スマートOCR請求書

記事更新日: 2021/03/24

執筆: 編集部

編集部コメント

無料トライアルもできる「スマートOCR 請求書」は、AI技術の高精度な文字認識により正確な読み取りを実現しています。様々なフォーマットに対応し、白文字、透かし文字、離れ文字にも対応し読み込むことができます。従来の手入力や、OCRを導入していても位置定義に時間がかかってしまっていている企業におすすめです。

受取請求書データ化サービスを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

受取請求書データ化サービスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

高精度な読み取り技術により、フォーマットの違いや書類のゆがみなどにも対応し、より正確でスピーディーな請求書読み取りが可能です。

悪い点

紙の書類のスキャンとアップロードは自社での作業が必要です。

費用対効果:

初期導入費用は100,000円ですが、既にスマートOCRを導入済みの企業は初期費用は無料です。

UIと操作性:

スマホの撮影でもOCR変換フォルダへ入れれば、自動アップロード機能でアップロードが可能です。

サポート体制:

必要に応じて抽出設定代行サービス等をオプションで利用することができます。

スマートOCRとは

「スマートOCR」は株式会社インフォディオが提供する、高度な文字認識のOCRとRPA(ロボッティック・プロセス・オートメーション)を連携させた総合ソリューションです。

RPAツールだけでは対応できない紙文書のデータ化に焦点をあてたサービスで、エントリー業務までを含めた一連の業務プロセスを自動で実行できます。

「コスト削減」「ミス防止」「業務効率化」「人手不足対策」を目指す企業において、このようなOCRとRPAを連携させたサービスの導入が年々増えています。


OCRとRPA連携で業務効率化
 

スマートOCRは様々な帳票に対応できる汎用的なサービスですが、帳票ごとに特化したパッケージもあり「スマートOCR 請求書」もその一つです。この記事では、スマートOCR 請求書についてご紹介します。

スマートOCRパッケージサービス

スマートOCR 請求書(請求書パック)
・領収書・レシート基本パック
・名刺基本パック
・運転免許証基本パック
・健康保険証基本パック
・源泉徴収票基本パック
・決算書基本パック

スマートOCR請求書の特徴3つ

1. AIによる高精度な文字認識

請求書の手入力によるデータ化をOCRに移行したはいいものの、文字の確認や修正に時間がかかってしまっているケースは多いと思います。

「スマートOCR 請求書」はより高性能な技術で、さらには請求書300枚を最短30分で処理できるスピードで、それらの問題を解決してくれます。

他のOCRサービスで非対応になりがちなもの

・写真で撮影した書類(ゆがみ・台形)
・手書き文字
・白抜きの文字
・網掛け・透かし文字
・印鑑がかかってしまっていている文字

他のOCRサービスで非対応になりがちな、写真で撮影した際のゆがみや台形になってしまった書類も、プロジェクトマッピングを利用したAI歪み補正エンジンで、補正し、読み取りが可能です。

手書きの文字なども、スマートOCR 請求書のAI文字認識エンジンで、読み取りができます。

このように、フォーマットに対して柔軟に対応しているため、取引先に請求書送付についてフロー変更を依頼する必要もありません。


AIによる高精度な文字認識・ゆがみ補正
 

2. 自動アップロード機能

通信環境などの問題で、ファイルのアップロードにも時間がかかりすぎるな、と感じていませんか?

「スマートOCR 請求書」の自動アップロード機能で業務にかける時間を大幅に短縮できます。

この自動アップロード機能は、指定のフォルダーにPDF請求書データを入れるだけで自動でスマートOCRにアップロードをしてくれます。

このサービスはオプションプランなので、+月額5,000円で利用することができます。

請求書受取サービスやスキャン代行サービスなどは行っていないため、スキャンしてフォルダに入れるまでは自社で作業する必要があります。


自動アップロード機能
 

3. マスター連携機能

「スマートOCR 請求書」では、マスターと連携することで取引先の会社名や電話番号、会社コードや担当者名とすり合わせ自動表示することができます。更に、商品名をひろって商品コードを表示することも可能です。

会社コードや商品コードとリンクされることで、その後のデータの管理がしやすくなります。

またもし読み取りのできない請求書があった場合は、抽出代行サービスが用意されています。1インシデントにつき5,000円で利用が可能です。


マスター連携機能

 

スマートOCR請求書の料金プラン

初期導入費用は100,000円で、すでに他のスマートOCRサービスを導入済みの場合は初期費用はかかりません。月額費用は30,000円~です。

無料トライアルでは10枚までOCR変換を試すことができます。

有料トライアルもあるため、より多くの請求書処理の使用感を試したい企業におすすめです。




スマートOCR請求書の評判・口コミ

2時間かかっていた処理がなんと10分に
株式会社JTBマネージメントサービス

AI-OCR「スマートOCR」導入事例

当初利用開始した際に、圧倒的な文字読み取りの精度に驚かされました。非定型のフォーマットでも、設定をすれば対応できる点もとても魅力的です。特に便利なのがマスター機能で、店舗情報と店舗コードを紐づけすれば店舗コードが自動的に付与されます。大幅な効率化に繋がりました。

*「スマートOCR 請求書」公式HP参照

まとめ

この記事では、「スマートOCR 請求書」の評判や口コミ・特徴・料金を紹介しました。

請求書受取・代行サービスなどはなく、シンプルに、AI-OCRのデータ化の精度とスピードに特化しているのが「スマートOCR 請求書」の特徴です。

請求書のOCR変換の精度とスピードを上げたい、というユーザーは是非トライアルの利用をおすすめします。

画像出典元:「スマートOCR 請求書」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

受取請求書データ化サービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選する受取請求書データ化サービス
受取請求書データ化サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ