Azure Virtual Machines

記事更新日: 2020/10/14

執筆: 編集部

編集部コメント

「Azure Virtual Machines」は、Microsoftの運用するクラウド型サーバーとして圧倒的な信頼感があります。12ヶ月間の無料お試しがあり、機密データを扱う高度なシステムを構築したい、マシン購入費用や設置場所を用意できないと悩む企業に最適です。既にオンプレミスのサーバーを運用している企業でも、保有しているWindows ServerやSQL Serverのライセンスを180 日間オンプレミスとクラウドで共用できるため、コストをかけずにスムーズに移行することができます。

1. 低コストで仮想マシンを利用可能

料金は秒単位の課金制なので、利用時間分しか料金がかからない

2. セキュリティ対策も万全

機密データ暗号化やウィルス・マルウェア対策などがMicrosoftにより提供

3. OSはWindowsまたはLinuxから選択

OS+CPU性能やメモリ容量を組み合わせて構成可能

良い点

Microsoftの製品であるため、信用度は抜群です。OSにはWindowsの他にもLinuxも選択できるため、幅広い業種のシステム構築に利用できます。

悪い点

従量課金制なので、利用量の見通しが立たない場合には、年間の予算立てが難しい面があります。

費用対効果:

月額ではなく、利用時間単位での課金、秒単位での換算なのでマシン空き時間への課金は発生しません。

UIと操作性:

状況が見やすい画面デザインが提供されています。日本語化されるかは確認が必要です。

セキュリティ:

仮想マシン同士でプライベートな通信を行えます。専門データや機密データの取り扱いも行える高度なセキュリティ対策を備えています。

サポート体制(運営会社の):

日本語にも対応していますが、サポート提供は料金プランによってメール対応からエンジニアによるウェビナーまで差があります。

Azure Virtual Machinesの特徴3つ

1. 仮想化マシンの利用でトータルコストを削減

巨大なシステムを構築する場合、専用のマシンを用意するには広い敷地と相応な資金が事前に必要です。

しかしクラウド仮想マシンを利用すれば、そうした物理的な問題も解決できます。

さらに「Azure Virtual Machines」はMicrosoftの製品でもあるため、特にOSにWindows Serverを利用する場合に有効です。

本家メーカー製ですので相性も良く、さらにWindows Server2008 または2008 R2を利用している場合は、「Azure Virtual Machines」に移行すると無料のセキュリティ更新プログラムがさらに3年間延長されます。


Virtual Machinesを導入した場合のコスト圧縮イメージ

2. 仮想環境の管理作業も万全に対応可能

せっかく構築した仮想環境が壊れてしまうと、復旧作業は大変な労力を伴います。

「Azure Virtual Machines」には緊急事態への備えとして、仮想環境の管理画面が用意されています。

グラフィックな表示で現在の仮想環境状態が一目瞭然、都度分析情報から状況を確認・対応できます。

またバックアップ作業も容易に行えますので、災害発生時などの備えにも有効です。


仮想環境管理画面

3. セキュリティ対策も万全

使用中の仮想マシンデータを保護する対策も万全です。

機密データ情報を保護するための暗号化対策・ネットワークを流れるトラフィックの保護・ウィルスやマルウェアから仮想マシンを守る・脅威を特定して検出する機能など一通りの対策が備わっており、これらはISOやCSAなどの基準に沿ったコンプライアンス認定を受けています。


セキュリティ管理画面

 

Azure Virtual Machinesの料金プラン

 

仮想マシンの料金例(従量課金制)

料金はOSをWindowsまたはLinuxから選択し、OS価格設定を基本にメモリやCPU性能との組み合わせで決まります。2020年9月現在、12カ月無料プランも用意されています。

サポートの料金プラン

Basicプランは無料ですが、テクニカルサポートの提供はDEVELOPERプランからです。DEVELOPERプランではメールで営業時間中の対応が受けられます。

24 時間年中無休の電話・メールでのサポートは、STANDARDプランからで、重大事例の場合には1時間以内に回答を得られます。Professional Directプランはさらに応答時間が短くなったり、エンジニアによるウェビナーでのトレーニングを受けることができます。

公式HPには見積りツールが用意されており、自社で必要な製品・機能を選んで見積もることもできますし、構成例となるシナリオから必要な機能を増減させて見積もることもできます。

Azure Virtual Machinesの評判・口コミ

無制限のコンピューティング能力を使用したがん研究の加速化
BC Cancer Agency

BC Cancer は、オンプレミス データ センターを補完するために Azure を使用し、データ処理時間を 7 日からたった 2 日に短縮しました。

メインフレームの問題を改善
GEICO

GEICO のビジネスは年中無休です。Azure を使用することで、6 週間のリリース サイクルは過去のものとなりました。ほとんどの場合、変更はシステムを停止せずにデプロイされます。

*「Azure Virtual Machines」 公式HP参照

まとめ

今回は、「Azure Virtual Machines」の評判や口コミ・特徴・料金について紹介しました。

機密情報も扱う高度クラウド型サーバを構築・利用したいと考えている企業におすすめです。

特にMicrosoftの製品という信頼性は抜群であり、かつ汎用的なWindowsサーバを構築するには最適です。

利用料金はマシンアクセス時間を基準とした課金制のため、未使用時の費用を削減したいと考える企業にもご検討頂きたいサービスです。

画像出典元:「Azure Virtual Machines」 公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ