アラジンEC

記事更新日: 2019/10/29

執筆: 編集部

運営コメント

電話やFAX受注の際、「相手の声がよく気取れない、発音がはっきりしない」「文字がうまく読み取れない」などのトラブルが起こることはないでしょうか。今回ご紹介する「アラジンEC」は、従来の電話やFAX受注をWEB上で行える受発注システムです。そのため、電話やFAXでの受注の際の聞き違いや印刷不鮮明等のトラブルの不安をなくすことができるようになるでしょう。

1. 得意先別単価・商品表示

得意先ごとに使用品単価や商品表示を設定できる

2. 在庫表示

在庫をリアルタイムに確認できるため、品切れ品の受注を避けられる

3. 注文状況確認

注文履歴や出荷・配送状況をリアルタイムに確認できる

良い点

「アラジンEC」はWEB上で受発注の管理を行えるため、各種業務に関する負担の軽減や、受注業務におけるミスの削減、工数の削減を行えるというメリットがあります。

悪い点

「アラジンEC」にはパッケージ型とクラウド型があり、どちらが最適なのかについてはサポートと相談の上で決定する必要があります。そのため、即時導入が難しく、導入までに日数がかかることがあります。

UIと操作性:

セルフオーダーが可能なため、自社に合った機能のみで簡単に操作できます。

サポート体制:

専任のサポート担当者が運用をサポートして、使い方のレクチャーも受けることができます。

社外連携:

既存の基幹システムとの連携が可能です。

アラジンECの3つの特徴

1. 標準機能が充実

「アラジンEC」の標準機能は充実度が高く、企業間取引で必要になる機能全般に対応しています。会員ログイン機能では得意先ごとのログインIDやパスワード機能を使い分けることができるため、混乱を回避しつつ受発注の管理を行えます。

また、売り上げ分析・売上ランキング・納品書発行・在庫数表示などもシステム内で全て行えます。さらに、得意先ごとにキャンペーン情報も配信他できるため、売上アップにもつながるでしょう。


標準機能の一部

2. 拡張機能でさらに便利に

マスタの項目を拡張することで、商品データ・会員データ・受注情報・受注明細を追加できます。たとえば会員データでは、代理店コード・代理店名の登録・会社情報の詳細などを登録することも可能です。

その他、便利な機能をカスタマイズできるため、導入時には拡張機能の利用もあわせて検討してみると良いでしょう。


拡張機能でより便利に使える

3. 選べる2タイプ

「アラジンEC」は、パッケージ型またはクラウド型から選んで利用することができます。

 パッケージ型は自社の業務フローに合わせた柔軟なカスタマイズをしたい企業や状況に合わせて機能を拡張したい企業におすすめ。

一方、クラウド型はできるだけコストを抑えたい、新事業としてスタートさせたいという企業にうってつけです。

導入前には自社の状況をよく把握した上で、どちらが適切か検討しておくと良いでしょう。


選べる2つのプラン

 

料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

評判・口コミ

コスト面でも効率面でも無駄がない
株式会社コンフォートジャパン様

「アラジンEC」導入の決め手は、BtoB ECと販売管理システムがパッケージ化されていたことです。それぞれ別会社から導入すれば、2社間に自社が入ってすり合わせないといけない。機能をカスタマイズするとなれば、両システムの改修が必要になりコストも膨らみます。その点、両システムを自社開発しているアイルであれば、コスト面でも効率面でも無駄がないと考えました。

高い柔軟性と無駄のない機能
黒川乳業株式会社様

柔軟性がありシンプルな標準機能で、業務にフィットさせられるシステムだと直感しましたね。以前のシステムは実績表ひとつとっても、見たい切り口の帳票が作成できない。それでいて、使わない機能がたくさん盛り込まれているので、決して安くはありません。『アラジンオフィス』は、その真逆をいくシステムだと思います。

※「アラジンEC」公式HP参照

まとめ

「アラジンEC」は、標準機能、拡張機能ともに充実したシステムで、企業間取引で必要と思われる機能を網羅しているというメリットがあります。

また、パッケージ型とクラウド型から自社の状況に合わせてタイプを選択できるという点もおすすめポイントです。

現在の受発注システムの簡素化や利便性の向上をご希望なら、この機会に「アラジンEC」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「アラジンEC」公式HP

その他の【受発注システム】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ