BtoBプラットフォーム 受発注

記事更新日: 2020/09/18

執筆: 編集部

編集部コメント

BtoBプラットフォーム 受発注は電話やFAXでの取引情報のデータ化が可能で、特に外食企業・卸売企業での実績が豊富なクラウド型の受発注システムです。すでに利用中の販売管理システムと連携できるのでワークフローを変えずに導入できます。クラウド上で管理するため、テレワークの導入も可能になります。受発注のコスト削減、業務効率化を考えている企業にうってつけです。

受発注システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

受発注システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

BtoBプラットフォーム 受発注だけ知りたい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

BtoBプラットフォーム 受発注の資料を請求
1. 受発注データとして電子化

電話・FAXでの受発注を電子化することで、業務効率化とコスト削減

2. 自社システムとの連携

販売管理、会計管理、店舗管理等のシステムと豊富な実績

3. メニュー管理

仕入値からレシピの原価・原価率を自動計算することが可能

良い点

発注側は発注業務・レシピの一括管理・原価率のデータ管理が可能になり、受注側は24時間体制で受注できデータの自動取り込みが可能となる等、両方のコスト削減や業務軽減を実現します。

悪い点

新たなシステム開発は不要ですが、導入から稼働まで1~2.5ヶ月かかります。

費用対効果:

発注側は1,800円/店舗で利用できるサービスで非常に安価です。

UIと操作性:

スマートフォンやタブレットにも対応しているので、外出先でもデータ管理が可能です。

社外連携:

連携可能な販売管理システムは50以上あります。

導入ハードル:

新たなシステム開発や維持費は不要です。

BtoBプラットフォーム 受発注の特徴4つ

1. 発注業務の負担軽減と店舗・グループ全体の利益向上

BtoBプラットフォーム 受発注における「発注側」の最大のメリットは、自社の業態にフィットするパッケージで発注管理が楽になるだけでなく、利益率を向上させることができるところです。

店舗がWeb画面から発注することで、(1)本部にも情報が伝わり、伝票や買掛データの事務作業がなくなる(2)受注側とデータを共有するため、仕入金額と請求書が一致し、月次がすぐに締まります。

また、BtoBプラットフォーム 受発注では、個別の店舗が利用する他、外食企業向け、卸企業向けのパッケージが用意されています。

それぞれ取引実績のデータ化など業務効率化が実現できますが、企業向けのパッケージでは、発注時からアレルギー情報の確認ができます。それらをデータベース化することで、企業内での情報共有や問い合わせに対する迅速な回答が可能になります。

また、グループ全体の仕入明細が自動でデータ化できるので、一つの店舗だけでなくグループ全体の経営状況を詳細に分析することが可能となり、グループ全体の利益向上に役立ちます。


発注と同時に食品の情報を確認

 

2. 販売管理システムとの連携が便利!

「受注側」のメリットは、複数からの注文もクラウド上に集約して受注できることです。受注に関するデータを一括管理できることで、受注に関する業務も効率化できます。

現在利用中の販売管理システムに管理データを取り込んだり、販売管理システムの出荷データをBtoBプラットフォーム 受発注に取り込むことができるので、今までのワークフローを大幅に変更することなくスムーズに導入できます。

手作業によるミスやトラブルが回避できるうえ、受注から請求書の送付まで電子化することが可能になるため、コストも格段にさがります。

また、受注側が小規模の取引先からの受注をWebでまとめるための仕組みとして、BtoBプラットフォーム受発注ライトが提供されています。Web受注だけでなく、Webカタログやレシピを取引先に案内できるので、自社の強みを視覚的にもわかりやすくアピールすることが可能です。

PCはもちろんタブレットやスマホでも受注作業が可能になるため、テレワークを推進したい業者にもおすすめです。

受発注ライトで実現できること

3. メニュー管理機能でレシピ管理の属人化を防ぐ

BtoBプラットフォーム 受発注には、メニュー管理機能というレシピ管理機能があります。この機能では、メニュー管理の属人化を防ぐことができ、原価・原価率も算出します。

BtoBプラットフォーム 受発注から仕入データを取り込み、自動で原価・原価率を算出するため、コスト管理が簡単に行えます。レシピをはじめとして、調理工程や盛り付け写真とともにクラウドで共有することが可能となるので、あの人に聞かなければレシピの詳細がわからない…というトラブルも回避することができるのです。

また、レシピごとにアレルギー・原産国情報を登録し管理することができるので、たとえば、特定の原材料を摂取することができない外国人観光客などへの対応も誰でもスムーズにおこなうことができます。

『BtoBプラットフォーム 規格書』と連携すれば、レシピの材料に紐付く規格書情報を集約できるので、一括表示データの作成が簡単になります。


仕入れデータから自動でコスト管理

 

4. 導入事例

株式会社Globridge

指示待ちゼロ。スタッフが店のすべての舵をとる、“現場主体”の店舗運営には、ITの活用が欠かせません。

花王プロフェッショナル・サービス株式会社様

1日1,400枚になるFAX注文書の手入力を軽減。取引先と自社の“見えないコスト”問題を解決します。

BtoBプラットフォーム 受発注の資料無料DL

 

BtoBプラットフォーム 受発注の料金プラン

発注側は1,800円/店舗で利用できるサービスです。

料金の詳細については、お問い合わせをする必要があります。

BtoBプラットフォーム 受発注の評判・口コミ

メニュー選びの参考になり、売上アップ
株式会社Globridge

仕入原価を重要視しているため日次管理をしていますが、とにかく手間がかかります。仕入れデータがないため、原価率は伝票をもとに手計算が必要だからです。しかし導入後はシステムからデータをダウンロードするだけで原価の推移が簡単にみえるようになりました。ITを駆使することで工数を削減し、本来やるべき仕事に注力できるようになりました。

入力時間の削減
三和食品株式会社

留守番電話やFAXで24時間注文を受け付けていますが、働き方改革により労働時間の見直しを考えてITの活用を始めました。電話やFAXでの注文の手入力には1件あたり2分かかっているところ、ネットでは1日に100件受注しているため、200分の削減になるとともに、入力ミスがなくなるというメリットも感じています。

BtoBプラットフォーム 受発注の資料無料DL


*「BtoBプラットフォーム 受発注」公式HP参照

まとめ

受発注の業務負担を軽減したいと考えている企業にはおすすめのシステムです。それは取引情報を電子化しデータで管理することで発注側・受注側双方にメリットがある、というのがBtoBプラットフォーム 受発注の大きな特徴だからです。

「発注側」では発注と同時に食品の情報が得られるため、安全な食の提供が行えます。

一方、「受注側」では、これまで利用していた電話やFAXから電子データになることで、受注に関するコストの削減はもちろんのこと、人為的なミスも軽減できます。

クラウド上のデータ管理で場所を問わずに作業が可能になるため、テレワークの導入も実現可能になります。

受発注業務におけるコスト削減や業務負担軽減を実現したいという担当者にはBtoBプラットフォーム 受発注がおすすめです。


画像出典元:「BtoBプラットフォーム 受発注」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

受発注システムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の受発注システム

起業ログが厳選する受発注システム
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
BtoBプラットフォーム 受発注
受発注システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ