エリアマーケティングで知っておくべきこと|把握・分析・戦略を解説

エリアマーケティングで知っておくべきこと|把握・分析・戦略を解説

記事更新日: 2020/04/08

執筆: 編集部

「エリアマーケティングの効果的な進め方について知りたい」

「商圏分析のポイントと進め方を知りたい」

そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。小売業やサービス業など店舗を構えてビジネスを行う業態では、店舗の商圏のエリアに対する販促活動は必要不可欠です。

今回はそんな悩みの解決策として、地域に限定したマーケティングであるエリアマーケティングで知っておくべき現状把握・分析・戦略を解説します。

エリアマーケティングとは

エリアマーケティングとは、その言葉通り特定の地域や地区である「エリア」に特化した「マーケティング」のことです。

これから店舗を出そうと考えている人や、現在店舗を経営している人にとって出店している地域のお客さんにどれだけ来てもらえるかが勝負になります。

そこで有効な手段がエリアマーケティングです。

地域を限定したエリアマーケティングは、CMなどのマスマーケティングよりも地域の特性を考慮してより具体的に戦略を実行できます。

エリアマーケティングでは、いかに地域の特性に合わせたマーケティングが行えるかがポイントです。エリアマーケティングを効果的に進めていく上で重要な「現状把握」、「商圏分析」、「広告戦略」について解説します。

現状把握

エリアマーケティングを行う上で、初めにやるべきことは現状把握です。

現状把握では、現在のビジネスのメインターゲットと実際の顧客層について分析を行います。

まずはビジネスのメインターゲットです。

メインターゲットを明らかにすることで、現在の商圏やこれから出店する予定の商圏が適切かどうか判断する材料になります。

また、既に店舗を経営している場合は、実際の顧客層についても分析を行います。顧客の数だけではなく、年代やライフスタイルまで分析できると、次にとるべき戦略のヒントになります。このように商圏の分析の前に現状把握を行うことで、これから何をすべきが見えやすくなります。

商圏分析

エリアマーケティングで最も大切なのが、商圏分析です。

商圏分析ではポイントを抑えて分析を行うことが重要です。商圏分析に大切な4つのポイントについて解説します。

人口統計や人口分布の分析

商圏に何人の人が住んでおり、どのような人口分布なのか知ることが大切です。

人口を知ることで商圏の市場ボリュームがわかります。また、人口分布がわかればどの地域に力を入れて広告戦略を行うか、そもそもどこに出店すべきかといったこともわかります。

また、世代や年齢の分布がわかればビジネスのターゲットと合っているかわかりますし、地域の中でも偏りがあるのであれば、自社のターゲットによって、広告を提供するエリアを判断する材料にもなります。

人口や年代分布に関しては、国勢調査を用いることで把握することができます。

国勢調査は誰でも無料で利用できるので、商圏分析の時には活用しましょう。

ライフタイルの分析

商圏の住民のライフスタイルも重要です。

普段の移動手段や週末の過ごした方や何に価値を感じているかも商圏分析の参考になります。

例えば普段から車で移動している場合と徒歩や電車で移動する場合では、商圏の広さが異なっていきます。

また、月にいくら消費するか、どんなものにお金を使うかなど家計の状況も分析の対象となります。

競合の分析

同じ商圏にいる競合の分析も商圏分析では欠かせません。

競合はどのエリアのどの年齢層をターゲットに、どんな戦略をとっているか分析しましょう。

どれだけ広告戦略に力を入れていても、競合が強く、狙っている顧客層が同じであればうまくいかない場合もあります。

エリアマーケティングを行う上で「ハフモデル」という考えは非常に重要です。「ハフモデル」とは、「消費者がある店舗で買い物を行う確率」のことです。

「ハフモデル」では、「顧客は大きい店舗に向かいやすい」、「しかし、近い店を好む」という考えを基にしています。

例えば、メインの商圏の近くに自社以上に大きく、近い店が新たに出店されれば、それは自社にとって大きな脅威になりえます。逆に競合が自社より大きい場合でも、よりターゲット顧客が住んでいる場所に近い場所に出店することができれば、競合に勝てる場合もあります。

競合を分析することで自社として何をすべきか明確になります。

商圏バリアの分析

顧客が店舗を利用する際に障壁となる物を「商圏バリア」と言います。

商圏バリアには山や川などがあります。物理的な距離では同じでも、山や川があることで来客の障害になることがあります。

商圏について考える時、単純にある地点から半径○キロメートルが商圏だと思いがちですが、商圏バリアによって商圏の形は円形にならないことも多いのです。

商圏バリアは、机の上で行う分析だけではわからないことも多く、実際に足を運んでみて、顧客の目線で考えることが大切です。

ただし、一見商圏バリアと見えるものでも状況によっては商圏バリアにならない場合もあります。

例えば、山を超えた先にスーパーがあったとします。より近くにスーパーがあれば、そちらが優先され商圏バリアとなりますが、もし近くにスーパーがなく、山を超えた先のスーパーを選ばなければいけない状況であれば、山は商圏バリアになりません。

机上の空論にならないように、現場をみながら総合的に分析していくことが大切です。

広告戦略

現状把握と商圏分析ができたら、それに基づいて課題を明確化します。

そして明確化した課題を解決する方法として、広告戦略を考えていきます。特定の地域を対象としたエリアマーケティングでは、ピンポイントで狙ったターゲットに伝えることがポイントとなります。

今回は、エリアマーケティングで有効な広告戦略を4つご紹介します。

新聞の折込広告

折込広告はエリアを限定してアプローチできる手法の1つです。どの地域に何部折込の広告を入れるかも選ぶことができます。

新聞折込を利用することで、商圏分析をもとに、アプローチしたい層に直接的にアプローチすることが可能です。

ファミリー層や高齢者層を狙いたいのであれば、新聞広告は有効な手段となります。

ポスティング

折込広告同様にポスティングも地域やライフスタイル等を基準に直接アプローチできるでしょう。新聞をとっていない世帯も増えてきているので、折込広告ではアプローチできない層にもアプローチできる手段としてオススメです。

看板・屋外広告

看板や屋外広告もエリアマーケティングでは有効な手段です。ターゲット顧客が、バスやタクシーでの移動が想定されるのであれば、バスやタクシーに広告を掲載するのも効果的です。

リスティング広告

リスティング広告はインターネット広告の一種です。検索エンジンで検索したワードに関連した広告を表示するのがリスティング広告です。

リスティング広告では、地域を指定して広告の掲載ができます。都道府県や市町村というレベルから、ある地点から半径○Kmの指定もできます。さらに、一部の地域を除外する設定も可能です。

ターゲット顧客が普段からインターネットをよく使うのであれば、リスティングは効果的な手法と言えるでしょう。

まとめ

エリアマーケティングはエリアに限定した販促活動です。

より効果的に広告戦略を行っていく上では、現状把握と商圏分析が重要になってきます。

店舗を構えるビジネスをされている方、これから店舗を経営したいという方は、今回ご紹介したポイントを押さえて、エリアマーケティング行ってみましょう。

画像出典元:写真AC

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ