アド給

記事更新日: 2018/11/28

執筆: 編集部

運営コメント

アド給は導入費用・ランニング費用・前払い資金0円でサービスを利用することができ、求人応募率アップと離職率低下で人材の確保につながります。

1. 給与即日払い

午前10時までに前払いの申請をすれば、当日中に給与支払いが可能

2. 24時間申請可能

Webブラウザから24時間いつでも前払いの申請ができる

3. 振込み手続き代行

前払いの振込手続きも、アド給が無料で代行

良い点

企業側は、導入費用・ランニング費用・前払い資金とコストゼロから導入可能で、さらに求人の応募者数アップ、離職率低下の歯止め役となります。

悪い点

受け取ることができる給与は働いた分の7割まで(企業側で自由に設定可能)で、申請金額に対しシステム手数料6%が必要です。

費用対効果:

ランニングコストも導入コストもゼロ。手数料も他サービスと比べ比較的安い。

UIと操作性:

シンプルな画面。管理画面も手間を省いた使いやすい形。

知名度:

他の同じサービスと比較するとやや低い印象。今後、積極的なメディア露出に期待。

デザイン:

青と白を基調とした清潔感のある、スッキリとしたデザイン。

サポート体制:

導入後フォローに力を入れており、人材トータルコンサルでもサポートしている。

アド給の3つの特徴

1. 導入費用・ランニング費用・前払い資金0円で導入可能

アド給では、導入費用・ランニング費用・前払い資金0円でサービスが提供されています。気軽に導入を試みることが可能ですし、仮に導入を辞めたとしても大きな負担を被ることがありません。

求人広告にかかる費用対効果もアップするため、人事コストの削減にも役立ちます。

アド給のような給与前払いサービスが登場した背景として、労働人口の減少とともに企業の人手不足が挙げられます。

しかし、実際に導入しようとしても導入費用が高いのではないか、導入後もランニング費用が高いのではないか、などの懸念から導入に踏み切れない企業もあるでしょう。アド給ではコストゼロで導入できるため、企業の不安を払拭してくれます。

もちろん、従業員に支払う前払い金もアド給側が準備し、システムも全て提供されるので、アナログ寄りな企業でも導入ハードルが低くて済みます。企業側で資金を動かす必要がないので、まずは試験的にアド給を導入してみるのもいいでしょう。

導入企業の負担は0円

2. 求人応募率アップと離職率低下で人材の確保

前述で、労働人口の減少に伴う企業の人手不足問題について触れましたが、各業界で求人の募集をかけても「なかなか人が集まらない」問題が出てきています。

対して、求職者の検索キーワードでは、「日払い」「前払い」が常にキーワードランキングの上位を占めています。このように、企業の給与支払いシステムと求職者の求める支払いシステムには相違があります。

アド給ではこうした問題に対し、給与の前払いをすることで企業と求職者との意識の違いを埋めてくれます。

結果的に、求人応募率アップと離職率低下で人材の確保につながります。働いた日数分の給料の7割のみ前払い可能で、スマートフォンやパソコンから24時間利用可能です(システム利用料、振込手数料含む)。

実際にアド給を導入した銀座に新規オープンしたお店では、一気に十数人の応募があった実績があります。企業は人材の確保ができますし、従業員は急な出費にも対応できるシステムというわけです。

求人応募率と従業員の定着率に貢献

3. アド給の評判・口コミ

アド給は、2018年現時点では比較的メディアの露出が少ないものの、お金と従業員自身の価値を上げるための手伝いになるサービスを目指しています。

アド給の中でも注目したいのは総代理店網が築かれており、全国のどこの企業でもフォローが可能な点です。また、企業内で困りごとがないか、人材トータルコンサルの面でもサポートを行っています。導入後の企業と結びつきも強くしているようです。

アド給を導入している企業では、次のような評判がありました。

 

アド給の利用率は多い月で全従業員の6割になった!

 

応募率約3倍、離職率が約40%減少した!

 

求人広告費の大幅な削減になった!従業員にも安堵感を与えている。

今後は導入企業の拡大や、金融業と人材業への専門化と展望を見せているアド給。今後の展開に期待できます。

アド給の特徴一覧

料金プラン

アド給は、導入コスト、ランニング費用、前払い金など全て0円で導入可能です。

ただし、従業員の申請金額に対しシステム手数料6%と、振込手数料(当日・翌日の場合)が発生します。企業側の負担は、このとき発生する手数料です。

従業員は、給料日にアド給で申請した金額と、システム手数料、振込手数料が引かれる形になります。コストゼロで導入できるので、試験的に導入してみるのもいいでしょう。

まとめ

以上、アド給について紹介しました。今後、どのような展開を見せるのかも注目したいところです。

  • 人材の確保につなげたい
  • 給与前払いサービスを導入したいが、面倒なシステムは避けたい
  • コストゼロで導入したい
  • 導入後のフォローもお願いしたい

このような企業にアド給はおすすめです。アド給のような給与前払いサービスは、まだなじみの薄いシステムです。しかし、今後働き方にさらなる変化が起これば、様々な企業で導入されることになるでしょう。

関連記事

【最新比較】おすすめの給与前払いサービス6選を徹底比較!評判や料金もご紹介

今回ご紹介する「給与前払いサービス」はその名の通り、規定の月払い給料日を待たずに従業員に賃金を支払う「給与前払い」を実現するためのサービスで…

画像出典元:「アド給」公式HP

その他の【給与前払い】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ