オフィス向けスマートロックについて

【2022年版】おすすめのオフィス向けスマートロック8選を比較!

記事更新日: 2022/08/10

執筆: 編集部

スマートロックとは、2015年頃から広く国内で販売されるようになったスマホなどを使って鍵の開閉・管理を行う機器・システムのことです。

元々ついている鍵にスマートロックを後付けすることで、スマホやICカードなどを使って鍵の開閉ができるので、セキュリティの甘いオフィスやコワーキングスペースなどで広く導入が進んでいます。

この記事では、おすすめのスマートロック8選を中心に、スマートロックの特徴、メリット・デメリット、選び方のポイントを解説していきます。

スマートロックとは

スマートロックとは、既存の鍵に電気通信機器を取り付け、スマホやICカード、暗証番号を用いたりして、建物や部屋の解錠を行えるようにする機器・システムのことです。

スマートロックは、

  • 取付が簡単にできる

  • 簡単な操作で鍵の開閉ができる

  • 開閉の履歴が見れたり、遠隔からも操作ができるなどセキュリティの面でも優れている

などの利点があります。

おすすめオフィス向けスマートロック比較表

おすすめスマートロック比較表を確認してみると、月額料金やサイズなどは各社大差がない状態です。

一方、機能面では、スマホで操作する際に必要なアプリ対応や顔認証、入退室管理など、単純に鍵の開閉錠だけではない機能があるかどうかは各社まちまちです。

次の章でご紹介する、bitlockやAkerunは、料金・機能面共にバランス良いということが表からもわかります。

おすすめのオフィス向けスマートロック3選

1.  最短1日で導入可能!『bitlock PRO』






画像出典元:「bitlock PRO」公式HP
 
 
 

bitlock PROの特徴

bitlock PRO(ビットロックプロ)は最短1日で導入可能なスマートロックで、周辺機器と組み合わせることで、手持ちのスマホやNFCカード、Apple watchでの鍵の開閉操作、顔認証での解錠・施錠もできます

「bitlock Starter kit」を利用すれば、月額5,000円で、

  • bitlock PRO 1台:スマートロック
  • bitreader 2台:NFCカードリーダー
  • bitlink 1台:無線LAN環境と各種デバイスをつなぐ機器

上記のセットを利用することができます。

bitlock PROの開閉方法

  • Felica
  • テンキー
  • スマートフォン
  • Apple Watch
  • 顔認証

 

bitlock PROの料金プラン

法人向けスマートロック

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:5,000円(税込)〜

【オプション】顔認証

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:5,000円(税込)〜

※価格は、利用人数によって変動しますので、詳細はお問い合わせください。

bitlock PRO 含むスマートロックの資料を一括DL

 

 

2. クラウド型入退室管理導入社数No.1!『Akerun』


画像出典元:「Akerun」公式HP

Akerunの特徴

Akerun(アケルン)は、単純なスマートロック機能だけではなく、入退室管理システムとして、「いつ」「どこで」「だれが」出入りしたかの記録・管理ができるシステムです。

鍵の発行・剥奪はクラウド上でリアルタイムに管理できるほか、社員ひとりひとりの解錠・施錠の履歴の閲覧も簡単にでき、勤怠管理システムとの連携も可能です。

Akerunの開閉方法

  • NFC対応ICカード(FeliCa、Type-A(MIFARE))
  • スマートフォン
  • ガラケー(インターネットに接続可能なもの)
  • 顔認証

 

Akerunの料金プラン

・初期費用:0円
・工事費用:0円(Akerun Proの場合)
・月額費用:詳細はお問い合わせが必要です。

Akerun 含むオフィス向けスマートロックの資料をDL

 

 

3. 完全手ぶら解錠の『Remote LOCK』

画像出典元:「Remote LOCK」公式HP

Remote LOCKの特徴

手ぶらで解錠ができるWi-Fi型のスマートロックRemoteLOCKは、アプリ不要のテンキー式のため、持ち歩くものは一切不要。

入室管理、セキュリティと全てのドアをクラウドでアクセス管理でき、鍵対応の手間や時間を最小限にできます。

特に、ホテルや民泊などの施設に多く導入されています。

Remote LOCKの開閉方法

  • テンキー入力

 

Remote LOCKの料金プラン

初期費用無料、月額5,500円で導入可能です。

 

その他のオフィス向けスマートロックサービス

カギカン



画像出典元:「カギカン」公式HP
 
 

カギカンの特徴

カギカンは、手軽に鍵管理を行いたいけど、「初期費用を抑えたい」「工事不要ですぐ使いたい」と考えている企業におすすめのスマートロックです。

センサー式オートロック機能や電池がなくなりそうになるとアラートを表示するなど多彩な機能を搭載。

複雑な取付工事は必要なく、サムターン部分にデバイスを貼り付け、室内のコンセントにハブを差し込むだけで完了です。

すべての鍵の解施錠は記録されるので、入退室の一元管理が可能になります。

セキュリティレベルが高い場所には、管理画面からリモートで操作することも可能です。

カギカンの開閉方法

  • NFC対応ICカード(FeliCa、Type-A(MIFARE))
  • スマートフォン
  • テンキー

 

カギカンの料金プラン

カギカンのプランは目的に合わせて3つのプランから選択できます。

  • アプリで解施錠履歴を管理を行いたい場合 → Basicプラン または コンソールプラン
  • 暗証番号やICカードでも解施錠を行いたい場合 → Basicプラン+Qrio Pad または Proプラン
  • 入退室管理を行いたい場合 → Basicプラン+Qrio Pad または Proプラン+Qrio Pad

  コンソールプラン  Basicプラン Proプラン  Qrio Pad
導入費用 0円 0円 設置工事あり
(30,000円/箇所~)
0円
月額費用 4,500円  5,900円~  7,300円~ 1,000円


詳しくは以下の資料をダウンロードしてご確認ください。

カギカン 含むオフィス向けスマートロックの資料をDL

 

 

SESAME 4 (旧SESAMI mini)


画像出典元:「SESAME」公式HP

SESAMIの特徴

2018年に発売されたSESAMI miniの後継版として2021年に発売されたSESAMI 4は、本体価格を9,800円から4,980円にぐっと低コストに抑えた形に進化しました。

QRコードで合い鍵をシェアできたり、鍵の開閉履歴もアプリから閲覧可能で便利です。

SESAMIの開閉方法

  • NFC対応ICカード
  • スマートフォン
  • スマートウォッチ

 

SESAMI 4の料金プラン

本体価格 Wi-Fi 遠隔操作デバイス価格
4,980 円~ 2,980 円

 

 

ALLIGATE



画像出典元:「ALLIGATE」公式HP

ALLIGATEの特徴

ALLIGATEは、クラウド型入退室管理システムで、利用用途に合わせて豊富な機器を提供しているのが特徴です。

また、全国に120拠点以上のネットワークを持ち、緊急時にサービススタッフが駆けつけてくれるのもALLIGATEならではのサービスです。

ALLIGATEの開閉方法

  • NFC対応ICカード
  • スマートフォン

 

ALLIGATEの料金プラン

ALLIGATEの料金プランは、製品ごとに細かく分かれており、工事が必要な電源タイプは、初期費用50,000円~、月額費用10,000円~と比較的高額です。

一方、工事不要の電池タイプであれば、初期費用無料、月額費用も3,000円~と安価で導入可能です。



 

KEYVOX

画像出典元:「KEYVOX」公式HP

KEYVOXの特徴

KEYVOXは、ホテル・時間貸し・コワーキングなど非対面ビジネスを行いたい企業におすすめの入退室管理システムです。

無料PMSを利用することで、オフィスでの来客対応や、宿泊施設・レンタルスペースでの予約受付を無人非対面で行えます。

穴あけ工事なしで取り付けられることも魅力です。

KEYVOXの開閉方法

  • NFC対応ICカード
  • スマートフォン
  • テンキー

 

KEYVOXの料金プラン

  通常プラン1部屋 通常プラン~10部屋 通常プラン11部屋以上
月額費用 5,000円 5,000円 50,000円~

 

 

PicoA

画像出典元:「PicoA」

PicoAの特徴

PicoAはカードやスマホで入退室管理が可能、初期費用のみで、月額費用のコストをかけたくない企業におすすめのオフィス向けスマートロックです。

機器集約による小型化に成功したPicoAは機器費を含めた導入コストを下げることにより、出入管理システムの導入に踏み切れていない中規模・小規模企業にも導入しやすいシステムとなっています。

PicoAの開閉方法

  • NFC対応ICカード
  • スマートフォン

 

PicoAの料金プラン

片面扉付カードリーダは117,000円、両面扉付カードリーダは162,000円です。

 

オフィス向けスマートロックの3つの選定ポイント

1.解除方法

スマートロックの解除方法は、ツールごとに様々な設定がありますが、できるだけ選択肢が多いものを選ぶことをおすすめします。

特に、スマホやスマートウォッチでの解錠は便利ですが、万が一忘れてしまったり、電源が落ちてしまったとしても鍵の解錠が困らないように、その他の選択肢もあるものを選びましょう。

2.  ユーザー数制限

オフィス向けスマートロックには、様々なプランがあります。

システムによっては、ユーザー数・ゲスト数に上限が設けられている場合があるので、確認が必要です。

自社社員の人数はもちろん、外部の方に発行するケースがあるか否かを含めて、ユーザー数に合ったオフィス向けスマートロックを選定しましょう。

3. リモート操作機能

オフィス向けスマートロックの機能の1つに、遠隔から鍵の施錠を行えるリモート操作機能があります。

スマートロックの中には、リモート操作機能がついていないものやリモート操作を行うためには別売りの機器が必要なものがあります。

有事の際に遠隔から操作出来た方が良いので、できるだけこの機能があるものを選びましょう。

スマートロックと入退室管理の違い

スマートロックは、鍵の開閉を行うもの、入退室管理は、システム上でユーザーの入退室を記録し管理を行うものです。

単純に、キーレスで鍵の開閉を行いたいという場合は、鍵の開閉方法だけ確認すれば、どのスマートロックを選んでも大差はないでしょう。

一方、鍵の開閉を行うと同時に、入退室管理も行いたいという場合は、スマートロックに入退室管理機能がついているオフィス向けのスマートロックを選ぶ必要があります。

特に、以下のような場合は、入退室管理機能がついている方が安心でしょう。

  • 不特定多数の人が出入りするオフィス

  • 管理する出入り口が複数あるオフィス

  • 管理部門がその場所にないオフィス

 

オフィス向けスマートロックのメリット3つ

1. 物理的な鍵が不要になる

これまでは部屋を管理する際には鍵を作成し、勤務体制に応じて鍵の受け渡しを行っていましたが、紛失や盗難、鍵の受け渡しがスムーズに行われない等、何かと不便を感じる場面も多くありました。

スマートロックを導入すれば、物理的な鍵が不要となり、社員それぞれが保有するスマートフォンや社員証に鍵となる機能を付随させられます。

そのため、鍵をなくす危険性がなくなり、スムーズに入退室が行えるようになります

2. 後付けできる

スマートロックの多くは、既にある鍵に後付けすることができます。

完全に鍵を取り換えるとなると、大々的な工事が必要ですが、スマートロックは、簡単に特殊テープやビス止めで装着でき、撤去時の工事も不要です。

3. 勤怠管理にも使える

いつ誰がどのタイミングで入退室したかを記録できるスマートロックなら、タイムカードの打刻をせずに社員の勤怠管理が行えます

また、タイムカードよりもより正確に打刻ができるので、不正がしにくいというのもメリットです。

オフィス向けスマートロックのデメリット2つ

1. トラブルが起こる可能性も

スマートロックは基本的に通信機器であるため、ハッキングされるなど情報漏洩の危険性、システム上のトラブルが起こる可能性は常にあります。

また、スマートロック本体やスマートフォンの電池切れにより、スマートロックが使用できなくなるケースもあります。

オフィス向けスマートロックを選ぶ時は、緊急時のサポート体制の確認と共に、手動でも開けられるよう実物の鍵を保管しておくことが大切です。

2. コストがかかる

通常のオフィスの鍵を利用しているなら、合い鍵を作成しても3,000円から10,000円程度で済みます。

オフィス向けスマートロックを導入すると、初期費用や平均5,000円~程度の月額費用、スマートロックレンタル代金など様々なコストが必要となります。

本当にスマートロックが必要なのかどうか、固定費が上がることを考えてよく検討しましょう。

まとめ

工事不要で鍵の管理が簡単になる、オフィス向けスマートロック。

より効率的に鍵の管理を行いたい方は、ぜひ今回ご紹介したオフィス向けスマートロックの導入をおすすめします。

スマートロックを活用し、社員の使い勝手が良い環境を整えていきましょう。

画像出典元:O-dan

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

オフィス向けスマートロックの資料を一括ダウンロード

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】入退室管理システム選びのお役立ち資料
起業ログが厳選するオフィス向けスマートロック
オフィス向けスマートロック
資料がすぐに届く!
一括資料請求

その他のオフィス向けスマートロック

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ