【起業LOG×StartPass連載企画投資家インタビュー】KVP御林洋志氏 御林さんが会いたい起業家とは?!

【起業LOG×StartPass連載企画投資家インタビュー】KVP御林洋志氏 御林さんが会いたい起業家とは?!

記事更新日: 2020/06/08

執筆: StartPass運営(寄稿)

※こちらの記事はStartPassによる寄稿記事です。

皆さま、こんにちは。StartPass運営です。

本日より、「〜起業LOG×StartPass連載企画〜投資家インタビュー」を開始させて頂きます。

第1弾は、KVP御林洋志様にお話をお伺い致しました。

KVPさんの投資先は、投資後18ヶ月以内のバリューアップが、90%以上だそうです!

昨今のような、時代のうねりが、渦巻いている時に、VCさんが会いたい起業家の条件とは?!

令和をつくっていく起業家や、まだぼんやり起業というキーワードが気になる方、

特に、起業直後〜シード期の、「その領域において誰よりも情熱を持って、大きな市場に挑戦している、起業家」の方へ、

非常に、有益な内容になっております。皆さまの起業家人生に、お役立て頂けると本望です。

株式会社KVP パートナー/御林洋志様

 
有限責任監査法人トーマツにて会計監査・株式公開支援業務を経験した後に、米国シリコンバレーのベンチャーキャピタルにてスタートアップへの投資業務・コンサルティング業務に従事。2013年1月グローバル・ブレイン株式会社にキャピタリストとして参画し、複数のベンチャー企業への投資実行、経営支援、エグジットを経験。2016年3月よりKVPに参画。

 

Q1.御社の投資基準を教えてください

1.出資先のジャンル

投資領域はIT領域なら幅広く対象で、あえて業種をフォーカスせず、柔軟に投資していく戦略です。

事業領域としても、物流・建設などの既存産業の構造を再定義するような領域から、ミレニアル世代やZ世代と言われるようなデジタルネイティブ向けのサービスを展開する起業家など本当に様々なサービスを展開している起業家に投資しています。

ビジネスモデル別では、マッチングプラットフォーム・シェアリングエコノミー、メディア、SaaS、コマース、Fintech・XR・IoT等のテクノロジー分野まで投資しています。

2.バリュエーション・獲得シェア

1号ファンド2号ファンド合わせて、シード・アーリーステージのスタートアップに特化して70社以上に投資実行しています。

メインの投資ステージはシードラウンドで、バリュエーション2億円~4億円程度が最も多くなっています。また、シリーズAラウンドも投資しているとともに、設立直後の起業家へのプレシードラウンドへの投資も積極的に行っています

手厚いハンズオン支援を行うため、リード投資が多く、シェアは10%前後が多いです。ただ、リード投資以外のフォロー投資も行っています。

3.ステージ

メインはシードで、一部シリーズA、プレシードまで投資しています。「プロダクトがない段階での投資」も、現状実績で全体の3~4割くらいです。

また既存投資先のシリーズA以降でのフォローオン投資もやっています。

4.起業家像

投資判断においては、経営者を最も重要視しています。

経営者の持つ情熱や想いがビジネスを通じて社会に大きな価値を与えると思っています。

そのため、その領域において誰よりも情熱を持って、大きな市場に挑戦している、誠実な起業家とご一緒していきたいと思ってます。

5.特記事項

「大きい産業領域でのチャレンジ」も積極的に投資しています。

また、シード・アーリーステージに初回投資をしてからの、シリーズA以降でのフォローオン投資のバジェットも大きくもつようにしており、中長期的により起業家の方をサポートできるような体制作りをしています!

大企業との橋渡しもかなり力を入れている点も強みかと思います。

 

Q2.御社特性やFund特性上、他VCとの違いは何でしょうか?

オールジャンル性

シード特化で、ITならなんでもあり!C向けもB向けも幅広く!です。

ハンズオン支援

シードからしっかり起業家のビジョンに寄り添って支援させて頂きます。

コミュニティ活用

「nest」というコミュニティスペース/イベントスペースを運営しており、コミュニティを活用した支援に、かなり力を入れています。nestに入居していただくことで、キャピタリストに近い距離で事業活動が可能です。

また、同時期起業家との横の繋がり・先輩起業家との縦の繋がりの構築も可能です。

イベントスペースを活用した、組織、マーケティング、PRなどスタートアップが抱える共通の課題をテーマに、投資先限定勉強会開催もしています。

 

結果として、出資先の18ヶ月で90%以上が、Value Up、次回調達を成功している現状です。

 

Q3.KVP/御林さんの出資タイムラインを教えてください。

ー普段どうやって、投資先を探してますか?

・紹介:VC、起業家、エンジェル経由 (→投資に至るのは、ココが最多)

・インバウンド問合せ:KVP HPや各キャピタリストへのDM (→最近は、ココから出資に至るケースも増えている)

・イベント:自社主催イベントや社外のイベントで出会った起業家

・アウトバウンド

の4パターンです。

 

ー毎月何件出資してますか?

・出資ペースは、1~2件/月 

 

ー出資までのスケジュールは?

・早ければ1ヶ月以内、平均1ヶ月〜2カ月目安

・面談回数は、明確には決めてない、場合によっては、1回で投資委員会に乗ることも

 

Q4.少し、突っ込んだ話を聞かせてください

ーKVP/御林さんにとって、うまくいく起業家像とは?

その領域への強い情熱を持ち、巻き込み力が強い起業家、粘り強い起業家、野心的な起業家、施策のPDCAサイクルが圧倒的に早い起業家

 

Q5.KVP/御林さんの、StartPassの活用イメージ

ーStartPass上で、起業家からKVP/御林さんへ、できること・できないことは?

(エントリー内容を審査する前提で)「投資面談」だけなく「事業の壁打ち」も可能です。

 

ーStartPass上で期待する、理想的な起業家との触れ合い方って?

・”Startup村”には入れてないが、魅力的!という起業家と、早いタイミングで、出会いたい。

・日本の唯一の成長産業である「Startup業界」を盛り上げていきたい。

・KVP主催のイベント集客にも、活用させていただきたい。

 

また、StartPass Slack(月額有料)からは、御林さんへ、Slack Q&A/壁打ちや投資面談のリクエストが可能です。

※面談は、審査制です。

 

StartPass Slackから、

・インタビュー全文

・御林さんへのSlack Q&A

・壁打ち/投資面談リクエスト(※審査制)

をされたい方は、下記から、StartPassサブスク版へご参加ください。

 

起業プラットフォーム「StartPass」

✔調達前でも、AWS $5,000など、特典25以上

✔国内主要7VCが、専用Slackに常駐

✔最前線の起業ナレッジ・コミュニティ

14日間体験無料実施中!

>>ご利用はコチラから<<

 

StartPass運営(寄稿)

この記事を書いたライター

StartPass運営(寄稿)

起業プラットフォーム「StartPass」https://startpass.jp/の運営です。シード期の起業家みなさま/スタートアップ支援側のみなさまに、少しでもお役だてできるサービスを目指しております。

起業LOGでは、起業家インタビュー/投資家インタビューを、連載企画実施させて頂いております。

この記事に関連するラベル

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ