インスタグラムでの宣伝方法は?実際に広告を出す手順を紹介

インスタグラムでの宣伝方法は?実際に広告を出す手順を紹介

記事更新日: 2022/01/31

執筆: 木下千恵

新たにビジネスを始めるうえで、SNSでのマーケティングやブランディングは欠かせません。なかでもユーザー数が多く購買に結びつきやすいインスタ(Instagram)はうってつけです。

では、実際にインスタで宣伝を行うにはどうすれば良いのでしょうか。

この記事では、インスタでの宣伝の具体的なやり方に加えて、メリットとデメリット、注意点などを詳しく解説します。

インスタグラムの宣伝とは?

まずはじめに、インスタ(Instagram)の宣伝がいったいどのようなものなのかを理解しましょう。

フィード、ストーリーズ、広告などを活用した情報発信

インスタには、フィード、ストーリーズといった写真や動画を投稿する機能が備わっています。また、バナーやポップアップで広告を出稿することもできます。

こうした機能を利用し、自社のサービスや商品、それにつながる情報を発信することで、集客や知名度向上を目指します。

インスタグラムでの宣伝が人気の理由

いまやインスタは、使っていない方が珍しいというくらいに私たちの生活に深く関わっています。

そのぶん影響力も大きく、上手に活用すれば高い宣伝効果が期待でき、認知度の向上にもつながります。そうした理由から、多くの企業がインスタをビジネスに活用しているのです。

これからビジネスを始めて大きく育てたいという人であれば、必ず手に入れておきたい強力な武器だと言えます。

インスタグラムで宣伝するメリット

高い効果が期待できるインスタ(Instagram)での宣伝、そのメリットをさらに具体的に見てみましょう。

利用ユーザーが多い

インスタでの宣伝の最大のメリットは、やはりユーザーが多いことです。

国内のアクティブユーザー数は3,000万人を超えており、LINE、Twitterに次いで3番目に多い数です。

また、以前は20代のユーザーが大半でしたが、現在は40代が全体の25%近くを占め、20代とほぼ同じ割合に。50代と60代の増加も顕著で、ユーザー層はさらに広がりを見せています。

ユーザーが多ければそれだけ情報の広がりやリーチのチャンスが増えるため、宣伝にはうってつけの環境と言えます。

ユーザーの購買意欲が高い

インスタのユーザーの特徴として、購買意欲が高いことが挙げられます。

若年層の女性がファッション、グルメ、レジャーなど購買に関わる情報収集にもっとも活用しているのがインスタです。

またインスタの投稿から85%のユーザーが何らかの購買行動を起こしているという調査結果もあります。

投稿を見つけてもらいやすい

インスタでポピュラーな機能と言えば「タグ付け」。

商品名はもちろん、「ファッション」「コスメ」「ハロウィン」など、盛り上がっているジャンルやイベントのハッシュタグは注目度も高くなります。

ハッシュタグを上手に使った投稿をすることで、ユーザーから見つけてもらいやすくなります

視覚的なアピールができる

LINEやTwitterと異なるインスタの特徴と言えば、画像や動画に特化していること。

コンテンツを工夫すれば、文字や文章と比べてより分かりやすく、ユーザーの価値観やセンスに強く訴えるようなアピールができます。

コスパが良い

いくら効果が高いと言っても、ビジネスで使うのであればコストも気になるところ。インスタはその点も優秀です。

フィードやストーリーズといった基本的な機能は無料で利用できますが、それだけでも十分効果があります。

また、有料の「投稿の宣伝」や広告の機能についても、期間や規模を調整すれば最大数万円と費用を押さえて運用できます。

手間がかからない

一般的なWeb広告などと比べて手間がかからないのもインスタのメリットです。

広告機能を除けば、手の込んだ画像やフォントなどのクリエイティブを作成する必要はなく、写真や動画の撮影だけで宣伝が完結します。

インスタグラムで宣伝するデメリット

メリットの多いインスタ(Instagram)での宣伝ですが、いくつかデメリットにも注意しておきましょう。

イメージを損なうリスクも

投稿するコンテンツの内容によっては、ユーザーに全く響かないというリスクもあります。

特に、内容が宣伝により過ぎていると、スパムとして通報されたり、非表示に設定されてしまうことも考えられます。そうなってしまうと、宣伝効果はほとんど期待できず、かえってイメージを損なうリスクもあります。

あくまで、ユーザーにとって魅力的なコンテンツが土台にないといけない、と覚えておきましょう。

内容によっては他の媒体の方が良い場合も

宣伝する内容によっては、インスタより他のSNSやWeb広告の方が適している場合もあります。

例えば、ビジネスパーソンや企業向けのサービスを宣伝したい場合には、FacebookやWeb上での広告などがもっとも適している可能性もあります。

限られたリソースで効果を出すために、インスタ以外の選択肢も検討しておくにこしたことはありません。

インスタグラムでの宣伝の種類

メリットとデメリットを理解したうえで、インスタ(Instagram)での具体的な宣伝の種類を知りましょう。

【無料】フィード

フィードはインスタの基本となる機能で、写真や動画コンテンツをテキストとともに投稿できるというものです。

写真や動画で自社ブランドに関する内容を紹介して注目を集めたり、知名度を向上するのに適しています

【無料】ストーリーズ

ストーリーズは、フィードと同様に写真や動画コンテンツを投稿できる機能。

ただし、24時間で消えるためフィードの投稿よりもリアルタイム性が高く、またステッカーや絵文字による加工でより視覚的な投稿ができます。

直接的な宣伝というよりは、ユーザーとのコミュニケーションやブランドイメージの訴求に適しています。

【無料】ライブ

ライブは完全にリアルタイムな動画配信ができる機能です。

投稿者がユーザーのリアクションやコメントとやりとりしながらしゃべる使い方が基本となり、より直接的なコミュニケーションが取れるのが特徴です。

うまく使えば、ユーザーの購買に直結するようなアピールが可能です。

【無料】リールズ

リールズは2020年に実装された新しい機能で、15秒程度と短い尺の動画をアップロードできます。

フィード、ストーリーズ、ライブなどと比べて編集機能が充実しており、複数動画の合体や再生スピードの調整などが特徴です。

ハイクオリティなコンテンツを制作して「バズ」を狙ったり、より強いイメージの定着に適しています。

【無料】IGTV

フィードやストーリーズ、リールズよりも長い尺の動画の投稿に用いるのがIGTVの機能です。最大15分の動画を投稿できます。

長い動画という点ではライブと似ていますが、事前に内容を決めたり、ユーザーに対して明確なメッセージを伝えたい場合にはIGTVが最適です。

【無料】ショッピング

フィードの画像に購入用のリンクを埋め込めるのがショッピング機能です。4年ほど前に実装されました。

従来はインスタ上で宣伝しても、購買のためにユーザーが検索や商品の特定などをする必要がありましたが、それをワンステップに短縮できるようになったのです。

利用には審査がありますが、コンバージョンを大幅に高められる効果的な機能です。

【有料】広告

インスタ上で幅広いユーザーに宣伝を行うなら、やはり広告の出稿は有効な手段です。

画像やバナーなどクリエイティブの制作には、一定の費用が必要ですが、他の無料機能と比べて効果は大きいのが特徴です。

【有料】投稿の宣伝

過去に行った投稿をたくさんのユーザーに広告のようにアピールできるのが「投稿の宣伝」機能です。

反応の良かった投稿や購買に結びついている投稿を指定して利用できるため、広告と比べて作成の手間もかからず、効率のよい宣伝が可能。特におすすめの機能です。

インスタグラムで「投稿の宣伝」をする方法

インスタ(Instagram)での宣伝手法の中でも、特に費用対効果が大きいのが「投稿の宣伝」です。では、実際に利用するにはどうすれば良いのでしょうか。

1. ビジネスアカウントに変更、登録する

「投稿の宣伝」機能を利用するためには、インスタのアカウントをビジネス用に変更する必要があります。インスタを開いて、以下の流れで設定しましょう。

1-1. メニュー画面へ

プロフィールの右上のメニューバーをタップします。

 
 
 

1-2. 設定画面へ

「設定」をタップします。

 

1-3. アカウント管理画面へ

「アカウント」をタップします。

 

1-4. プロアカウントに切り替え

「プロアカウントに切り替える」をタップします。

 

1-5. 説明の確認

数回「次へ」をタップします。

 

1-6. アカウントのカテゴリを設定

当てはまるカテゴリを選択し「完了」をタップします。

 

1-7. ビジネスアカウントに設定

「ビジネス」を選択し「次へ」をタップします。

 

1-8. 連絡先情報を確認、設定

必要に応じて連絡先や住所を入力し、「次へ」をタップします。

 

1-9. Facebookアカウントとリンク

ビジネスアカウントの利用にはFacebookとの連携が必要です。「Facebookにログイン」をタップして設定を行います。

 

1-10. アカウントの詳細を設定

必要に応じてアカウントの詳細情報を設定します。完了したら「×」をタップします。

 

2. 「投稿の宣伝」を行う

ビジネスアカウントの設定ができたら、実際に投稿を宣伝してみましょう。

2-1. プロフィールから「広告ツール」へ

プロフィール画面から「広告ツール」をタップします。

 

2-2. 新規広告を作成

「新規広告」をタップします。

 

2-3. 宣伝する投稿の選択

「人気投稿を宣伝」か「投稿を選択」をタップします。

 

2-4. 宣伝を作成

宣伝する投稿を選択し、「→」をタップします。

 

2-5.目標を設定

宣伝の目標を設定します。選択肢の中から選んでタップし、「次へ」をタップします。

 

2-6. ターゲットの設定

ターゲットとなるユーザーを設定します。まずは「自動」を選択しましょう。「次へ」をタップします。

 

2-7. 予算と掲載期間の設定

1日あたりの予算、宣伝の期間をスライドバーで設定し「次へ」をタップします。

 

2-8. 投稿完了、審査

内容に問題がなければ、「投稿を宣伝」をタップして完了します。審査が行われ、問題なければ宣伝が掲載されます。

 

インスタグラムで宣伝する際のコツ

インスタ(Instagram)上で宣伝を行うにあたって、いくつか気を付けたいポイントがあります。効果をアップするために宣伝のコツを押さえておきましょう。

インサイト機能を活用しよう

インスタのビジネスアカウントでは、インサイトと呼ばれる分析機能を利用できます。

投稿のリーチ数、プロフィールのアクセス数、フォロワーの属性などが確認できます。

リーチ数の多い投稿を「投稿の宣伝」に利用したり、コンテンツの内容を反応に合わせてブラッシュアップしていけば、より宣伝効果を高めることにつながります。

ビジネス色を出し過ぎない

インスタのユーザーは、自分が「かっこいい」「かわいい」と思うコンテンツを探しています。

最終的には宣伝やビジネスが目的だとしても、あくまでユーザーにとって価値のあるコンテンツで注目を集めることをまず優先しましょう。

プロフィールも重要!

フィードやストーリーズからユーザーの興味をひけても、プロフィールが充実していなければ購買に結びつかないリスクがあります。

ブランドのキーメッセージや運営者の情報、コンタクト先などの情報はきちんと記載しておきましょう。

まとめ

これからビジネスを始める人にとって、インスタでの宣伝はブランドイメージや知名度の向上に欠かせない重要な取り組みです。

まずはフィードやストーリーズなどの無料機能を活用して、ユーザーを集めながら方向性を固めていきます。

慣れてきたら「投稿の宣伝」や広告といった有料機能も活用して、さらに効果的な宣伝を目指していきましょう。

画像出典元:unsplash、pixabay

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ