【比較】マネーフォワードクラウド会計と弥生会計オンラインの違いを解説!

【比較】マネーフォワードクラウド会計と弥生会計オンラインの違いを解説!

記事更新日: 2021/04/14

執筆: 編集部

この記事では、マネーフォワードクラウド会計と弥生会計オンラインを比較解説します。

2社の機能から特徴と解説し、会計ソフトを選ぶ時のチェックポイントを紹介します。

現在の会計ソフトには「基本的な会計機能」は揃っており、どれも業務の効率化や正確性の向上が見込めます。

この記事を読めば、自社が欲しい機能・解決したい業務課題が明確にできた上で会計ソフトが選べます

会計ソフト3つのチェックポイント

会計ソフトを導入すれば、取引明細を自動取込・自動仕訳できるので、入力の手間と時間が削減できます。

多くの会計ソフトに「経理業務の機能」「決算機能」「レポートによる経理の可視化」「銀行との連携機能」は標準搭載されています。

料金だけで判断するのではなく、下記の3点をチェックしましょう。

1:使いやすさを重視

会計ソフトの使いやすさは「無料トライアル」で必ず試しましょう

「使いやすい」と評判でも、人によって差があります。

特定の機能やこだわりがない場合は「2つのソフト」を同時に試すのがおすすめです。

比較対象がある事で「自社にとって使いやすい」が明確になります。

2:自動機能・データ連携による業務効率化

会計ソフトの外部との連携は必ずチェックしましょう。

自社が利用している銀行やPOSレジ、クラウドサービスと連携していない場合は「データの転記入力」や「別途ファイル管理」など不要な業務が発生します。

会計ソフトを導入することで、経理業務を自動化して生産性・正確性を上げられるかを検討しましょう。

3:経理知識へのサポート体制

会計ソフトを選ぶ時は、利用者の「経理の知識」をふまえて検討しましょう。

初心者であれば「自動仕訳」など自動機能を重視します。

会計ソフトの使い方ではなく「経理業務自体の相談」を自社の担当税理士にするのか、会計ソフトの相談サービスを利用するかもチェックポイントです。

MFクラウド会計と弥生会計オンラインの比較表

MFクラウド会計と弥生会計オンラインは「会計の基本機能」「自動仕訳機能」「帳簿・決算・レポートの自動作成機能」は双方とも充実しています。

  MFクラウド会計 弥生会計オンライン
初期費用 なし なし
年額プラン 5,760 円
(スモールビジネスプランの場合)
26,000円
(セルフプランの場合)
無料トライアル 〇(1か月) 〇(最大2か月間)
※別途「初年度0円プラン」あり
スマホ対応
自動仕訳
集計・レポート機能
資金繰り管理 × ×
法人決算書類の作成・出力
銀行・クレジットカードとの連携
POSレジ連携
会計以外の付属機能
  • 経費精算
  • 給与計算
  • 社会保険事務
  • 勤怠管理
  • マイナンバー管理
  • 年末調整
  • 請求書作成
一部、領収書精算機能あり
操作サポート
業務相談(仕訳・経理業務・消費税改正・マイナンバー) ×
仕訳の承認機能 ×
API連携 ×
(CSVおよびTXTデータで対応可能)
電子帳簿保存法への対応 × ×
会計事務所・税理士との連携機能

※法人向けサービスの比較表です。個人事業主向けサービスは別となります。
※価格は変動しますので、公式HPをご確認ください。

マネーフォワードクラウド会計とは

画像出典元:「マネーフォワードクラウド会計」公式HP

マネーフォワードクラウド会計は、経費精算や勤怠管理などのバックオフィス全般のシリーズを持つ会計ソフトです。

会計機能以外も搭載しているので、多拠点で利用する・バックオフィス業務の一括管理に向いています。

外部データとの連携に強い

マネーフォワードクラウド会計は、外部との連携機能が充実しています。

銀行口座やカードだけでなく、電子マネー、POSレジ、クラウドソーシング等と連携しています。

取り込んだ外部データを自動でマネーフォワードのデータへ反映されるので、業務の効率化が図れます。

API連携機能もあり「外部データ・システムとの自動化連携」は、会計ソフトトップクラスです。

バックオフィス業務の一括管理が可能

マネーフォワードクラウド会計は、料金内に下記のバックオフィス業務シリーズが含まれています。

  • 経費精算
  • 給与計算
  • 社会保険事務
  • 勤怠管理
  • マイナンバー管理

※料金プランによって利用範囲は違います。


同じシリーズで揃えれば「操作パターンの傾向」が同じで使いやすく、「承認機能」もあるため、遠隔・多拠点で利用に向いています

多機能・高機能・業務の自動化に強み

マネーフォワードクラウド会計は、人工知能(AI)がビッグデータを元に勘定科目を提案する機能があり、使うほどソフトが学習し、自動入力・自動仕訳を自社に合わせていく事ができます。

消費税集計、法令改正や消費税の増税へ対応も無料でアップデートされます。

また、分析機能が充実しているため、経営戦略ツールとしても活用できます。

長期目線で、会計業務の徹底した自動化・効率化を考えるならマネーフォワードクラウド会計が向いています

 

弥生会計オンラインとは

画像出典元:「弥生会計オンライン」公式HP

弥生会計オンラインは、会計・経理に特化した会計ソフトです。

クラウドだけでなく「弥生シリーズ」として請求書の「Misoca(ミソカ)」や「やよいの給与明細 オンライン」などがあります。

会計業務の相談が出来る

弥生会計オンラインには「操作の相談」とは別に経理業務の相談できる「業務相談」があります。

「業務相談」では、仕訳・経理業務・消費税改正・マイナンバーについて相談ができます。

弥生会計オンライン自体が、経理業務の知識サポートをしてくれますので、顧問税理士がいない会社や会計に関する相談が欲しい会社におすすめです。

シンプルで使いやすい

弥生会計オンラインは、会計・経理に特化しているため、従来の経験者の方、複式簿記に慣れている方には使いやすい操作画面になっています。

従来の経理業務に慣れている人や紙との併用を検討している場合は「弥生会計オンライン」が向いています。

また、既に他のバックオフィス業務システムを利用している場合は、多機能のマネーフォワードクラウド会計だと使わない機能が出てきます。

会計機能だけを求めるなら「弥生会計オンライン」がおすすめです。

1年間の無料期間がある

弥生会計オンラインには「初年度無料プラン」があります

全ての機能が1年間無料でお試しできるため、会計ソフトを初めて導入する会社の場合は「初年度無料プラン」を利用して慣れてみる事も可能です。

※「2021年12月31日(金)までのお申し込み分」までの予定

 

MFクラウド会計と弥生会計オンライン比較結果

効率化を優先するなら「マネーフォワードクラウド会計」

  • 外部データとの連携重視
  • 長期間の運用
  • 多機能・高機能
  • 多拠点のバックオフィス業務の一括管理
  • 消費税に対応

会計業務の効率化を優先なら「マネーフォワードクラウド会計」がおすすめです。

データ更新の頻度や取り込みが速く、人工知能や優れたクラウドにより、スムーズな会計業務が可能です。

料金は弥生会計オンラインより高いですが、日々のバックオフィス全般の一括管理と効率化を考えると料金以上のメリットがあります。

消費税集計やPOSレジに対応しているので、店舗経営は「マネーフォワードクラウド会計」を選びましょう。

経理の経験者が初めて会計ソフト導入なら「弥生会計オンライン」

  • 導入後の運用サポート体制が欲しい
  • シンプルな機能
  • 経験者の方、複式簿記に慣れている
  • 1年間の無料期間がある

初めて会計ソフトを導入するなら「弥生会計オンライン」がオススメです。

会計業務に関する機能と電話やメール、チャットでのサポートが利用でき、サポートの充実はクラウド会計が初めてで不安な方などは「弥生会計オンライン」を選びましょう。

会計の基本機能や分析機能、銀行との連携機能は十分揃っています。

従来の会計業務を似たクラウド会計ソフトを活用したい方には、弥生会計オンラインが向いています

まとめ

MFクラウド会計と弥生会計オンラインを比較解説しました。

会計ソフトの多くは「会計業務の自動化」「会計分析」が揃っています。

自分の会社に合うサービスを選ぶ方法として、本記事で紹介したポイントを参考にしてください

画像出典元:Shutterstock、「弥生会計オンライン」公式HP、「マネーフォワードクラウド会計」公式HP

会計ソフトの概要・サービス一覧をみる

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ