ACT-NetPro

記事更新日: 2020/08/27

執筆: 編集部

編集部コメント

営業や経理、管理部門において会計業務の悩みを解決したい企業におすすめの債権管理システムです。「ACT-NetPro」は、コスト削減・業務簡素化、内部統制対応など経営課題の解決のため、会計のプロにより開発されました。経営分析からシステム運用までの一貫したサポートを提供したり、簡単操作による会計業務を実現したりするなど、利用者に寄り添った会計システムです。

債権管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

債権管理システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

1. 債権/債務に関する会計処理

経理業務での利用や取引を想定した機能を実装

2. 基本会計処理

科目・仕分けの自動化、会計以外のシステムとの連携、承認プロセスに応じた伝票処理

3. 経理管理

情報の一元化により日次業務から年次業務まで業務の効率化が可能

良い点

経営分析からシステム運用まで一貫したサポートが利用でき、コスト削減、業務簡素化、内部統制対応など、営業や経理、管理部門など、それぞれにおいての課題解決が期待できます。

悪い点

国内においての導入事例は他の債権管理システムと比較すると少ない印象です。

費用対効果:

UIと操作性:

操作画面は直感的にわかりやすいメニューで構成されていて、簡単操作で複雑な会計業務が実現できます。

知名度:

国内における知名度は高くありません。

サポート体制:

経営コンサルタント、会計士、エンジニア、データサイエンティストが、それぞれの専門性をいかし、経営分析から運用まで一貫したサポートを実現します。

導入ハードル:

既存の基幹システムへの連携が可能なので、独自開発の基幹システムを使用していても安心です。

ACT-NetProの特徴3つ

1. 経営分析からシステムの運用まで、一貫したサポート体制

「ACT-NetPro」の最大の特徴は、経営分析から始まりシステム運用までを支える、一貫したサポート体制です。

長年培ってきた経営コンサルティングとシステムコンサルティングの知識とノウハウをいかし、導入前の経営分析、システムの導入、そして、システムが現場担当者により効率的に運用されるようになるまで、長期的に支えてくれます。

導入時は、経営コンサルタントによる経営分析からスタートします。「ACT-NetPro」を提供するBBS社のコンサルティングの歴史は古く、50年間で培った知識とノウハウを根拠とするコンサルティングは信頼できるものでしょう。

導入後のトラブルでも安心です。筆者もよく経験しましたが、売上伝票など、現場での入力時に何らかのエラーが発生した際、その原因が、現場のミスによるものなのか、それとも、システムに問題があるのか、または、経理との連携がうまくいっていないからなのか、というようにエラーの原因を特定できないことが頻繁に起きます。

「ACT-NetPro」は、システムを理解している会計士が業務を分析し、さらに、会計を理解しているエンジニアがシステムを構築するなど、一貫したサービスの提供を徹底しているので、このような問題が生じても安心です。

経営コンサルタント、会計士、エンジニア、データサイエンティストが、それぞれの専門性をいかしながら、新システム導入から運用までを支えます。


経営コンサルタントやエンジニアなどに支えられ提供されるサポート

2. 部門それぞれの課題解決を目指す会計システム

「ACT-NetPro」の2つ目の特徴は、営業や経理、管理部門など、それぞれの課題解決を目指すための会計システムであることです。

営業や経理部門においては、OCRの活用によりペーパーレス化を目指すことで、ファイリングなどの雑用における負担を軽減し、それにかかるコストの削減が期待できます。また、ITを活用し、より簡単な操作で会計業務を実現すべく工夫が凝らされているので、日々の会計業務はもちろん、決算業務の効率化や早期化が見込めるでしょう。

さらに、グループ企業の情報を一元化する機能により、グループ間での情報共有が容易になり、同時に、それぞれのグループはビジネスの全体像がより鮮明に把握できるようになります。

このグループ企業の情報一元化の機能は、営業や経理部門のみならず、管理部門においても大きな役割を果たすでしょう。それまで、個別に回収していた情報収集作業は不要になり、管理画面を開けば、いつでもグループ企業の状況が把握できます。

内部統制に対応する機能を備えているので、業務効率を改善しながらも、法令を遵守するという、今日の企業が抱える難問にも十分に対応が可能です。

このように、「ACT-NetPro」は、企業のそれぞれの部門における課題解決を目指します。


それぞれの部門の課題解決を目指すことで、経営テーマの現実を把握する

3. 簡単操作とストレス軽減

「ACT-NetPro」の3つ目の特徴は、簡単な操作と利用者のストレス軽減を目指したシステムであることです。

画面は理解しやすいメニューで構成されていて、直感的な操作が可能です。画面構成は、大分類・中間メニュー・小分類のタグで構成されていて、基本会計・債権・債務などが大分類、マスタ・伝票・締め・連携などが中間メニュー、さらに入力・帳票などが小分類として構成されています。

タグを見れば、おおよその操作方法が把握できるので、引継ぎのための細かなマニュアル作成の必要もありません。

また、業界独特の事業会計に則った基幹システムを使用している場合でも、その体系を維持したまま導入することが可能です。従来の操作方法を変えずに、新しいシステムを利用することができるので、新システム導入による現場担当者のストレスも軽減されるでしょう。

このように「ACT-NetPro」は、利用者の使い勝手に配慮したツールだといえます。

ACT-NetProの料金プラン

詳細はお問い合わせの必要があります。

ACT-NetProの評判・口コミ

各種データ管理を一元化し、経理業務の効率化を図る
株式会社九州屋

ACT-NetProの導入効果としては、まず情報管理を一元化したことで、二重入力や検算といった作業負担が軽減され、作業時のミスも減少したことが挙げられます。特に、導入後初めての決算では、経理スタッフの残業が減るなど効率化の効果が目に見えて現れ、非常に喜んでいます。

管理会計の充実・決算早期化・運用コストの軽減を実現する
日本証券代行株式会社

BBSさんは、会計専門のコンサルティング会社であり、経理業務に精通していたこと、また、内部統制機能も充実しており、将来性を感じ導入を決定しました。導入後は、日々の経理業務を効率化し、システム連携をとることで決算を早期化できました。決算(月次)は3日の短縮を実現しています。

スムーズな導入
山陽電気鉄道株式会社

Web現場入力モジュールを利用して各部署から直接伝票入力が可能になったことで、各種チェックや承認などの伝票確定処理が非常にスムーズになりました。ACT-NetProが持つWeb現場入力モジュールは驚くほどスムーズに現場部門へ導入することができ、現場担当者たちもストレスなく新システムでの業務を進められています。

*「ACT-NetPro」公式HP参照

まとめ

コスト削減や業務簡素化、係数管理、内部統制対応などの問題を解決したい小中規模の企業にはとくにおすすめです。

会計のプロにより考えられた「ACT-NetPro」は、経営コンサルタントや会計士、エンジニアなど専門家による、経営分析からシステム運用までの一貫したサポートを提供してくれるので、経営や会計に纏わるどのような課題でも解決に導いてくれるでしょう。

また、簡単操作により複雑な会計業務を実現するなど、利用者の使い勝手を重視したシステムなので、作業の簡素化や効率化、ストレス軽減などが期待できます。

少子高齢化による労働人口の減少や、働き方改革による時間外労働の上限規制などにより、企業における業務は効率化と簡略化が必須です。決算期は泊まり込み覚悟などという意識では、これからの時代にはついていけません。

時代にフィットする会計管理を考えるなら、「ACT-NetPro」を検討してみてはいかかでしょうか。

画像出典元:「ACT-NetPro」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

債権管理システムの資料を一括ダウンロード

その他の債権管理システム

起業ログが厳選する債権管理システム
債権管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ