マネージドクラウド for WEB

記事更新日: 2020/06/10

執筆: 編集部

編集部コメント

コントロールパネルでサーバー設定が可能で、障害に対しても高い可用性を持ち、柔軟なスペック増減と複数サイト運用などのコスト削減も見込めます。

スペックを用途に応じて簡単変更

必要に応じたリソースの増減が可能で、「高い可用性・拡張性」を活かして無駄な費用を抑えることができる。

Webサイトごとに管理権限を委譲

Webサイトごとに管理権限を、委譲することができ、複数のサイト管理が必要な際、運用コストの削減が見込める。

サーバー知識不要で簡単操作

Webサーバーやメールサーバーの設定を専用コントロールパネルから簡単に操作。

良い点

サーバー知識不要でコントロールパネルで簡単操作でき、「高い可用性・拡張性」でコスト削減が可能です。

悪い点

無料お試し期間は使用できる機能が制限されます。

費用対効果:

キャンペーンサイトなどサーバーの利用状況に応じて料金体系を変更できます。

UIと操作性:

Webサーバーやメールサーバーの設定を専用コントロールパネルから簡単に操作できます。

マネージドクラウド for WEB(フォーウェブ)の3つの特徴

1.簡単操作でコスト管理

「マネージドクラウド for WEB」は、サインアップ後に環境構築やスペックの変更が簡単に設定できます。

Webサイトごとに管理権限を、委譲することができるためWeb制作会社など複数のサイト管理が必要な方は運用コストの削減が見込めます。

キャンペーンなどで一時的にアクセス増加が見込まれる時やWebサイトの拡張が必要になった時でも、必要に応じたリソースの増減が可能で、無駄なコストを抑えることができます。

2.万全なセキュリティ環境

ファイアーウォール設定やメールSPAM対策設定など、セキュリティ機能が充実しています。

有料ですが、Webアプリケーションの脆弱性を悪用する攻撃を検出・防御し、保護するためのセキュリティツール「WAF(Web Application Firewall)」が管理画面から簡単に設定可能です。

3.充実したサポート

365日電話やメールでの無料サポートサービスや操作方法など対応しています。

マニュアルや不明な点が検索できる「マネージドクラウド for WEB」専用のサポートサイトがあり、SNSでは緊急のメンテナンス情報なども載せているので親切なサポートと言えます。

マネージドクラウド for WEB(フォーウェブ)の料金プラン

初期費用は無料となり、1台構成と複数台構成から選択できます。

2週間の無料お試し期間があります。

上記の料金表は1台構成の場合で、複数台構成、追加HDD、回線スピードなど料金体系は多岐に渡りますので、用途や状況に合わせて、要問い合わせとなります。

まとめ

マネージドクラウド for WEB(フォーウェブ)の特徴・評判・料金について解説しました。

この機会に是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「マネージドクラウド for WEB」公式HP

その他のホスティング

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ