「うんこミュージアム YOKOHAMA」が想像以上にうんこだった!

「うんこミュージアム YOKOHAMA」が想像以上にうんこだった!

記事更新日: 2019/03/15

執筆: 編集部

3月15日(金)にオープンする複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」内にある「うんこミュージアム YOKOHAMA」に一足先に行ってきました。

想像以上にうんこだった内部の様子をレポート!

うんこミュージアムって?

「うんこミュージアム」は期間限定でオープンする、「うんこ」をテーマにした世界初のアミューズメント空間。

ウンコ広場・ウンスタジェニックエリア・ウンタラクティブエリア・ウンテリジェンスエリアの4つの空間で構成され、さまざまな『うんこ』をテーマにしたエンターテイメント(ウンターテインメントコンテンツ)を楽しめます。

では、早速その一部をご紹介!

入ってすぐに「マイうんこ」を出す

入ってすぐに「うんこー!」と叫ぶことを強要された後、「マイうんこ」を出すことになります。

出す経緯の詳細は省きますが、私のうんこはこのような色のうんこでした。

私は水色うんこでしたが、他にも金色や緑色など、カラーバリエーションがあります。

係の人に「クールなうんこですね」と言われ、少し誇らしい気分に。

多彩なウンターテインメント

そのままマイうんこを手に先に進むと、多彩なコンテンツが待ち構えてます。

『うんこ』とはかけ離れたメルヘンなうんこオブジェクトがあったり…

あなたの羞恥心が試される「うんこシャウト」。

他にも『うんこ』なのにインスタ映え=ウンスタジェニックなスポットが多数あります。

ネオンで輝く様々な言語で書かれたうんこの文字。

汚いイメージが強い『うんこ』がこんなにも、おしゃれになるとは驚きです。

「うんこミュージアム」は7月15日までの限定公開となっています。ここでしか味わうことができない『うんこ』の魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

アソビルについて

うんこミュージアムが入っている「アソビル」についても少し紹介。

アソビルとは「遊べる駅近ビル」をコンセプトとした複合型体験エンターテインメントビルで、2019年3月15日にオープンします。

横浜駅の近くで、アクセスもかなり良いです。


2階に「うんこミュージアム」がありますが、そのほかにも3階ではハンドメイド体験コーナーがあったり、4階にパスケットコートがあったりします。

 

私はロールオン香油を作りを体験。ひとりひとり好きな匂いを選んで自分好みの香油を作ることができました。

まとめ

大人から子供まで楽しめる「アソビル」。休日に家族や友達と行ってみてはいかがでしょうか。

編集部

この記事を書いたライター

編集部

ページトップへ