タブレット タイムレコーダー

記事更新日: 2020/07/21

執筆: 編集部

編集部コメント

月額費用は無料、勤怠データを出力する等の使い方も可能で、比較的小規模の店舗・企業におすすめの勤怠管理システムを兼ねたタイムレコーダーアプリです。勤怠の自動集計や給与計算ソフトとの連携で、手間のかかる事務作業を大幅に効率化でき、ミスを防げます。ビデオ機能を活用して、社内のコミュニケーション活性化にも役立つでしょう。

無料勤怠管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

無料勤怠管理システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

1. 出退勤の時刻を打刻

タッチパネルでIN / OUTを選ぶだけで簡単に出退勤を打刻

2. 勤怠データの自動集計

企業ごとの規定に合わせて自動で勤務実績を集計できる

3. さまざまな給与計算ソフトとデータ連携

集計した勤怠データを給与計算ソフトに取り込めるよう出力できる

良い点

勤怠記録や自動集計、給与計算ソフトとの連携といった勤怠管理を効率化する機能に加え、ビデオメッセージやパーソナルレコーディング等、コミュニケーションの活性化を促す機能まで充実しています。

悪い点

ライセンスは10人単位での販売です。11人で利用する場合には、20人分のライセンス購入が必要で、1人ずつライセンスを追加することができません。

費用対効果:

月額費用がかからない為、人数が増えない限り長く利用しても料金は一定。3人までは全ての機能を無料で利用できます。

UIと操作性:

シンプルな操作画面で、直感的に操作可能。全てのデータを自動バックアップしてくれるので万が一iPadが故障しても安心です。

知名度:

3,000社以上の導入実績があるなど、高いシェアを誇ります。2015年にはグッドデザイン賞を受賞。

タブレット タイムレコーダーの特徴3つ

1. ビデオメッセージでコミュニケーションを活性化

「タブレット タイムレコーダー」の最大の特徴、それは相手を選んでビデオメッセージを送れること。

メッセージは相手が打刻するときに自動で再生されるため、見落とされてしまう心配もありません。

同僚や部下への声かけはもちろん、引継ぎ事項を伝えるときにも重宝します。利用者からは、文章や図を書いて説明しなければならなかったことも、ビデオメッセージを使うことでより伝わりやすくなったという声もあります。

ビデオメッセージの例

また、打刻時には顔写真が撮影され、管理者はその写真を一覧で見ることもできます。特定の人物で絞り込むこともできるので、直感的にメンバーの勤怠状況を確認することが可能です。

2. シンプルで確認しやすいダッシュボード

次に紹介する「タブレット タイムレコーダー」の特徴、それはシンプルでわかりやすく、操作が簡単なダッシュボードです。

利用者は、打刻時にパーソナルダッシュボードで自分の勤怠実績を見ることができます。週・月・年単位のデータがグラフで表示され、「先月より働きすぎている」など、自分の状況を可視化でき時間管理や働き方を見直すきっかけにもなります。


過去の勤怠状況を自分で確認


管理者向け画面では、各メンバーごとのデータに加え、部署や全社での勤務時間や残業の推移を確認でき、そのデータを編集することも可能。

一目でわかる画面で、管理者も勤怠管理がしやすくなります。毎日出退勤を記録するタイムレコーダーだからこそ、シンプルで操作性の高いものが重宝されるのではないでしょうか。


メンバーの勤務状況を一目で確認

3. 社内ルールに合わせた柔軟な集計機能

「タブレット タイムレコーダー」の特徴3つ目は、企業によって異なる規定に対して、柔軟に対応する集計機能。そのためにきめ細やかな設定ができます。

休憩時間や所定の労働時間を予め設定することはもちろん、「9時前の打刻はすべて9時とする」といった企業内のルールや、集計結果を15分ごとに丸める設定が可能です。

「1ヶ月の合計残業時間のうち、45時間を超えた分を別途計上する」、「45時間以上と60時間以上を別々に」といった2段階の集計を設定することも可能です。


設定画面で集計ルールを細かく設定


さらに、打刻ミスを確認する機能も充実。「打刻がペアになっていない」、「休暇または欠勤日に勤務データがある」等の条件を設定することで、条件を満たしていない場合に確認を促す表示を出すことができます。


退勤時刻が打刻されていないためアラートが表示されている

 

タブレット タイムレコーダーの料金プラン

月額料金はかかりません。3人まで全ての機能が無料で利用できます。

10人ごとのライセンス販売で、11,000円となっています。

アプリのダウンロードはApp Storeから無料でできるので、まずは機能や操作性を確認してみるのが良いでしょう。

タブレット タイムレコーダーの評判・口コミ

ビデオメッセージで引継ぎ作業が簡単に
印刷工場

夜勤担当から翌朝への引き継ぎ連絡は、以前は図を描いたりで大変でしたが、 ビデオメッセージでとても簡単になりました。実務的な連絡の他、ちょっとした声がけのメッセージもでき便利です。ビデオメッセージだからこそ、簡単かつ正確にたくさんの情報を伝えられますし、コミュニケーションの増加が生産性とメンバーの満足度向上につながっています。

リアルタイムで勤務時間を確認でき、集計もしやすい
マルカンビル大食堂様

リアルタイムに勤務状況を一覧で確認できるので、定期的に、休みが少ない従業員がいないか、残業が多い従業員がいないか、休憩をちゃんと取れているかを確認しフォローしています。 今は料理長が月の途中でタブレット タイムレコーダーのデータを確認し「今月は頑張りすぎやし、少しペース落とそうか」といった声がけを行っています。

*「タブレット タイムレコーダー」公式HP参照

まとめ

毎月、勤怠の集計作業や給与システムへの反映に時間をかけている店舗・企業にはおすすめのサービスです。

それは自動集計や給与システムへの連携・データのバックアップまで自動で行ってくれるというのが、「タブレット タイムレコーダー」の大きな魅力だからです。

また写真撮影やビデオメッセージで、社員の顔が見え、コミュニケーションの増加につながることも、嬉しいポイントです。

iPad1台で利用できる人数は300人のため、人数としては比較的小規模の店舗・企業におすすめです。

運用コストを抑えることができ、集計等に割く時間を大幅に削減できるでしょう。

画像出典元:「タブレット タイムレコーダー」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

無料勤怠管理システムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の無料勤怠管理システム

無料勤怠管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ