スピードM&A

記事更新日: 2022/04/19

執筆: 太田繙

編集部コメント

"スピードと安全性"を兼ね備えたM&Aマッチングプラットフォーム

「スピードM&A」は、高速なM&Aを実現するM&Aマッチングプラットフォームです。

インターネットを活用して売り手と買い手が直接交渉を行うため、余計な手間を省いてスピーディにM&Aを成約させることができます。

案件規模を問わず全国に渡って案件を掲載できる点、匿名にて当事者同士のチャットが可能な点も好評です。

しかし、売り手から買い手へのアプローチができない点、当事者が主体的に交渉や手続きを進める必要がある点は注意しましょう。

事業承継・M&Aマッチングを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

事業承継・M&Aマッチングツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

スピードM&Aは、インターネットを活用した直接交渉により、スピーディかつ低コストにM&Aを実現できます。 幅広いエリアや案件規模に対応していることも特徴です。

悪い点

直接交渉のため、当事者が自ら交渉や手続きを進める必要があり、売り手から買い手へのアプローチができない制約もあります。

費用対効果:

完全成功報酬型(買い手)で基本サービス料、着手金、月額報酬、中間報酬が無料なので利用しやすいです。

UIと操作性:

交渉ルーム上で交渉相手(会社名と担当者)を判別しやすく、交渉ルームの絞り込み検索も可能です。

セキュリティ:

匿名での案件掲載や交渉が可能なので、取引先などへの情報流出リスクが少ないです。

 スピードM&Aの導入メリット4つ

1. スピーディーなM&A

スピードM&Aでは、その名の通りスピーディなM&Aを実現できます。

ハイスピードの秘訣は、インターネットを活用した相手探しや売り手と買い手の直接交渉です。

一般的に6ヵ月〜12ヵ月の期間が必要となるM&Aを平均3ヵ月で成約します。

スピーディーなM&A

2. あらゆる規模の案件に対応

スピードM&Aでは、あらゆる規模やジャンルの案件が掲載可能です。

例えば、50億円超の大規模案件から、譲渡価格100万円〜1億円の小規模の案件、さらには個人事業まで幅広く対応しています。

あらゆる規模の案件に対応

3. 全国エリアに対応した売り手と買い手のマッチング

スピードM&Aではインターネットの活用により、全国エリアに渡って売却案件の投稿ができます。

幅広く売却案件を投稿することで、数多くの買い手が集まります。

案件に物理的な制約がかからないことから、全国の相手とマッチングでき、良いビジネスパートナーと巡り合うチャンスが増えるでしょう。

全国の相手とマッチング

4. 便利なプライベートチャット

スピードM&Aでは、プライベートチャットを使ってユーザー同士のやりとりを行います。

プライベートチャットには、秘密保持契約の締結機能やファイルの添付機能が付いているので便利に活用できます。

チャットから事務局への問い合わせもでき、プライベートチャット1本で十分なコミュニケーションが図れます。

匿名で売却案件の掲載や交渉も可能なので、取引先や金融機関などの関係者に情報が漏れる心配がない点も安心です。

便利なプライベートチャット

スピードM&Aのデメリット2つ

1. 売り手から買い手へのアプローチは不可

スピードM&Aでは、売り手から買い手へのアプローチができない仕様です。

売り手は、買い手から連絡や相談が来るまで待っている必要があります。

売却交渉を急いでいる売り手や、自ら買い手へアプローチしていきたい売り手にとっては、この点は不便に感じるかもしれません。

2. 自分で直接交渉や手続きを進める必要がある

スピードM&Aは、売り手と買い手の直接交渉方式を取っているため、当事者が自ら交渉や手続きを進める必要があります。

この点は、スピーディかつ低コストであるスピードM&Aのメリットの裏返しともいえるでしょう。

自ら交渉や手続きを進めることが苦にならない人なら問題ありませんが、なかには気になる人もいるかもしれません。

どうしても不安な場合は、スピードM&Aを運営しているideal partnersにてアドバイザリー業務も行っているので、相談してみましょう。

スピードM&Aの料金プラン

スピードM&Aは、売り手側は完全無料で利用できます。

買い手側についても、基本サービスや中間報酬など成功報酬以外の費用はかからず、発生費用は成約時の手数料のみです。

下表の通り、M&Aが成約した場合のみ買い手側に費用が発生する「完全成功報酬制」を採用しています。

  売り手側 買い手側
基本サービス料
(会員登録
・交渉メッセージ交換
・マッチングなど)
無料 無料
着手金/月額報酬/中間報酬 無料 無料
売却/買収のご相談 無料 無料
成約時の手数料 無料 売買金額(譲渡金額)に
応じた成功報酬

 

成功報酬の料金表(買い手側)は下表の通りです。

売買金額
最低成功報酬 20万円
3,000万円以下の部分 5%
3,000万円超~1億円以下の部分 3%
1億円超の部分 1.5%

 

料金の計算例を以下に示します。

・売買金額が100万円の場合:最低報酬額20万円が適用

・売買金額が1,000万円の場合:1,000万円 ✕ 5%=50万円

・売買金額が1億円の場合:3,000万円 ✕ 5%+7,000万円 ✕ 3%=360万円

 競合製品との料金比較

スピードM&Aは成功報酬以外は完全無料のため、M&A成約までに一切費用がかからない点で競合他社よりも優れています。

  スピードM&A 日本M&Aセンター M&Aキャピタル
パートナーズ
着手金 無料 100万~300万円程度 無料
中間報酬 無料 無料 成功報酬の10%
成功報酬 「料金表」の通り レーマン方式を採用 レーマン方式を採用

 

スピードM&Aの評判・口コミ

※調査したところ、スピードM&Aの公式HPでは評判・口コミは載っておりませんでした。

スピードM&Aを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

 素早くかつ安くM&Aを行いたい会社

素早くかつ安くM&Aを行いたい会社は、スピードM&Aがおすすめです。

インターネットを活用して相手探しや直接交渉を実施するため、平均3ヵ月という一般的なM&A成約期間のおよそ半分以下でM&Aが行えます。

売り手側は完全無料、買い手側は成功報酬のみであるため、手数料を安く抑えたい会社にも適しています。

 取引先や金融機関などに知られずにM&Aを行いたい会社

取引先や金融機関などの関係先に知られずにM&Aを行いたい場合は、スピードM&Aを導入すべきでしょう。

スピードM&Aは、プライベートチャット機能を使って匿名で案件掲載や交渉ができるからです。

スピードM&Aを利用することで、情報を内密にした状態でM&A成約まで進めることが可能です。

向いていない企業

 大手M&A仲介会社からM&Aをサポートしてもらいたい会社

スピードM&Aは、大手M&A仲介会社と提携していません。

大手M&A仲介会社からM&Aをサポートしてもらいたい会社には向いていないといえるでしょう。

 まとめ

「スピードM&A」は、スピーディかつ低コストでM&Aを行えるM&Aマッチングプラットフォームです。

支払う手数料を抑えつつ、なるべく早くM&Aを実施したい企業にふさわしいサービスだといえます。

インターネットの活用により全国規模で案件掲載ができる点、匿名でのコミュニケーションが図れる点など、利便性の高いサービスが揃っています。

画像出典元:「スピードM&A」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

事業承継・M&Aマッチングの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ