグループ会社

本サービスの導入がおすすめなのは、上場を目指している企業や上場企業のグループ会社のような、バックオフィス業務を効率化しつつ、内部統制フローを強化したい企業です。

現在利用中のシステムからの移行も手軽で、IPOの準備で人員や予算が限定されている場合でも1ヶ月程度で移行・導入できます。

IPO準備企業を中心に400社以上が導入している会計ソフトなので、豊富な実績がある会計ソフトを利用したい企業にもおすすめです

 

 電子承認、電子帳簿保存法に対応した会計ソフトが欲しい企業

マネーフォワード クラウド会計Plusは電子帳簿保存法に対応しているため、紙の帳簿保管が必要ありません。

テレワークなどで出社が制限されている場合でも、原本管理の手間が軽減され、仕訳作業中の証憑を探す手間も省けます。

すべての仕訳が承認企業されるため正確性や信頼性の担保に繋がり、監査に必要な情報共有もWeb上でできるので監査法人とのコミュニケーションも円滑になるでしょう

資料請求リストに追加する 

向いていない企業

 シンプルな会計機能だけがほしい企業

マネーフォワード クラウド会計Plusは、クラウドサービスの特性を活かしさまざまな外部サービスとの連携が可能です。

しかし、会計ソフトに慣れていないと多機能すぎてシステムが複雑であったり、操作がしにくかったりします。

シンプルな操作性を求めている企業は、マネーフォワード クラウド会計のほうが適しているでしょう。

 まとめ

マネーフォワード クラウド会計Plusは、400社以上が導入している内部統制強化が実現出来るクラウド型会計ソフトです。

外部サービス連携も豊富なので、現在利用しているシステムやサービスとも柔軟に連携できます

クラウド型のため導入ハードルが低く、会計以外に人事労務などバックオフィス全体を連携できる会計ソフトを求めている企業に向いています。

 

資料請求リストに追加する 

画像出典元:「マネーフォワード クラウド会計Plus」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

会計ソフトの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

会計ソフト
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ