MOS

記事更新日: 2019/10/08

執筆: 編集部

運営コメント

今回ご紹介する「MOS」は、電話やFAXではなく、スマホやipad、タブレットに対応したWeb受発注システムです。電話やFAXでの受注や手作業で入力する際の人為的なミスの防止にうってつけです。導入することによって受注にかかる時間や手間を大幅に削減することが可能となるでしょう。

1. 受注機能

発注者からの発注内容や発注履歴を確認できる

2. 発注機能

カテゴリから目的の商品を検索し、発注ボタンから発注できる

3. 本部への発注業務

社内受発注機能で本部への社内発注が可能

良い点

「MOS」は、面倒な電話やFAXによる受注ではなく、システム内で受発注業務を完結でき、スマホやipad、タブレットに対応しているため、従来の方法よりも素早く受発注できるというメリットがあります。

悪い点

発注者がスマホ、ipad、タブレットを所有していない、あるいは使い慣れていない場合には、切り替えが難しくなる可能性があるでしょう。

UIと操作性:

管理者ログイン画面から各操作を行えますが、難しい操作はありません。

サポート体制:

「MOS」の公式サイトから使い方を確認できるため、初めての方でも比較的簡単に使えるでしょう。

社外連携:

社内受発注から社外受発注まで、すべてシステム内で行えます。

MOSの3つの特徴

1. モバイル環境に特化

発注者の発注場所がどこにあっても同じ条件で受注できます。特にFAXでの受発注業務では、双方がFAXのそばにいる必要がありますが、「MOS」ならその必要はありません。

また、モバイル環境に特化して開発されているからこそ、スマホなどの小さな画面でも見やすく、受発注業務を行いやすいのです。


どこにいても受発注が可能

2. パソコンにも対応可能

「MOS」はモバイル環境に特化して開発されたシステムですが、最適化してパソコンで業務を行うことも可能です。パソコンでもモバイルと同様にシンプルでわかりやすい画面が表示され、ボタンをクリックするだけで発注が完了します。

もちろん、セキュリティにも配慮されているため、データの改ざんや外部への漏えいといった心配もありません。


パソコンにも対応可能

3. 各種基幹システムとの連携が可能

「MOS」は、各社基幹システムや販売管理システムとの連携が可能で、CSV連携または自動連携から連携方法を選択できます。

電話やFAX受注の場合では、受注後に各基幹システムに手入力で情報を入力しなければなりませんでした。しかし、「MOS」を導入すれば、商品マスタや受注データも基幹システムとの連携で自動反映させることができるため、時間や人件費の大幅削減に役立つでしょう。


基幹システムとの連携が可能

 

料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

評判・口コミ

投資対効果の軽減、開発時間の短縮に成功
株式会社USEN様

MOSを導入したことで、投資対効果の軽減、開発時間の短縮に繋がっただけではなく、お客様にとって使いやすい画面UI(インターフェイス)が完成したと感じています。アクロスソリューションズ様が予め所有していたノウハウがあったからこそ、実現したとも感じています。

酒類卸売特有の発注を実現
かがやかんと。グループ様

お客様には、店舗様で使用される商品をリストアップしたFAX用紙を提供していたので、FAX用紙に近い画面レイアウトで発注画面を提供したいという考えがありました。パッケージで且つカスタマイズ性に優れたMOSなら、コストを抑えながら上記要望がクリアできると判断し、MOSの導入に踏み切った次第です。

※「MOS」公式HP参照

まとめ

「MOS」は、従来の電話やFAX受注をひとつのシステム内で完結できるシステムなので、受注業務に時間とコストをかけていた企業にうってつけです。。

また、電話やFAX受注では受注後にデータを手入力しなければならず、人為的ミスが多発することも考えられますが、「MOS」では手入力の必要が全くないため、人為的ミスも防止することが可能です。

受発注業務の効率化を図りたい方は、この機会に「MOS」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「MOS」公式HP

その他の【受発注システム】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ