どこでもデスクトップ

記事更新日: 2020/04/14

執筆: 編集部

運営コメント

「どこでもデスクトップ」は安全・かんたんにテレワーク(在宅勤務・リモートワーク)の管理ができるシステムです。ログインするだけで使える仮想デスクトップは、万全なセキュリティ対策が施され、情報漏洩を気にせず作業できます。テレワークを導入したいけれど、セキュリティやコストで悩んでいる企業にはおすすめのツールといえるでしょう。

1. 導入が簡単

ブラウザからログインしてすぐに使用開始できる

2. セキュリティ

ローカルと完全分離しているので安心

3. 仮想デスクトップ

ハイスペックマシンとして利用可能

良い点

ブラウザからログインすれば即利用可能です。ローカルとは完全に分離しているので、情報漏洩を気にせずに利用できます。

悪い点

InternetExplorerでは利用できないようです。

費用対効果:

時間課金制ですが、仮想コア数によってプランがわかれ、料金も異なります。月額プランの用意もあります。

UIと操作性:

ブラウザにログインするだけで利用可能です。クラウド上の仮想デスクトップのため、高性能マシンとして利用できます。

セキュリティ:

ローカルへのダウンロードができないので、情報漏洩の心配がありません。

どこでもデスクトップの特徴3つ

1. 簡単に使える

「どこでもデスクトップ」の最大の特徴は使い方が簡単なところです。面倒で難しい設定の必要がないので、使い始めのストレスがありません。

ブラウザでインターネットに接続後、ログインするだけです。そこが各人に割り当てられた仮想デスクトップになっているので、すぐに作業が開始できます。

「どこでもデスクトップ」という名前の通り、インターネットに繋がるPCがあればどこでも作業できるシステムです。

ログインすれば即利用可能

作業開始までが簡単なのは利用者にとって大きなメリットですが、その他にも、作業の効率が格段に上がるという利点があります。

「どこでもデスクトップ」はクラウド上の仮想デスクトップで作業を行うため、どのようなPCでもハイスペックマシンとして利用できるからです。

作業用に割り当てられているPCがロースペックであっても、「どこでもデスクトップ」を利用することでハイスペックマシンでの作業が実現できるのです。「どこでもデスクトップ」の利用者の満足度が高い要因のひとつに、このような仕事へのモチベーションアップも挙げられます。

2. セキュリティ対策

次に紹介する「どこでもデスクトップ」の特徴はセキュリティ対策も万全なところです。テレワークの導入に関する悩みの一つである問題点も、「どこでもデスクトップ」は簡単にクリアします。

テレワークを導入する際、管理者にとって最も気になるのはセキュリティではないでしょうか。

「どこでもデスクトップ」は完全クラウド型のツールですが、世界でも有数の安全環境であるAMAZONクラウドを利用しています。

安全なクラウドを利用しているといっても、プライベートなマシンを利用した場合のデータ管理も気になるところです。その点、「どこでもデスクトップ」はブラウザを通した仮想デスクトップを利用し、ローカルとは完全に分離しているという強みがあります。


ローカルとは完全分離


作業は完全に仮想デスクトップで行うため、自分のPCへのデータのダウンロードはできないようになっています。そのため、情報漏洩はもちろんのこと、個人のファイルとの混合など、トラブルに繋がるようなことも防げます。


ローカルへのダウンロードはできません


このように、「どこでもデスクトップ」では様々なセキュリティ対策がとられているため、安心して利用することができるのです。

3. 管理者も使いやすい

「どこでもデスクトップ」の特徴3つ目は、利用する側だけでなく、管理する側も使いやすいというところです。労働時間やコストなど、管理者も利用しやすい工夫が「どこでもデスクトップ」にはあります。

セキュリティに次いで気になるのが、テレワークをする際の従業員の労働時間ではないでしょうか。働き方改革を受け、管理者は従業員の労働時間もチェックが必要です。

「どこでもデスクトップ」ではシステムの稼働時間を管理することが可能です。テレワークで目が届かない場合でも、システム自体の稼働時間を管理することで、従業員の管理も可能になります。


稼働時間による労働時間の管理が可能


コスト管理も重要な責務と言えます。テレワークを行うにあたり、貸与するPCをはじめとする環境整備にはコストがかかります。

しかし、少数からの導入が可能な「どこでもデスクトップ」は従業員の人数に合わせて増設の手続きを行うだけで環境整備は完了します。必要な時だけ利用したい場合、時間課金制という料金体系があるのも、コスト削減には有効です。


コスト削減も実現

 

どこでもデスクトップの料金プラン

上の表の通り、仮想コア数によりプランがわかれ、料金が異なります。月額プランや初期費用については、お問い合わせが必要です。

どこでもデスクトップの評判・口コミ

1台からの利用が可能
株式会社キャスター

競合品が数十台からの契約に対し、1台から利用できるが導入の決め手でした。ポケットWi-Fiを利用してどこでも使え、料金体系が時間課金制なのも魅力的です。情報を管理する立場としては、個人の端末にデータを落とせないなどの工夫も良い点です。

簡単で満足できる性能
株式会社ヘノブファクトリー

ログインするだけですぐに使える簡単さには驚きました。ブラウザの中でログインして使用するため、情報漏洩の心配がなく、また、スペック面でも大満足です。設定が簡単で、セキュリティ、スペックともに要求をクリアしたシステムです。

*「どこでもデスクトップ」公式HP参照

まとめ

セキュリティやコストを気にしてテレワークの導入を悩んでいる企業にはうってつけです。ローカルとは完全分離型の仮想デスクトップを利用する、というのが「どこでもデスクトップ」の大きな特徴だからです。

テレワークを導入したいけれど、小さいロットで導入したい、利用したい時が限られているという企業にはとくにおすすめです。

コストを抑えつつ、快適な作業環境が得られる「どこでもデスクトップ」は、管理者の負担軽減だけでなく、従業員のモチベーションアップに最適なシステムといえるでしょう。

画像出典元:「どこでもデスクトップ」公式HP

その他の【ロゴ作成】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ