アコムビジネスサポートカードローン

記事更新日: 2022/02/04

執筆: 編集部

編集部コメント

「ビジネスサポートローン」は即日融資可能!少額単位で借入できるビジネスカードローンサービス

大手消費者金融のアコムが提供する「ビジネスサポートローン」は最短即日の融資が可能な個人事業主向けのビジネスローンサービスです。

WEBからの申込みなら来店は不要。「ラララむじんくん♪」のCMが懐かしい自動契約機は、全国800箇所以上に設置されているので、どのような地域で事業を営んでいる方でも不便なく利用できるでしょう。

他社サービスと比較すると金利が高いのがネックですが、1万円からの融資が可能なので、少額の借入を行いたい事業者におすすめのサービスです。

良い点

最短即日で融資が受けられます。また、1万円の小額から借入でき、使途も自由なので、個人事業主が気軽に融資を受けることができます。

悪い点

類似のビジネスローンサービスと比較すると、融資限度額と金利において劣ります。また、対象者は個人事業主のみで法人は含まれません。

費用対効果:

利用限度額は300万円。それに対する貸付利率は12.0%~18.0%。競合サービスと比較するとローンとしての基本性能は劣ります。

UIと操作性:

WEBや自動契約機からの申込みなら、最短即日の融資が可能です。アコム専用の自動契約機は全国各地に点在しているので地方の方でも手軽に利用できます。

知名度:

サービス提供元はアコム。抜群の知名度で安心です。

アコムビジネスサポートカードローンの導入メリット4つ

1. 年収の3分の1を超える借入が可能

アコムの「ビジネスサポートローン」は総量規制の対象外。

年収を気にすることなく最大で300万円までの融資を受けられます。

総量規制というのは、「消費者金融や信販会社などの貸金業者は、利用者の年収の3分の1を超える金額を貸付てはならない」というルールです。

「ビジネスサポートローン」のサービス提供元は消費者金融大手のアコムですが、「ビジネスサポートローン」はその名の通りビジネスローンなので総量規制の対象外です。

にも関わらず、利用用途は事業資金に限定されず自由!

年収に関係なく最大300万円までの融資を受けられることは、小さなビジネスを営んでいる、または、小さなビジネスを始めようとしている個人事業主の強い味方です。

総量規制の対象外

2. 即日融資可能!

申込み方法によっては、申込みと同日の融資が可能です。

即日融資に向いている申込み方法は「インターネット申込み」か「店頭窓口・自動契約機(むじんくん)での申込み」です。

どちらも審査時間は最短30分。その場で回答をもらえます。

まずは、インターネット申込みについて見てみましょう。

WEB申込みフォームは、わずか3分で入力できる簡易さです。

STEP1 WEBの申込みフォームから申し込む

アコムから返信メールが届く
STEP2 返信メールに記載されたURLにアクセスし必要書類を提出する

審査結果を待つ!最短30分!

審査を通過すると、アコムから
「契約手続きのお願い」メールが届く
STEP3 WEB上で契約内容に同意すれば契約成立!
STEP4 そのままWEB手続きで銀行振込による
借入手続きに進める

 

次に、店頭窓口・自動契約機(むじんくん)での申込み方法です。

その場でアコムカードが入手できる点がメリットです。

STEP1 本人確認書類を用意し、アコムの店頭窓口
または自動契約機へ出向く
*契約内容によっては
収入証明書が必要となります*
STEP2 その場で審査回答を待つ!最短30分!
STEP3 審査を通過したら、その場で契約手続きをする

その場でアコムカードが発行される
STEP4 発行されたカードで借入を行う

 

上記「インターネット申込み」と「店頭窓口・自動契約機(むじんくん)での申込み」のほかに、電話と郵送での申込みも可能です。

郵送での申込みは、カードが手元に届くまで日にちがかかってしまうので、即日融資を希望する場合には向きません。

3. 全国に点在する自動契約機

「ラララむじんくん♪」のテレビCMはだいぶ懐かしい話ですが、あの頃からアコムの自動契約機は全国に点在しています。

申込みと借入・返済ができる自動契約機を検索すると、なんと全国で800台以上の契約機がヒット。

設置場所は駅前や繁華街の中だけでなく、県道や国道、バイパスなど主要道路にも多く設置されているのが特徴です。

移動手段が自動車メインの地方の方でも、手軽に利用できるのが魅力です。

全国の自動契約機・ATM

4.大手老舗の安心感

「ビジネスサポートカードローン」の提供元はアコムです。

アコムは1978年(昭和53年)に設立された老舗の大手消費者金融。
2004年(平成16年)には、現在の株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループと業務提携を交わし、4年後の2008年(平成20年)には連結子会社となりました。

現在はローン・クレジットカード事業のほか、信用保証事業、債権管理回収事業、海外金融事業が主な事業内容。

特に、信用保証事業では大手銀行や地方銀行のカードローンサービスの信用保証業務を多く請け負っているので、信頼度と安心感は抜群です。

アコムの事業内容

アコムビジネスサポートカードローンのデメリット2つ

1.借入限度額に対して貸付利率が高い

次の章の競合製品との料金比較を見ていただければ一目瞭然ですが、アコムの「ビジネスサポートカードローン」の金利は高いです。

同系列の競合サービスと比較すると、貸付限度額300万円に対する貸付利率は一番高くなっています。

金利だけで考えると、どうしても競合サービスには負けてしまいます。

とは言うものの、全国に点在する自動契約機など利便性の良さや、なんと言っても大手消費者金融のアコムなので安心感は抜群。

利用前には、何を優先させるのかを明確にしておきましょう。

2.法人は利用できない

「ビジネスサポートカードローン」の対象者は個人事業主のみです。

社員に一人でも法人企業の代表者がいる場合も個人事業主とみなされません。

「ビジネスサポートカードローン」と類似の商品で、法人でも利用できるビジネスローンサービスには、アイフルやオリックスなどのビジネスカードローンサービスがあげられます。

アコムビジネスサポートカードローンの料金プラン

借入限度額は300万円で、それに対する貸付利率は12.0%~18.0%と高めです。

担保も保証人も必要ありませんが、個人事業主のみを対象としたビジネスローンです。

法人は対象外なので注意してください。

来店による申込みなら、その場で融資が可能かどうか回答がもらえます。

利用限度額 1万円~300万円
年利 12.0%~18.0%
審査スピード 最短その場で回答
担保・保証人 なし
対象者 個人事業主

 

競合製品との料金比較

オリックスの「VIPローンカードBUSINESS(信販系)」とプロミスの「自営者カードローン(消費者金融系)」と比較してみると、限度額に対する貸付利率が一番高いことがわかります。

スペックのよいビジネスローンサービスとは言えないでしょう。

しかし、限度額は低めでも、1万円から借入できるので小さな融資を気軽に利用できます。

 


アコム ビジネスサポート カードローン


オリックス
VIPローンカード
BUSINESS


プロミス
自営カードローン

利用限度額 1万円~300万円 50万円〜500万円 300万円
年利 12.0%~18.0% 6.0%〜17.8% 6.3%~17.8%
審査スピード 最短その場で回答 最短60分 最短即日


担保
保証人

不要 不要 不要
対象者 個人事業主 個人事業主
法人代表


個人事業主

 

アコムビジネスサポートカードローンを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

1.柔軟な用途で利用したい自営者

「ビジネスサポートローン」の資金使途は自由です。

生活費や引っ越し費用など、通常のカードローンと同じ感覚で利用できるので、一人でいろいろやりくりしなければならない自営者の強い味方です。

今は必要なくても、いざという時のために一枚持っていてもいいカードです。

2.少額の融資を定期的に利用したい自営者

「ビジネスサポートローン」は1万円から借り入れることができます。

「少額の融資を今すぐ受けたい!」という個人事業主にはうってつけのサービスでしょう。

また、カードローンタイプのビジネスローンなので、利用限度額を越えなければ何回でも自由に借りられるのもメリット。

少額の融資ならそれだけ心理的負担も軽減され、自分のビジネスに集中できます。

向いていない企業

高額の融資を長期で借りたい自営者

逆に、大規模な金額を長期期間で返済していくような借入には向いていません。

そもそも利用限度額が300万円なので大規模なビジネスへの対応は難しいことと、金利が高いので長期の返済には向かないことが理由です。

大規模なビジネスに向けての融資は、審査が厳しくても銀行系のビジネスローンか金融公庫のローンを検討するのが無難でしょう。

まとめ


「ビジネスサポートローン」は最短で即日融資可能、さらに1万円からの少額単位で借入できる
ので、ちょっとした資金が急に必要となった個人事業主が利用するのにうってつけのサービスです。

もちろん、カードローンなので定期的な借入にも向いています。

運営元は社会的にも信頼度の高いアコムなので、安心してローン計画が立てられるでしょう。

画像出典元:「ビジネスサポートローン」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ