sweeep

記事更新日: 2021/03/24

執筆: 編集部

編集部コメント

「sweeep」は月額料金30,000円の低価格から利用が可能!AIにより仕訳・振込を自動化し、請求書の処理すべてを効率化できる、受取請求書データ化サービスです。50以上の会計システムと連携でき、経理のプロが作った、経理に特化した使いやすいUIです。「紙の請求書処理やめます」というキャッチコピーのとおり、脱紙の請求書を目指し、請求書処理全般の効率化を目指したい企業におすすめです。

受取請求書データ化サービスを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

受取請求書データ化サービスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

AIによる自動仕訳機能と会計システムとの連携機能を備え、請求書の回収から承認、保管、振込業務まで、請求書にかかる全ての処理を効率化できます。

悪い点

取引先に紙からデータへの移行を依頼する際は、自社から行う必要があります。データ化が難しい場合、「atena」という郵便物受取代行サービスを利用する方法もあります。

費用対効果:

月額30,000円の低価格からの利用が可能で、請求書の回収から承認、保管、振込業務まで、請求書にかかる全ての処理の効率化が実現できます。

UIと操作性:

請求書の口座情報を自動で読み取り、総合振込データの作成が可能、また、50を超える会計システムとの連携も可能で、経理業務に使い勝手のよいUIです。

社外連携:

「Freee」や「弥生」など50を超える会計システム、郵便管理クラウド「atena」、チャットツール「Slack」や「Chatwork」などとの連携が可能です。

sweeepの特徴3つ

1. 請求書の回収・承認・保管が効率化できる

「sweeep」の一つ目の特徴は、請求書の受取り・回収から承認、保管までの処理がスムーズに行え、効率化できることです。

請求書のオンライン回収はもちろん、郵送で届く紙の請求書は「atena」というクラウド郵便管理サービス(オプション)を利用することができ、受取代行・開封・スキャンニング・電子化まで任せられるので安心です。


sweeepとatenaで業務効率化&テレワーク化


今まで部署から部署へと承認のため回されていた請求書は、PC上での承認作業が可能になります。

さらに、受領漏れチェック機能では、受領もれ・回覧もれ・支払いもれが防止でき、請求書の処理がどこまで済んでいるのかを一目で確認することもできます。

請求書の保管においては、OCRを使って自動でタグづけされるので、フォルダの管理やファイル名変更などの手間もかかりません。

検索も簡単、電子帳簿保存法にも対応可能、厄介なファイリング作業も、そこにかかるコストも削減でき、一石二鳥、三鳥、四鳥…と言えるでしょう。


請求書のオンライン回収で効率化が実現
 

2. AIによる自動仕訳機能

「sweeep」の二つ目の特徴は、AIによる自動仕訳機能です。

AI-OCRでスキャンされた請求情報は、98.53%の精度で文字解析され、請求書を正確にデータ化できます。

さらに、AIは一度読み取った請求書を記憶するので、次回からはさらに高い精度での読み取りが可能になります。

一方、読み取りの精度においては、99.9%の数値を出す他社ツールもあり、それらと比較すると98.53%という数字は、少々心許なく感じられるかもしれません。

ですが、導入企業からは、「AIが出す答えは100%正解ではないが、間違える際のパターンを理解すれば対応は難しくない」、「AIが間違えることに問題は出てない 」という前向きな評価があがっています。

多少のミスには修正で対応、とにかく請求書管理の業務フローの効率化を目指したい企業にはおすすめです。

AIが自動で仕訳

3. 導入企業からも高評価!経理に特化したUI

「sweeep」の三つ目の特徴は、振込機能や会計システムとの連携機能が充実し、経理業務に特化されたユーザーインターフェースであることです。

振込業務では、請求書の銀行口座情報を自動で読み取り、全銀協フォーマットの総合振込データを作成することができます。

連携できる会計システムは「Freee」や「弥生」、「マネーフォワードクラウド会計」など50を超え、勘定項目や各種マスタ、仕訳、ファイルボックスの連携が可能です。

ちなみに連携できるのは会計システムだけでなく、郵便受取代行サービス「atena」やチャットツール「Slack」や「Chatwork」などとの連携も可能で、社内業務全体の効率化が狙えます。


連携できる会計システム(上記以外でもインポート機能があれば連携可能)

 

sweeepの料金プラン

sweeep単体での利用

月間1,000枚を超える場合は見積もりのため、別途問い合わせが必要です。

スターターパッケージ(sweeep+atenaの同時契約)

特徴1で紹介した、クラウド郵便管理サービス「atena」を同時に契約するプランです。

非常にお得なプランで、両社のサービスを個別に契約した場合と比べ、約半額で利用することができます。

月額料金(税別):3万円(通常価格:月額6万円〜)

パッケージ内容
・月50通まで
・郵便物受取・スキャン・sweeep取込・転送

sweeepの評判・口コミ

7営業日かかっていた業務が3.5営業日へと短縮
株式会社ZOZOテクノロジーズ

sweeepに決めた一番の理由は「経理業務に特化しているUIだった」というところです。導入後、一番大きく変わったのは、締め日の大幅短縮が実現でき、それまで7営業日かかっていた業務が3.5営業日へと短縮できました。
紙で請求書を送ってきていた取引先には1社ずつ連絡をして次からデータで送ってもらうようお願いしていきました。未だ残る3割の紙の請求書の対応ですが、atenaを導入してかなり効率化できました。

締め作業も書類の保管も効率化実現
アーツアンドクラフツ株式会社

月次決算がだいぶ早まり、締めにかかる日数は5営業日早くなりました。 今まで月次の締め業務に多くの時間がかかっていましたが、sweeepを使うことで入力作業が自動化され、締めてからはインポートするだけで支払作業が終わるのでかなり簡潔になりました!
締めの作業以外にも書類保管や保管されているデータの抽出が劇的に効率化されました。AIが出す答えは100%正解ではないですが、間違える際のパターンを理解すれば対応は難しくないです。

*「sweeep」公式HP参照

まとめ

この記事では「sweeep」の特徴・評判・料金を解説しました。

AIにより仕訳・振込が自動化でき、請求書処理全般の効率化が狙えます。

紙の請求書からの脱却を図れば、郵便受け取りのための出社も非効率な押印業務もなくなり、完全テレワークでの経理業務を実現できます。

受取請求書データ化サービスの導入を考えている企業は、一度「sweeep」を検討してみることをおすすめします。

画像出典元:「sweeep」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

受取請求書データ化サービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選する受取請求書データ化サービス
受取請求書データ化サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ