ACALL MEETING

記事更新日: 2020/11/05

執筆: 編集部

編集部コメント

「ACALL MEETING(アコールミーティング)」は、会議室の予約や管理をスマートに行いたい企業におすすめの会議室予約システムです。クラウドカレンダーとの連携により、会議室の予約からアポイントメール送信までを一括して行えるほか、ユニークな会議ファシリテーション機能により、メンバーが会議に集中できる環境を実現できます。外部のスペースを会議室として予約することもでき、オフィスを小規模化したい企業におすすめしたいツールです。

会議室予約システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

会議室予約システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. 会議室予約

自社の会議室のみならず、外部のスペースを会議室として予約可能

2. 会議のファシリテーション

会議進行役をACALL MEETINGが代行

3. 会議室利用実績の記録

QRコードによるチェックインにより、会議室の利用実績の自動記録が可能

良い点

外部のシェアオフィスやカフェを簡単に会議室として予約できたり、会議ファシリテーション機能により会議時間の効率化が狙えたり、よりスマートな会議が実現できます。

悪い点

ワークスペースや会議室前にiPadを設置する場合、コンセントやWi-Fiの環境を考慮する必要があります。

費用対効果:

UIと操作性:

スマートフォンから簡単に会議室の予約が可能、さらに予約内容は使用中のクラウドカレンダーにリアルタイムに同期できます。

社外連携:

使用中のハードウェアやソフトウェアの他、自動販売機や生体認証など、他社のサービスとも連携でき、安心・安全・快適な働き方が実現できます。

サポート体制:

問い合わせはフォームから可能です。また、リモートでの導入サポートを無料で受けることができます。

多言語対応:

日本語の他に英語にも対応しているので、会議のメンバーに外国人がいても安心です。

ACALL MEETINGの特徴3つ

1. 外部ワークスペースを簡単に利用できる

「ACALL MEETING」の最大の特徴は、社外の貸し会議室やシェアオフィス、さらにはカフェなどのオープンスペースを、社内の会議室と同じように予約し、利用できることです。

貸し出すスペースのオーナーはシステム利用料を支払い、余っているスペースを会議室不足で困っている近隣の企業や外出先での突発的な会議でワークスペースを必要としているワーカーに貸し出す仕組みです。

予約は、社内の会議室の予約方法と同様にできるほか、ACALL applicationsとの連携によりスマートフォンからの簡単予約も可能です。

予約内容は、使用中のクラウドカレンダーと同期することもできます。

入室方法は、会議室前に設置されたiPadにホストコードをかざすだけ。アプリのQRコードによるチェックインで入退室管理がを行われるため、会議室の利用実績を記録することが可能です。


簡単予約と簡単入室
 

2. 便利なファシリテーション機能

「ACALL MEETING」の2つ目の特徴は、より会議に集中できるよう考えられたファシリテーション機能です。

会議の進行役やタイムキーパーは会議そのものに集中できない、少人数のため進行役やタイムキーパーを確保できない、などと困ったときに重宝する機能で、メンバー全員が話し合いに集中できるよう考えられた4つの機能が備わっています。

タイムキーパー:経過時間をアナウンスし、貴重な会議時間を有効に活用

アジェンダ表示:予約時にアジェンダを設定しておくと、会議中にチェック項目として表示され、それに沿って会議を進行できる

ドリンクオーダー:オーダー内容が会議に参加していない社員へ通知され持ってきてもらえる、ユニークな機能

時間延長:利用中の会議室に空き時間があれば、その場で簡単に延長でき、時間延長は、クラウドカレンダーなどにリアルタイムに同期される


筆者の周りで働く外国人たちは、みんな会社の長時間会議に首を傾げています。

今後ますますグローバル化がすすむ日本企業においても、会議はスマートにすませ、アクションに集中できる環境がつくれればベストです。


会議をファシリテート
 

3. クラウドカレンダーとの連携機能

「ACALL MEETING」の3つ目の特徴は、Googleカレンダー(G-Suite)やOutlook予定表(Office365)との連携機能です。

すでにGoogleカレンダーかOutlook予定表を利用している場合は、Chrome拡張機能・Outlookアドインにより、ACALL MEETINGと連携させ利用することができます。

使い慣れたクラウドカレンダー上で会議の予定とアポイントの作成、会議室の予約、ゲストへのアポイントメール送信を一括して行えるので大変便利です。


会議の予定作成からアポイントメール送信までを一括作業

 

ACALL MEETINGの料金プラン

料金プラン


 

各プランの機能

Basic Pro Unlimited

・WorkstyleOS Portal
(一部機能)
・ACALL RECEPTION
(一部機能)

・ACALL WORK
・ACALL mobile
ACALL MEETING
・ACALL RECEPTION
・Webhook Public API連携
・loT連携(ロボット)
・SAML認証
・セキュリティ対応(IP制限など)
・ACALL GATE
・マルチテナント対応(複数企業間の連携)
・プライオリティ対応
・ACALL FRONT(窓口案内ツール)

 

ACALL MEETINGの機能は、Proプランから利用できます。

Pro/Unlimitedプランの料金の詳細については、お問い合わせの必要があります。

ACALL MEETINGの評判・口コミ

小さなストレスを解消していきたい
株式会社SmarkHR

会議室管理機能のACALL MEETINGを導入し、その場で会議室の利用状況がわかるようになりました。もちろんPCを開けば確認できるのですが、そういった小さなストレスを解消していくことを大切にしたいです。

*「ACALL MEETING」公式HP参照

まとめ

今回は「ACALL MEETING」の特徴・評判・料金・口コミについて解説しました。

ACALL MEETINGは、外部のシェアオフィスやカフェなどのスペースを会議室として簡単に予約できるなど、テレワーク普及の影響により広まっているオフィス小規模化の流れを意識し開発されたツールです。

大企業から従業員5名のスタートアップ企業まで導入されています。

会議室の管理に悩んでいるなら、一度ACALL MEETINGを検討してみることをおすすめします。

画像出典元:「ACALL MEETING」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

会議室予約システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

会議室予約システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ