プログラマーのバイトは未経験でもできる?仕事内容・給料・探し方を解説!

プログラマーのバイトは未経験でもできる?仕事内容・給料・探し方を解説!

記事更新日: 2020/01/31

執筆: 編集部

「将来プログラマーになりたい!アルバイトとかから始められないかな?」
「プログラマーのバイトってどんな仕事?給料はどのくらい出るの?」
「そもそも求人をどうやって探したらいいか分からない!」

このような悩みを抱えている方はいませんか?初心者や未経験の方は、そもそもプログラマーとしてバイトできるかどうか分からない方が大半ですよね。

結論から言うと、未経験でもプログラマーとしてアルバイトをすることは可能です

この記事では、プログラマーのバイトについて仕事内容や給料、具体的な探し方などについて解説します。プログラマーとしてバイトをしたいと考えている方に、具体的な方法を紹介しているため、ぜひご一読ください。

プログラマーのバイトは未経験でもできる?

未経験からでもプログラミングのバイトを募集している企業は存在します。

主に成長途中で人材不足のベンチャー企業が多いですが、求人票を探せば募集している企業は少なくありません。求人の中には「未経験も就業可能!」と記載されているものもあり、誰でも簡単に応募することができます。

もちろん、全く知識がない状態でも問題ないですが、独学でプログラミングの勉強をしている方の方が採用されやすいです。面接で成果物が見せれるくらいのレベル感にしておけるといいでしょう。

プログラマーのバイトの仕事内容

未経験としてパートタイムで入社した方がいきなり開発に携われるということは、ごく稀なケースです。

プログラミングバイトの仕事内容は、以下のような仕事を任されることが多いです。

・プログラムのデバックテスト

・Webサイト/アプリの開発サポート

・データ入力や清掃などの雑用

企業によって、任せてもらえる業務の範囲は異なりますが、いつでも対応できるように業務内容を理解しておきましょう。

プログラムのデバッグ・テスト

実務未経験で入社した人が1番任されることが多いのが、プログラムのデバックやテストです。

デバッグやテストとは、すでに開発されたアプリやゲーム、システムなどにエラーが出ないか検証する作業のことを指しています。テストやデバッグをしなければ、プロダクトをリリースすることができないため、非常に重要な作業の1つです。

ただ、デバッグやテストを行う業務でプログラミングに触れることはほぼありません。プロダクトのテスト業務は、スキルが身につかない業務であることは理解しておきましょう。

Webサイト・アプリの開発/サポート

プログラマーの方と一緒に、Webサイトやアプリの開発/サポートを行う業務もあります。

この業務を担当することができれば、開発する上での流れや、仕組みなどを間近で見ることができるためスキルの向上に繋がります。

運がよければ、実際にコードを書いて開発をすることも可能であるため、チャンスがあれば積極的に取り組むようにしましょう。

データ入力・清掃などの雑用

アルバイトであるため、社内のデータ入力や清掃などの雑用を任されることもあるでしょう。企業によっては、「プログラミングバイト」とは名ばかりで永遠にデータ入力をやらされることもあります。

データの入力や社内の清掃だけが業務になってしまうと、プログラマーとしてバイトしている意味がありませんよね。

就業前には、必ず開発の経験を積ませてもらえるのか確認しましょう。

プログラマーのバイトの給料はいくら?

プログラミングバイトを検討している方は、実際に働いた場合の給料はいくらなのかについて気になりますよね。

経験を積ませてもらうためにプログラミングのバイトを探しているとはいえ、あまりに低い給料では働けません。

求人検索エンジンのindeedでプログラミングバイトの給料を調べたところ、時給1,500~3,000円ほどの求人が非常に多く見受けられました。

また、ビズリーチが運営している求人検索エンジンの「スタンバイ」では、実際プログラミングバイトの経験がある方の月収は、約157,000円という結果で、普通のバイトに比べて高い給与を提示していることが分かりました。

プログラミングのバイトを検討している方は、給料面での心配は無いようです。

プログラマーのバイトを探しやすいサイト3選

ここでは、プログラミングバイトを探しやすいサイトを3つ紹介します。

実際にプログラミングバイトをどうやって探したらいいのか分からない方は、是非参考にしてみてください。

indeed

まず1番最初に検索して欲しいのが、様々なサイトの求人をまとめて探すことができる「indeed」です。

indeedは幅広く求人を検索するのに非常に適しており、他のサイトと比べても圧倒的に求人がヒットします。

どんな求人があるのか知るためにも、まずはindeedである程度条件の良さそうな企業を見つけて連絡してみるといいでしょう。

Wantedly

Wantedlyは、求職者と企業のマッチングを行っているビジネスSNSで、主にITベンチャー企業が多数登録しています。

開発経験を積みやすいのは、比較的に大手企業よりもスタートアップの方が多く、貴重な経験をさせてもらいやすい環境が整っています。

特に学生の方の場合は、長期インターンでの募集もあるため、ぜひ積極的に利用してみましょう。

More Works

More Worksは、デジタル・クリエイティブ領域で活躍するクリエイターと企業をつなぐ求人サイトです。

どちらかというと、Webデザインの求人が多めですが、Webエンジニアの求人も用意されています。お洒落なWeb系の企業が多く、転職目的の求人がほとんどです。

ただ、業務委託やアルバイトパートを募集している求人もいくつかあるため、いい企業があれば足を運んでみるといいでしょう。

プログラマーのバイトをするメリット・得られる経験

プログラミングのバイトをすると、具体的にどのような経験や知識が得られるのでしょうか。

具体的に就業で得たいスキルを自分で明確にしておくと、入ってからも目的に向かって意欲的に働くことが出来ます。

ここでは、プログラミングバイトをするメリットや得られる経験について解説します。

プログラムの開発経験

プログラムの開発経験は、プログラミングバイトをしたい人が1番求めている経験かもしれません。

しかし、プログラミングのバイトで未経験から開発経験を積むことは極めて稀です。

会社としては商品を開発する重要な仕事を、全く何も経験がない人に任せるのは難しいですよね。

開発経験をしっかり積みたい方は、あらかじめ自分でプログラミングを勉強し、実績と経験を積んでから応募することをお勧めします。

現場の雰囲気や流れを理解できる

現場の雰囲気や流れを理解することができるのは、プログラミングバイトの1番のメリットでもあります。

実際にエンジニアとして将来働くことを目指していても、具体的なイメージが掴みにくいですよね。一度現場に入って働いてみることで、自分が将来本当にエンジニアになりたいのかを考えるきっかけにもなります。

エンジニアになるか迷っている方は、是非一度働いてみるといいでしょう。

エンジニアの人と仲良くなれる

プログラミングのアルバイトとして、就業することによって現役のエンジニアの方と仲良くなれるのもメリットの1つです。

実際に自分の将来像にもなり得るため、ロールモデルを増やす手段にもなります。

会社によっては、アルバイトの業務としてプログラミングの開発を行えないかもしれません。しかし、将来的に技術面で質問したり、キャリアの相談に乗ってもらうことは可能です。

長期的な視点で見ると、非常に大きなメリットなので、ぜひエンジニアの方との関係を深めておくといいでしょう。

まとめ

今回は、未経験でもプログラマーのアルバイトをすることが出来るのかについて解説してきました。

残念ながらアルバイトとして採用が決まったからといって、すぐに開発を任せてもらえるケースは少ないです。

ただ、現場の環境や仕事をする雰囲気など、自分の将来のキャリアについて考える材料にすることは可能です。

アルバイトから正社員への登用を行っている企業もあるため、そのまま企業に就職して開発経験を積むのも1つの方法です。

これからプログラマーのアルバイトに応募しようか悩んでいる方は、ぜひ一度気になった企業に行って業務内容など話を聞いてみてくださいね。

画像出典元:Pixabay

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ