IDCF Cloud

記事更新日: 2020/10/14

執筆: 編集部

編集部コメント

初期費用0円、1ヶ月500円から利用できるクラウドサーバー「IDCF Cloud」は、とにかく低価格からクラウドサーバーの利用を始めたい企業におすすめです。低価格でありながら、充実のサービス・機能が揃っていて、サーバーの構築や管理、カスタマイズが簡単に行えるほか、ファイアウォールやロードバランサー、DDoS対策など無料セキュリティ機能も万全なので安心して利用できます。24時間365日のサポート体制もばっちりです。

1. サーバーの作成と管理

最速20秒で仮想サーバーの作成が可能

2. ネットワーク管理

高速・大容量のネットワークは、急激なアクセス増や大量配信にも対応可能

3. セキュリティ管理

ファイアウォールやロードバランサー、DDoS対策など無料セキュリティ機能が充実

良い点

初期費用0円、月額500円の低価格から利用でき、仮想マシン構築を始めとするさまざまな機能や、万全のセキュリティを利用できます。

悪い点

仮想マシン作成の際に選択するOS(テンプレート)の種類に幅がありません。

費用対効果:

月額500円という低価格にもかかわらず、仮想マシン構築を始めとするさまざまな機能や、万全のセキュリティを利用できます。

UIと操作性:

仮想マシンの構築からWebサイトの公開まで簡単操作で実行できるほか、サーバーのカスタマイズも自由に行えます。

サポート体制:

24時間365日、専門エンジニアの手厚いサポートが受けられるほか、有償サポートも用意されています。

導入ハードル:

アカウントを登録し、ログインするだけで利用を開始できます。

セキュリティ:

ファイアウォールやロードバランサー、DDoS対策など無料セキュリティ機能が充実しているほか、完全分離された東西リージョンの利用によりBCP対策も万全です。

IDCF Cloudの特徴3つ

1. ワンコインで仮想マシン構築からWebサイト公開まで一気に実現

「IDCF Cloud」の最大の特徴は、業界最安クラスの低価格でありながら、さまざまなサービスや機能を利用できることです。

安いながらもさまざまなサービスや機能を利用することができ、中でもシンプルなUIとAPIを活用することで、仮想マシンの構築からWebサイトの公開まで、一気に誰もが簡単に行えることは大きな魅力です。

手順は簡単で、OSを選べば最速20秒で仮想マシンが作成され、続いてネットワーク設定、コンテンツアップロード、ドメインを取得してDNSを設定すれば、Webサイトを公開することができます。

他にも、監視ツールとの連携サービスを利用できたり、サーバーのカスタマイズができたりと、充実のサービス・機能が準備されています。


さまざまなサービス・機能が充実
 

2. 万全のセキュリティ対策

「IDCF Cloud」の2つ目の特徴は、万全のネットワーク・サーバーのセキュリティ対策です。

ファイアウォールやロードバランサーなどの無料セキュリティ機能が充実しているほか、DDoS対策も標準装備しているので安心です。

DDoS対策は、有償のサービスも準備されていて、自社のネットワークに対するDDoS攻撃に対し、個別の対策が可能です。疑わしいアクセスのみを遮断するためのフィルター自動生成機能や、振る舞い検知にによる動的フィルタリング、さらに、10ギガビットクラスの攻撃にも対応が可能です。

データセンターは、Yahoo Japanグループの国内にある自社データセンターで運用されているので安心です。

また、東西リージョン(東日本と西日本)の利用で、災害やテロ攻撃に備え、万全なBCP対策が実現できます。東日本リージョンと西日本リージョンは完全に独立していて、仮想マシンのサーバー、ストレージ、ラック、電源、さらにはインターネットも完全に分離されています。


完全分離された東西リージョン
 

3. 安心のサポート体制

「IDCF Cloud」の3つ目の特徴は手厚いサポート体制で、無償のサポートはもちろん、有償のサポートも準備されています。

無償サポートでは、常駐の専門エンジニアによる24時間365日オンラインサポートを利用することができます。また、何らかの障害を検知した場合、メール、電話、クラウドコンソールのいずれかの方法で通知をするサービスも受けられます。

有償のサポートサービス(月額5,000円)では、無償のサービス内容に加え、電話での問い合せが可能になります。

電話で直接対応してもらうことができるので、クラウド管理やセキュリティ管理など、不安を感じるようであれば加入しておくといいでしょう。

IDCF Cloudのサポート体制は導入企業からも、”すばやい対応と手厚いサポート”、”できないことも正直に話してくれる誠実なサポート”、”日本語の的確なサポート”などと、高評価を得ています。


サポートプラン

 

IDCF Cloudの料金プラン

初期費用は無料で、従量課金制か定額制のどちらかの料金プランを選択できます。

最安は1時間1円・1ヶ月500円から利用でき、定額制の場合は上限付きなので予算を超えることなく安心です。

月額500円のプランには、サーバーマシン1台、15GBのハードディスク容量、3TBのネットワーク転送量が含まれるという充実した内容です。


料金体系はCPUやOSの種類などによって細かく異なるので、公式ホームページの簡単な料金シミュレーションの利用をおすすめします。

IDCF Cloudの評判・口コミ

安心のサポート体制
株式会社ミクシィ XFLAGスタジオ

IDCFクラウドを選んだ決め手は、コストメリットです。自ら購入する場合とサービスを利用する場合で、固定資産簿価の推移と利用予定から総合的に判断しました。サポート体制や営業担当者の方は「できないこと」も素直に話してくれる「誠実なビジネス」をされる印象を受けました。

安価ながらも万全のセキュリティ対策
エスエイティーティー株式会社

IDCFクラウドの魅力は、安価ながらも「ファイアウォール」「DDoS対策」「ロードバランサー」などを標準で利用することができたり、メールサービス「SendGrid」を始めとする多くのサービスとの連携が豊富に揃っていることです。一番の決め手は、IDCフロンティアの営業が親身に相談に乗ってくれることでした。やはり安心感が一番です。

Web画面上での簡単操作
九州大学

今までの教員によるサーバー管理に比べ、IDCFクラウドはWeb画面上から操作可能なため、学生が自立的にサーバーを管理できるようになり授業の効率が良くなりました。将来、起業したい学生にとっては、商用のクラウド環境で試作できる環境が、学習へのモチベーションを高めていると思います。

*「IDCFクラウド」公式HP参照

まとめ

この記事では「IDCF Cloud」の特徴・評判・料金を解説しました。

業界最安値をうたうIDCF Cloudは、とにかく低価格でクラウドサーバを利用してみたい企業にうってつけです。

低価格でありながらも、サービス・機能は充実していて、サーバーの構築や管理、カスタマイズはもちろん、万全のセキュリティ機能、さらには万全のサポートを利用することができます。

IT資産のクラウドへの移行は最早必須、これを機会に手軽にクラウドサーバーを試してみませんか。

画像出典元:「IDCF Cloud」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ