オリックス VIPローンカードBUSINESS

記事更新日: 2022/01/24

執筆: 山川知沙

編集部コメント

即日融資が可能なビジネスローンサービス

「VIPローンカードBUSINESS」なら即日契約・即日融資が可能。個人事業主と法人(代表)を対象としたビジネスローンサービスです。

提供元は大手信販会社のオリックス・クレジット株式会社。申し込みはWEBで完結でき、借入と返済は全国173,000台のコンビニATMや都市銀行、郵便局で実施できるという利便性です。24時間365日対応可能な電話窓口やカウンセリングデスクなど、会員向けの充実したサポートも魅力。

最大利用限度額は500万円までで、金利の高さを考えても、大規模な融資よりはつなぎ融資向きと言えます。

良い点

最大の強みは即日契約・即日融資が可能なこと。個人事業主と法人(代表者)とどちらにも対応していて、事業資金のほかプライベートにも利用できるビジネスローンです。

悪い点

「VIPローンカードBUSINESS」はクレジット会社が提供する信販系のビジネスローンサービスなので、金利が高いです。

費用対効果:

年利は6.0%~17.8%と高めです。融資額は50万円~500万円まで。コスパが良いとは言えませんが、緊急時には重宝します。

UIと操作性:

WEBでの即日契約が可能。契約と同日に借入できます。借入や返済は全国のATMやコンビニ、郵便局で簡単に行えます。

サポート体制:

24時間365日問い合わせ可能な窓口やお金に関して相談できるカウンセリングデスクなど、充実したサポートを利用できます。

VIPローンカードBUSINESSの導入メリット4つ

1.即日契約・即日融資が可能

「VIPローンカードBUSINESS」は最短即日での借入が可能!

平日14:30までに手続きを完了すれば、当日の振込による融資を受けられます

審査スピードは最短60分と高速。来店は不要で、WEBからの申し込みが可能です。

申込みに必要な書類は以下。


本人確認書類
いずれか1点

運転免許証
健康保険証
パスポート


年収を確認できる書類
いずれか1点

▶︎勤めている場合
源泉徴収票
確定申告書
課税証明書

▶︎個人事業主
所得税の確定申告書
個人事業主 経営状況申告書

 

手続きの流れは下記の通りです。

STEP1 必要書類を揃え、PC・スマホから申込み
STEP2 審査結果がEメールでくる
STEP3 カードが郵送されてくる
STEP4 契約内容の確認と同意
STEP5 利用開始


必要書類を揃え、PCやスマホから簡単に申し込めるので利便性は抜群!

手元にカードが届いていなくても、WEBで契約内容の確認と同意手続きをすませれば(STEP4)借入が可能となります。(オリックスホームページからの振込みによる借入に限る)

2.借入れも返済もいつもの銀行・コンビニでできる

「VIPローンカードBUSINESS」は主要銀行をはじめ、ゆうちょ銀行や地方銀行、信用金庫などほぼ全ての金融機関、コンビニで利用できます。

コンビニATMなら手数料はかかるものの深夜でも利用できるので、いざというとき安心ですね。

三井住友銀行とゆうちょ銀行のATMなら手数料ゼロで借入できるのも見逃せません。

▶︎利用可能なATM

名称 営業時間 ATM手数料
セブン銀行 7:00-19:00 有料
イオン銀行 0:05-23:45 有料
Eネット

平日0:05-23:55
土日0:05-23:50

ATMの管理銀行により
有料・無料に別れる
ローソン銀行 0:05-23:50 有料
クレディセゾン 6:00-23:50 有料
三井住友銀行 各銀行の営業時間による 無料
みずほ銀行 各銀行の営業時間による 有料
三菱UFJ銀行 各銀行の営業時間による 有料
りそな銀行 各銀行の営業時間による 有料
三井住友信託銀行 各銀行の営業時間による 有料
信用金庫 各銀行の営業時間による 有料
ゆうちょ銀行 月・祝意実の翌日
7:00-23:55
火〜金:土
0:05-23:55
日・祝日
0:05-21:00
無料


返済方法はATMのほか、口座振替も可能です。

3.選べる返済プラン

「VIPローンカードBUSINESS」では、「新残高スライドリボルビング返済」と「元利込定額リボルビング返済」の2つの返済方法が用意されています。

新残高スライドリボルビング返済とは、一般的なカードローンの返済方式で、残高に応じて毎月の返済額が変わります。

借入残高が減ってくれば、毎月の返済負担が少なくなるのがメリットで、余裕があるときは多めに返済するなど、返済をコントロールできます。

新残高スライドリボルビング返済

借入残高 毎月の返済額
〜50万円以内 15,000円
50万円〜100万円以内 25,000円
100万円〜200万円以内 40,000円
200万円〜300万円以内 60,000円
300万円〜400万円以内 70,000円
400万円〜500万円以内 80,000円

 

「元利込定額リボルビング返済」とは、利用残高にかかわらず、毎月同じ額を返済していく返済方式です。

返済額が一定となるので、返済計画を立てやすいのがメリットです。

しかし、返済が長期化し利息の負担が大きくなってしまうこともあります。

元利込定額リボルビング返済

契約枠 毎月の返済額
50万円コース 15,000円以上
100万円コース 25,000円以上
200万円コース 40,000円以上
300万円コース 60,000円以上
400万円コース 70,000円以上
500万円コース 80,000円以上


自社の状況に合わせて返済方法が選べるので安心ですね。

4.会員用サービスが充実

「VIPローンカードBUSINESS」では会員向けの限定サービスが充実。

会員が利用できるサイトでは借入や返済の申込み、返済シミュレーションなどが行えるので、便利です。

また、24時間365日対応可能な電話専用の窓口も用意されています。

緊急で借入の必要が発生したときなど、その場で確認できるので安心です。

さらに、マネー相談の専任スタッフに対応してもらえるカウンセリングデスクも利用可能。

収支バランスやお金についての質問や相談ができます。

その他にも、オリックスグループが展開しているレンタカーやホテル、レストランなどを会員価格で利用できるなど特典が充実しています。

充実のサポート

5.用途自由

「VIPローンカードBUSINESS」は事業資金のほか、プライベートにも利用できます。

今は融資を必要としていなくても、ビジネスの安心に備え1枚用意しておくのもいいかもしれません。

用途自由だから、いざというとき安心

VIPローンカードBUSINESSのデメリット2つ

1.金利が高い

「VIPローンカードBUSINESS」はクレジットカード会社が提供する信販系のビジネスローンサービス。

その金利は消費者金融系のビジネスローンと同等です。

即日融資可能、担保・保証人不要などの審査の簡便さと金利の高さには相関があります。

返済期間が長期化すれば、それだけ金利の負担がのしかかってきます。

銀行系ビジネスローンなどの利用も考慮に入れ、よく検討してから契約を決めましょう。

2.借入最低金額は50万円

「VIPローンカードBUSINESS」の借入の最低額は50万円。

1万円からでも借りられるカードビジネスローンがあることを考えると少し不便に感じるかもしれません。

また、借入の金額が上がるということは返済の負担も大きくなるということ。

1万円の融資に比べると、50万円の融資はより審査が厳しくなるとも考えられます。

VIPローンカードBUSINESSの料金プラン

借入限度額は500万円。最低でも50万円の借入が必要です。

対象者は個人事業主と法人代表者に対応。

契約期間は1年間で自動で更新されます。

注目すべきは審査スピード。最短60分の審査スピードで即日融資も可能です。

利用限度額 50万円〜500万円
年利 6.0%〜17.8%
審査スピード 最短60分
担保・保証人 なし
対象者 個人事業主・法人代表者
契約期間 1年ごとの自動更新

 

競合製品との料金比較

「VIPローンカードBUSINESS」は信販会社大手のオリックス・クレジットが提供する信販系のビジネスローンなので、金利は銀行系のビジネスローンサービスと比較すると高めです。

金利の安さを最重視するなら、審査は厳しくてもメガバンクのビジネスローンがおすすめです。

しかし、最短60分という審査スピードは魅力。

担保も保証人も準備することなく気軽に借入できる点が特徴です。

  オリックス
VIPローンカードBUSINESS
*信販系*
みずほ
スマートビジネスローン
*銀行系*
プロミス
自営者カードローン
*消費者金融系*
利用限度額 50万円〜500万円 1,000万円
(5万円単位)
300万円
年利 6.0%〜17.8% 1%台〜14% 6.3%~17.8%
審査スピード 最短60分 不明 最短即日
担保 不要 不要 不要
保証人 不要 代表者の連帯保証 不要
対象者 個人事業主
法人代表
法人 自営者

 

VIPローンカードBUSINESSを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

1.緊急性の高い融資を必要とする企業

「VIPローンカードBUSINESS」では即日契約・即日融資が可能。

金利は高いですが、低金利の銀行系ローンサービスの審査では間に合わないような緊急性の高い借入には、本当にありがたいサービスです。

大口の融資は銀行系ビジネスローンなど金利の低いサービスを利用し、そのつなぎとして「VIPローンカードBUSINESS」のような即効性のある融資サービスを利用するのも一つの手段です。

2.サポートやカウンセリングを必要とする企業

「VIPローンカードBUSINESS」は会員サービスが充実しています。

会員サイトでは、借入や返済が手軽にできるほか、返済予定の照会やシミュレーションが可能。

電話では、24時間365日対応可能な問い合わせ窓口を利用できます。

さらに、カウンセリングデスクではマネー相談の専任スタッフに収支バランスやお金に関しての質問や相談に応じてもらえます。

向いていない企業

大口の融資を希望する企業

「VIPローンカードBUSINESS」は金利が高いので大規模な融資には向きません

また、長期にわたり返済を行っていきたい自営者や法人企業にも向かないでしょう。

融資を急いでいない、審査に落とされる懸念事項がないのであれば、用意周到に準備をし、低金利の銀行系ビジネスローンを検討するのが賢明でしょう。

まとめ

「VIPローンカードBUSINESS」は申込みから融資までスピーディーに行えるビジネスローンサービス。

金利が高めなので、大規模な融資より単発利用やつなぎの融資に向いています。

マネー相談ができる専門のカウンセリングデスクなどサポートも充実しています。

画像出典元:「VIPローンカードBUSINESS」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ