FUNDBOOK

記事更新日: 2019/06/25

執筆: 編集部

編集部コメント

「FUNDBOOK」はコンサル型M&AとWeb型M&Aのそれぞれ長けた部分を取り入れた、新しいタイプのM&A仲介業者です。Webを活用することで、日本全国から譲受企業を探すことが可能。譲受候補企業の提案数ならどんな事業継承サービスにも負けません。幅広いネットワークを活かし、事業継承や後継者についての悩みを早期解決へと導きます。

事業承継・M&Aマッチングを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

事業承継・M&Aマッチングツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

1. M&Aプラットフォーム事業

事業譲渡を検討中の企業と事業譲受を検討中の企業の橋渡しをする

2. M&Aアドバイザリー事業

事業譲渡を検討している企業へ適切なアドバイスをする

3. 情報発信

SNSや冊子を活用し、M&Aに興味を持つ経営者に役立つ情報を無料提供する

良い点

Web型M&Aと従来のコンサル型M&Aのメリットを融合させることで、事業譲渡先の候補となる企業数が大幅に増加。よりよい条件での事業譲渡を可能にします。

悪い点

2017年設立の企業ということでスタッフの経験値が低く、電話対応等に不満が残るという声が聞かれます。

費用対効果:

必要な費用は成功報酬のみ。明瞭な料金設定で安心です。

サポート体制:

登録から制約まで担当スタッフが親身になってサポートします。

知名度:

設立後まだ間がないこともあり、知名度は低めです。

FUNDBOOKの3つの特徴

1. 3,000社への同時打診を可能に

「FUNDBOOK」では、従来のM&A手法であるコンサル型M&Aに加え、オンライン上でのマッチングを可能にしたWeb型M&Aの手法も導入。

それぞれのメリットを融合させることで、M&A契約設立までの期間を大幅に短縮しました。

事業譲渡の際は、条件のよい譲渡先企業を探すのに時間がかかりがち。

何件の譲渡先候補が見つかるかはM&A仲介企業の腕にかかっていることもあり、なかなかよい条件の譲渡先企業に出会えないこともよくあります。

しかし、「FUNDBOOK」担当者のネットワークに加え、オンライン上での情報公開により、譲渡先企業の候補が従来よりも圧倒的に多く提示されるように。

結果的に事業譲渡について相談した時点で最大3,000社への同時打診を可能にしました。


譲渡先企業とのマッチングにWebサービスを活用


オンラインで譲渡先企業を探すことで、日本だけでなく世界の企業が対象に。これまでにマッチングスピード52日という最短記録も打ち出しています。

早く現状抱えている課題を解決したい。そう考えている経営者に寄りそったサービスには定評があります。

2. 万全のサポート体制

「FUNDBOOK」はM&A仲介業者の中でも歴史が浅いため、その点を不安視する経営者もいるようです。

しかし、同業他社で経験を積んだスタッフも数多く在籍。

M&Aに関する知識だけでなく、M&Aに関わるあらゆる業種のプロフェッショナルが多数在籍することで、複雑な課題にも真摯に向き合ってくれると好評です。

事業譲渡を検討している企業のニーズはもちろん、事業譲受を希望する企業のニーズもしっかり把握することで、適切なサポートを実現。

企業分析力も高く、マッチング成功率も高水準を保っています。

先述の通り「FUNDBOOK」は最短52日というマッチングスピードを実現しています。

52日で事業譲渡を希望する企業と事業譲受を希望する企業の条件をすり合わせられたのは、経営者の声にしっかり耳を傾け、それぞれの企業の現状や課題を理解したからこそ。

他のM&A仲介業者を利用したものの、納得のいく事業譲受先が見つからなかった企業でも、「FUNDBOOK」なら納得のいく提案を受けられる可能性が高いでしょう。


企業に寄りそうことで譲渡価格を適正化

3. 明瞭な料金設定

「FUNDBOOK」は完全成功報酬型の料金体制を採用。M&Aに関わる費用はM&Aが成立した時の費用のみ。

M&A仲介企業が多く導入している「着手金」「相談料」などはすべて無料です。

Webに企業情報を掲載する際のプラットフォーム利用料も無料。

企業の情報を公式サイトより入力するだけで、事業譲受を検討している企業へアピールをスタートできます。

着手金や相談料が無料だからといって、サービスが手薄いわけではありません。

電話やオンラインでのヒアリング後、最適なコンサルタントを選抜し面談を設定。一般的なM&A仲介事業者と同等、あるいはそれ以上の提案力で、好条件の事業譲渡策を提案してくれます。

事業譲渡先が決定しM&Aが成立した時初めて報酬が発生。資金繰りが厳しい等経済的な課題を抱えている企業にとって、最小限のコストでM&Aを実現できるのは大きなメリットです。

今までM&A仲介業者への相談料がネックで動き出せていなかった企業でも、一歩を踏み出しやすいでしょう。

その他、事業譲渡に役立つ情報を無料でSNSにて発信したり、無料冊子を配布したり、M&Aをより身近なものにする活動にも積極的。

専門書で勉強するよりもタイムリーな情報を収集しやすく、M&Aの知識に自信がない経営者から喜ばれています。


「FUNDBOOK」が配布している無料冊子

 

料金プラン

「FUNDBOOK」は完全成功報酬型を採用。相談料・プラットフォーム利用料・着手金は基本的に無料です。

成功報酬はレーマン方式で算出し、事業譲渡価格の1%~5%が相場。株価診断を行うことで事業譲渡価格の目安を割り出し、成功報酬額についても事前に説明を受けられます。

評判・口コミ

サポート力に感謝
株式会社南洲機興様

アドバイザーさんには本当にお世話になりました。M&Aの仲介会社も様々だと思いますが、FUNDBOOKさんは会社や従業員の将来を考えながら誠心誠意サポートしてくださいました。私にとってこのM&Aは人生で一番大変な経験でしたが、こうして笑顔でお話しできるのはアドバイザーさんの支えがあったからこそだと感謝しています。

担当者の人を見る目が優れている
株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング様

石川さん(FUNDBOOKスタッフ)の役割というのは非常に大きかった。BTCにインテグラルが必ずマッチすると判断されて、あえてご提案の場をセッティングされた。それが結果として最高の形となりました。最初の段階で私という人間をきちんと理解してくださったからなのでしょう。

※「FUNDBOOK」公式HP参照

まとめ

「FUNDBOOK」はM&A仲介業者としてのキャリアは低いですが、その分斬新な切り口で譲渡元企業と譲渡先企業をつなぎます。

そのため、他のM&A仲介業者で条件が見合う譲渡先企業に出会えなかったという方にもおすすめ。

着手金・相談料が無料なので、納得のいくまで話ができる点も大きなメリット。

事業を売却するには不安がつきものですが、担当者とコミュニケーションを重ねて思いを伝えていけば事業譲渡に関する不安を解消し、事業譲渡への大きな一歩を踏み出せるでしょう。

画像出典元:「FUNDBOOK」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

事業承継・M&Aマッチングの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選する事業承継・M&Aマッチング
事業承継・M&Aマッチング
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ