eCA-DRIVER

記事更新日: 2021/04/23

執筆: 編集部

編集部コメント

連結処理および連結財務諸表の作成業務でお困りの方にピッタリの連結会計システムです。この「eCA-DRIVER」はTKCのデータセンターを利用した連結会計システムであり連結決算業務が一気にスムーズになります。法改正時には随時アップデートがおこなわれるので、法改正に即したデータ管理を実現できます。

連結会計システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

連結会計システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

1. 法改正への迅速な対応

法改正時には随時アップデートを行い高い適法性を保持できる

2. データ連携による入力の省力化

決算開示システムや個別財務システムとの連携でデータ管理が簡易化できる

3. 収集業務の効率化

様々な機能の連携と収集機能及びリコンサイル機能で収集業務も効率化できる

良い点

豊富な拡張機能があり理解してカスタマイズすればするほど使い勝手がよくなります。500社以上の企業グループへの導入実績があるので信頼性が高い点も安心です。

悪い点

豊富な拡張機能があるゆえに業務に必要な機能を使いこなすまでに時間を要する可能性もあります。

費用対効果:

UIと操作性:

市販の会計ソフトと異なる部分があるので、取っつきにくさという部分ではマイナス面がありますが、慣れていけば操作性自体には問題ありません。

サポート体制:

非常に多くの実績があり、サポート体制も万全で法令遵守も確実にできるというのは大きなメリットとなっています。

多言語対応:

Web入力の場合は英語や中国語といった多言語のデータでも問題なく処理できます。

eCA-DRIVERの特徴3つ

1. データ連携による簡単な情報収集

「eCA-DRIVER」の最大の特徴が子会社からのデータがデータ連携により情報収集が簡易化されている点です。仕訳も自動生成してくれるのでデータ入力やまとめといった手作業の工程を削減することにより、担当者の入力業務や確認作業の負担を軽減するという大きなメリットがあります。

また、これらのデータについては、複数の会計データの閲覧が可能なので、経営戦略のためのデータの比較検討もしやすくなっています。シームレスな連携が可能となっているため子会社と親会社とのデータ連携もスピーディーにおこなうことができます。

さらに、「eCA-DRIVER」では公認会計士によるサポートもおこなわれており、システムの導入から運用に至るまで、困ったときにはいつでも相談できる体制が整っているので、安心して利用できます。

「eCA-DRIVER」の運用フロー

2. 作業スピードの向上

次に紹介する「eCA-DRIVER」の特徴は、スピードが向上するための様々な便利機能です。シームレスな連携を可能とする個別会計システムを完備している他に、Web入力の場合については英語や中国語といった多言語のデータでも問題なく処理できるようになっています。

海外に会社を持つような大企業の場合は、データのやり取りをするのに、翻訳作業を挟む必要がありましたが、「eCA-DRIVER」のデータ収集機能ならば多言語でも問題なくこなせる機能ゆえに、複数の支社をもつ企業において決算にかかる業務の迅速化を実現できるでしょう。

また、整合性チェック機能も搭載されているので入力ミスや記入漏れといったよくある間違いにもオートで対応してくれるようになります。二重チェックといった作業がなくなり効率化が図れます。

データ入力の一例

3. 多種多様な帳票出力機能と分析機能

「eCA-DRIVER」の特徴3つ目は、標準帳表を300種類以上兼ね備え、分析機能を搭載していることです。

連結修正前・修正後個別財務諸表合計表や比較BS科目別明細確認表と比較BS科目増減表といった帳票も搭載されており、別途オプションをつければ、さらに約100種類の帳票が追加することができます。

機能として最初から備わっている二期比較機能と合わせて運用することで、データ間の比較検討や、効率的なデータの出力ができるようになります。

マネジメントレポート設計ツール

 

eCA-DRIVERの料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

eCA-DRIVERの評判・口コミ

税務・会計業務のデジタル化とシームレスな連携で生産性向上
ファーストキッチン株式会社

連結財務諸表を作成する際、以前は関係会社間取引を把握するために3~4日は必要でした。それが現在は、個別決算が固まればその日のうちに関係会社間取引を把握し、連結決算の数字を出せるまでになっています。

カスタマイズなしで運用可能なのが魅力
極東開発工業株式会社

他の2社は、多くの部分でカスタマイズが必要でしたが、TKCのeCA-DRIVERは、業務の流れを一部システムに合わせることで標準パッケージでの運用が可能でした。また、クラウドサービスという点も評価しました。社内にサーバーを設置する場合に比べ、コスト面でも管理面でも負担軽減が図れ、自社のデータセンターを利用している点も安心できました。

*「eCA-DRIVER」公式HP参照

まとめ

今回紹介した「eCA-DRIVER」は会計システムを使ってはいるけれどデータが膨大すぎて処理しきれないという担当者や関係会社間での会計データの把握がうまくできていないという企業におすすめのシステムです。

中小企業から大規模企業まで、会計データの連携に時間と工数を費やしていた企業には、このシステム一つでデータ連携がスムーズになるという点でうってつけのシステムといえるでしょう。

データ連携による手作業での入力ミスを軽減することで担当者のストレスや確認作業の負担も軽減してくれる使い勝手の良いシステムです。

画像出典元:「eCA-DRIVER」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

連結会計システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選する連結会計システム
連結会計システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ