Mobile backend

記事更新日: 2021/04/30

執筆: 編集部

編集部コメント

スマートフォンアプリのバックエンド機能の開発は、高いプログラミング知識が必要なだけでなく、開発段階の工数が多く手間がかかります。しかし、今回ご紹介するニフティクラウドの「Mobile backend」を導入すれば、開発の必要なくスマートフォンアプリに必要なバックエンド機能を作成できるのです。

Webプッシュ通知ツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

Webプッシュ通知サービスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

1. プッシュ通知機能

サーバー不要でアプリにプッシュ通知を実装できる

2. 会員管理・認証機能

ログインやログアウトなどの会員管理を行える

3. SNS連携機能

会員管理機能との同時利用でSNSアカウントでの会員登録ができる

良い点

「Mobile backend」は、プッシュ通知や会員登録・認証、SNS連携など、無料で利用できる機能が多いです。

悪い点

このツールは、一度アップグレードするとダウングレードできません。また無料プランを利用する場合は、アプリケーションへの最終アクセスから30日が経過すると自動削除されます。

費用対効果:

ベーシックプランは無料、エキスパートプランでも月額50,000円と導入しやすい料金になっています。その上サーバー不要でバックエンド機能を作成できるため、費用や時間のコスト削減に役立つでしょう。

UIと操作性:

ある程度のプログラミング知識は必要不可欠なため、初心者にとっては少々ハードルが高いと感じる可能性があります。

社外連携:

SNSとの連携ができ、社外の開発者アカウントに権限を付与することもできます。そのため、複数人によるアプリケーションの管理が可能です。

Mobile backendの特徴3つ

1. 無料機能が充実

「Mobile backend」は、無料で利用できる機能がとにかく多いという特徴があります

たとえば、プッシュ通知や会員管理・認証、SNS連携などがありますが、そのほかにもデータストアやファイルストア、位置情報検索といったスマートフォンのアプリケーションに必要な最低限の機能も自由に利用できます。

なお、データストアでは有料会員と無料会員でアクセス権限を設定する、ファイルストアではあらゆるコンテンツの配信、ユーザー間での画像共有など、ユーザーにとって必要な機能も自由に利用できます。


                                                                                       
プッシュ通知機能など、あらゆる機能を自由に利用できる

2. あらゆるSDKに対応

iOS(Swift)/iOS(Obj-C)/Android/JavaScript/Unityで提供されるSDKに対応、これらは公式HPからダウンロードできます。

SDKはソフトウェアの開発に欠かすことができませんが、「Mobile backend」なら導入と同時にダウンロードできるので、素早いバックエンド機能の作成に役立ちます。

なお、動作環境については利用するSDKによって異なるので、この点についてはあらかじめ確認しておきましょう。


あらゆるSDKに対応

3. 有料プランならさらに充実

「Mobile backend」は無料プランでも十分に使い勝手が良いツールですが、有料プランを利用すれば、より充実したバックエンド機能の作成が行えるだけでなく、品質保証も受けられるというメリットがあります。

有料プラン限定機能には、テクニカルサポート、コラボレート機能、SLA設定、データストアへのインデックス設定などがありますので、導入前にこれらを確認しておき、導入を検討することをおすすめします。


有償プランでより充実した機能の使い分けが可能

 

Mobile backendの料金プラン

「Mobile backend」は、無料のベーシックプランのほか、月額50,000円のエキスパートプランやカスタマイズプランの3つのプランから選択できます

なお、カスタマイズプラン料金についてはケースバイケースとなりますので、このプランをご希望の場合には、公式HPからお問い合わせください。


プラン料金表

 

Mobile backendの評判・口コミ

データ通信をサーバー開発不要で実現
オムロン株式会社様

通常よりも高い気温になったときなど、特殊なイベントが発生したときには、 アラートとしてプッシュ通知を飛ばすようにしています。これも 「mobile backend」のプッシュ通知機能を勿論利用しています。 その他、センサに設定できる画像や、センサのファームウェアについてはファイルストアに保存しています。 機能的にはかなりフル活用しています。 結果、本アプリに関するサーバー側の開発は一切不要になり、大幅なコストカットを実現しました。

開発スピードの大幅アップに成功
データスタジアム株式会社様

よくある機能を実装せずに済んでいる分、開発スピードは大幅に向上しました。SDKの習得もさほど時間がかからず開発に入れています。開発コストについても思った通り抑えられていて、管理画面のような作るのに時間がかかる部分についても実装せずに済んでいます。 ただ、mBaaSはスマートフォンアプリ向けに作られたサービスなので、Webブラウザから使うには多少カスタマイズが必要でした。その点は自分たちで解決しています。

*「Mobile backend」公式HP参照

まとめ

「Mobile backend」は開発なしでアプリケーションのバックエンド機能を作成できる便利なツールです。

また、ベーシックプランなら無料で利用できるというメリットもありますので、まずはこのプランで試し、ゆくゆくは有料プランに切り替えるという方法も選択できます。

バックエンド機能作成には手間や時間がかかるので、その工程を少しでも減らしたいのなら、「Mobile backend」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Mobile backend」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

Webプッシュ通知サービスの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のWebプッシュ通知ツール

起業ログが厳選するWebプッシュ通知サービス
Webプッシュ通知サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ