PrePay

記事更新日: 2018/11/09

執筆: 編集部

運営コメント

プリペイは、初期費用・月額利用料ともに0円で利用することができる給与前払いサービスです。また、アプリで申請できるため、急な出費にも対応することができる優れものです。

1. 給与前払い

チャージ式クレジットカードの初回登録で24時間365日受け取れる

2. 日払いルールの統一

手渡し・銀行振込・限度額など支店や部署などによってバラバラのルールの統一ができる

3. 事務処理もおまかせ

スタッフからの申請受付や資金管理など大変な事務処理を丸投げでおまかせできる

良い点

面倒な事務作業の代行と前払いの資金をプリペイが立て替えてくれます。利用した分と振込手数料のみの支払いで利用可能です。

悪い点

Webからの前払い申請は24時間可能だか、Webに慣れていない場合は電話でも申請できます。しかし、平日の9時~19時と休日の申請ができず不便に感じることも。

費用対効果:

キャンペーン期間中につき振込手数料のみで初期費用無料。従業員側も利用分と手数料のみと低コストで利用できます。

UIと操作性:

チャージ式クレジットカードを作成できるのでとてもシンプル。

セキュリティ:

暗号化通信でのやり取りで、国内トップクラスのセキュリティ体制が整っています。

プリペイの3つの特徴

1. 費用負担の少ない給与前払いサービス

プリペイは、初期費用・月額料金0円で給与前払いができるサービスです。

プリペイの利用者はチャージ式クレジットカードの初回登録をすることで利用でき、手続きも簡単。登録していれば24時間365日、即日で使うことができます。


プリペイ利用イメージ

企業側は、従業員の前払い資金をプリペイが立て替えてくれるシステムも整っているため、費用負担の軽減になります。

前払いシステムを導入することで、スタッフからの申請の処理・振込手続き・資産管理・控除額の管理など、通常の事務処理業務にプラスで行わなければならないことが増えてしまいます。

しかし、プリペイではそんな面倒な事務処理業務を全て丸投げできます。

プリペイから送られてきたスタッフのデータを、使用している勤怠管理ソフトに取り込むことで給与明細にも簡単に反映されます。


勤怠管理ソフトへの取り込みイメージ

採用率の低下や離職率の高い現代で給与前払いができるというのは、他の企業と差別化でき、企業としてもプラスイメージになることでしょう。

2. 急な出費もプリペイならスマートに

プリペイでの前払い申請は、電話とWebの2種類で行うことができます。

Webからの申請は24時間365日可能。さらに、Webのメニューから勤怠実績・利用履歴・給与残高の確認を行うこともできます。

すぐに現金が必要な場合や突然の出費は誰もが経験したことがあるのではないでしょうか?

必要な時に必要な金額をすぐに受け取れるというのは助かりますよね。


申請から利用までの使用イメージ

プリペイでは19時までに申請することで翌日入金してもらことができ、スピーディに対応してくれるのもメリットです。

銀行振込の場合、オプションのスピードExpressで13時までに前払い申請を行えば、当日入金も可能になり、突然の出費にも慌てることなく対応できます。


スピードExpressによる利用イメージ

前払い申請からの入金スピードの早さなど、低コストでありながら満足して利用することができるでしょう。

3. Webの前払い申請は簡単。安心のセキュリティとサポート

Web申請は非常に簡単。

プリペイのWebサイトにログインし、支払い上限額を確認します。確認した上で、必要な金額を前払い希望金額画面に入力します。

申請するボタンをタップ後、内容確認画面に移り、申請内容の詳細が提示され確定をタップ。

スマホでの前払い申請金額入力画面

確定するボタンをタップ後に完了画面が表示され、Webでの前払い申請が完了します。

スマホでの申請完了画面

前払い申請を行う上で、支払い上限額の確認は必須です。

なぜなら、前払いが行えるのは勤怠実績の最大8割。10万円分の勤怠実績があるとすれば、8万円までということになります。上限の確認は任意といえども設定しておくべきでしょう。

申請後はプリペイの事務局が申請内容を確認し、振込手続きを行います。

プリペイで振込手続きが完了すれば、申請した金額が銀行またはプリペイのチャージ式クレジットカードに振り込まれ利用できるようになります。

しかし、Web上での金銭のやり取りは不安という方もいるでしょう。

プリペイは国内トップクラスのセキュリティ体制が整っており、通信は暗号化され、不正利用の防止に努めています。さらに、プリペイ専用サポートセンターを設けて利用者が電話で直接問い合わせできるので、気軽に安心して利用できます。

企業側にも、使っている勤怠ソフトとストレスなく連携できるよう無料で初期導入のカスタマイズが可能。


料金プラン

企業側の初期費用は通常20万円かかります。キャンペーン中のため、振込手数料1回200円(税別)〜のみで、本来必要な初期費用20万円は不要。

さらに、継続的に利用するための費用も利用者側が支払う課金タイプであるため、企業が負担する費用はありません。

プリペイで利用した料金についての処理も、プリペイから送られてくる利用分データを使用している勤怠管理ソフトに取り込むだけ。


プリペイからの利用分データを取り込むと、利用した従業員の給与明細に上記のように項目が追加されます。

従業員側はチャージ式クレジットカードの初期登録で利用でき、チャージ後は買い物や銀行・コンビニなどのATMで現金を引き出すことも可能です。

さらに、プリペイで利用した料金と振込手数料のみと低コストで利用できます。

チャージ式クレジットカード利用イメージ

まとめ

働いていて、急な出費などで慌てたという経験は誰しもがあるのではないでしょうか。

そんな時に、一役買ってくれるサービスがプリペイ。セキュリティ体制も国内トップクラスと安心でき、申請から入金までのスピードも魅力です。

19時までに申請していれば翌日入金してくれますし、オプションのスピードExpressを使えば13時迄であれば当日入金も可能になり、利用する側としてはありがたいシステムです。

何より現在はキャンペーン期間中で、初期費用が無料。月額料金も無料で、導入するなら今がチャンスと言えるでしょう!

関連記事

【最新比較】おすすめの給与前払いサービス6選を徹底比較!評判や料金もご紹介

今回ご紹介する「給与前払いサービス」はその名の通り、規定の月払い給料日を待たずに従業員に賃金を支払う「給与前払い」を実現するためのサービスで…

画像出典元:「PrePay」公式HP

その他の【給与前払い】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ