記事更新日: 2021/06/16

執筆: 編集部

編集部コメント

「ZENO」は、1名あたり月500円で、日報・勤怠、会議室予約、ワークフロー、顧客管理まで業務に必要なツールをオールインワンで利用できるクラウドサービスです。低価格で一気にDX化が推進できるため、ペーパーレス化や生産性の向上を目指す中小企業におすすめです。

会議室予約システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

会議室予約システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. 会議室予約

カレンダー型UIで見やすく管理。招待通知や時間分析機能も。

2. 人事情報管理

属性情報の管理から組織図作成、勤怠情報との連携も可能。

3. Web給与・賞与明細

給与データをcsvインポートすれば明細作成完了。Webで発行でコストカット。

良い点

ビジネスに必要な機能を10以上のアプリで包括的にカバーできます。 データもアカウントも一つに集約されるので、管理コストも従業員の手間の削減にも貢献します。

悪い点

対応領域が広い分汎用的です。また、部門間での情報公開設定など細かな共有範囲の設定ができるとよい、という要望の声もあるようです。

費用対効果:

初期費用なし、1名あたり500円(年間契約なら450円)から利用可能な低価格。

UIと操作性:

マルチデバイスからアクセス可能。全てのアプリのインタフェースが統一されており使いやすい。

他言語対応:

日本語・英語・ベトナム語に対応。(ベトナム語は一部のアプリのみ)

ZENOの3つの特徴

1. ワンストップで業務に必要なアプリが揃う

「ZENO(ゼノ)」の最大の特徴、それは業務全体をカバーできる豊富なアプリ数です。

月額500円からの低価格でありながら、人事・勤怠、ワークフロー、営業支援まで、その管理をZENO1つで完結できます。

そのため、IT投資のコスト削減だけでなく、作業コストの削減にも繋がります。

なお、自社の課題にあわせて、必要なアプリだけをインストールして利用できるため、不要な機能が表示されて迷うことはありません。

また、例えばワークフローだけは既存システムを利用しながら足りない機能をZENOで補うなどの使い方もでき、実際の導入企業でも並行利用で業務改善に繋げている企業も多いそうです。

なお、会議室予約、勤怠管理、日報などのアプリは、どの業種でもインストールが多く、特に満足度が高いため、詳細機能をぜひ資料で確認してみてください

豊富なアプリ

2. 業務状況の共有でコミュニケーション活性化

ZENOを利用すると、報告や進捗記録が互いに見えやすくなりコミュニケーションが活性化します。

例えば、日報やTodoなど、これまでのメール報告では流れて埋もれてしまった情報も、ZENO上の共有設定で互いに見える化できます。

検索機能を使えば過去の記事もカンタンに見つけられるため振り返りも容易になり結果として管理負担も軽減されます。

Slackとの外部連携も可能なので、通知と記録の機能をうまく連動させて使うこともできるでしょう。

なお、マルチデバイス対応なので、外出先からも投稿、確認ができる点も優れています。

その機能は業務管理にとどまらず、営業部門での顧客管理や進捗共有、開発部門でのプロジェクト管理まで、ZENO上でスマート管理・共有が実現

また、カレンダー×顧客管理、日報×プロジェクト管理、など、機能を連携させることで管理コストの削減につながります。

日報画面のイメージ

3. データ一元管理で分析・活用

ZENOのさらなる特徴は、データの分析による効果です。

各アプリには分析メニューが多く備えられています。

例えば、会議室予約には会議時間計測、顧客管理には売上予測や失注理由の分析、工数管理には週別/月別レポートなど、ただ情報を記録するだけでなくデータ活用までがセットになっています。

また、人事情報はデータを登録するだけで、男女比や勤続年数、雇用形態別雇用者数(割合)などが自動集計されます。

これらのデータが一元管理されることにより、さらなる利活用も期待できるでしょう。

どのアプリもインターフェースが統一されており学習コストが少なくて済むため、入力時間や使い方を学ぶ時間を、分析や集計などの生産的な業務に充てることができます。

ZENOのデータ活用のイメージ

ZENOの料金プラン


初期費用無料、1ヶ月更新プランの場合、1名あたり月額500円から利用できます。

年間契約にすれば月額450円となりさらにお得です。

安価な料金設定のため、まずはチーム・事業部単位でのスモールスタートも切りやすく、30日間の無料トライアルも可能です

詳しくは以下の資料からご確認ください。

ZENOの評判・口コミ

マスコミ

51〜100人

個々の進捗管理がしっかり出来る

利用期間 

2018年夏から2021年10月現在も利用中 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

プロジェクトの進行にむけて誰がどのタスクをいつまでに終わらせるかというスケジュールの後追いをシステムがしてくれるのが便利でした。期限が迫ってる場合にはそのリマインドもしてくれるので漏れをなくし、期日までに確実に業務を遂行できました。
 

不便だと感じた点を教えてください。 

リマインド機能が充実しているのは良いのですが、通知をもっとわかりやすくしてほしいと思いました。私の設定の仕方がよくないだけならそれまでですが、大事な内容を見逃してしまうことにもつながるので、システム側で通知機能の改善をしてほしいです。 

他の会社にもおすすめしますか? 

しっかりと個人個人が抱えるタスクの進捗管理をしていける優れたツールです。少しの遅れも許されないときなどにおすすめできます。

金融

2〜10人

利用ユーザー/事務

この機能のみで満足であれば低コストで良い

 あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか? 

利用ユーザー/事務 

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

一人当たり500円 

利用期間 

2020年4月から2020年10月まで 

導入に至った決め手を教えてください。 

タスク管理を個人個人で行っていたため共有ができず、漏れがあったりとトラブルがあったので共有できるツールを導入した。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

カレンダー形式で見やすく、情報の共有がしやすいので、確認し漏れを防止することができた。 

もともとLINEWORKSのタスク管理システムを使用していたが、自分以外のタスクの確認ができないため進捗のチェックができなかった。 

不便だと感じた点を教えてください。 

通知がわかりづらいので、見逃してしまうことがある。また、できるだけツールの統一化をしたいと思うと、このシステムだけでは足りないものが多い。現在はキントーンを使用しているが、アプリの開発は大変だが、自分の思い通りにカスタマイズが可能で必要なアプリを自分で作成できる。 

他の会社にもおすすめしますか? 

低コストで始められ、退勤管理やタスク管理など必要なアプリが1か所にまとまっているので、この機能で満足できる企業であればおすすめです。たださらにカスタマイズして使いたいとかここにはない機能がもっと欲しいという場合には、結局1つに集約できないのであまりおすすめではありません。

まとめ

この記事では「ZENO」の特徴・評判・料金について解説しました。

業務支援のオールインワンクラウドサービスでここまで安価なものは珍しく、まだエクセルや紙の管理に悩んでいる中小企業でも導入に踏み切りやすいサービスです。

教育系、メーカー、小売りなどに加え、会計事務所やコンサルなど仕業や専門業でも導入実績があり対応領域も幅広いです。

まずは30日間の無料トライアルで、その豊富なメニューの使用感をぜひお試しください。

画像出典元:「ZENO」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

会議室予約システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

会議室予約システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ