Growth Push

記事更新日: 2021/04/30

執筆: 編集部

編集部コメント

スマホアプリになくてはならない機能、それはプッシュ通知です。スマホユーザーが知りたい情報を自動的にお知らせするのがプッシュ通知ですが、スマホアプリにこの機能を追加しようとすると少々面倒なイメージを持つかもしれません。そんな方には、たったの10分で導入できる「Growth Push」をおすすめします。

Webプッシュ通知ツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

Webプッシュ通知サービスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. セグメント配信

セグメントを設定し、該当するユーザーにプッシュ通知を送信できる

2. 効果測定

セグメント配信後、ユーザーの反応を測定できる

3. テスト配信

複数の通知パターンを配信し、効果が高い配信がどれか選別できる

良い点

「Growth Push」は、1分あたり150万件という超高速配信が可能で、配信対象を特定したセグメント配信も可能です。

悪い点

トライアルプランの導入費用や月額料金は無料ですが、有料のエンタープライズプランの料金は公式HPに記載されていません。

費用対効果:

合理的にプッシュ通知機能を作成でき、高い集客効果が狙えます。

UIと操作性:

導入前、導入後ともに難しい操作は一切必要ありません。

社外連携:

IOSの各プラットフォームには対応していますが、社外連携には対応していません。

Growth Pushの特徴3つ

1. 圧倒的な配信速度

「Growth Push」は1分あたり150万回という圧倒的な配信スピードを誇るサービスです。

また、他社サービスの場合では、金額制限を超える利用の場合には即利用停止になることがありますが、「Growth Push」は都度相談で、即利用停止になる心配がありません。

せっかく反響が現れはじめたのに、利用停止になってしまったら元も子もありません。一方、「Growth Push」ならその心配がないので、安心して利用することができます。


圧倒的な配信スピード

2. あらゆる配信機能を搭載

「Growth Push」には、テスト配信、予約配信、繰り返し配信などがあります。

プッシュ配信は1回で思うような効果を得られるとは限らず、予約配信による繰り返し配信で効果が現れてくることが多いものです。そんな時に役立つのが「Growth Push」に搭載されている多彩な配信機能です。

さらにセグメント設定でターゲットを絞り込んだ上で配信することも可能なので、売上アップにもつながります。


あらゆる配信機能を搭載

3. プッシュ解析でユーザーのアクションを把握

プッシュ通知後に大切なのは、通知後にユーザーが起こした行動の把握です。

「Growth Push」には効果計測やイベント計測をできるため、ユーザーの課金状況やプッシュ通知の効果を確認することができます

さらに、送信ログも確認できて不備がないかをきちんと確認できます。

なお、プッシュ通知の効果はCSV形式でダウンロードできるので、プッシュ通知の効果をファイルにまとめて保存することができます。


解析機能も充実

 

Mobile backendの料金プラン

料金表

トライアルプランは無料で利用できますが、有料のエンタープライズプランではケースによって料金が異なります。詳細については公式HPからお問い合わせください。

まとめ

「Growth Push」は、特に専門的な知識がなくても手軽に導入できるプッシュ通知配信サービスで、特筆すべきは1分間に150万回という驚異的な配信スピードです。

これだけのスピードでプッシュ通知を配信できれば、一瞬にしてセグメント特定したユーザーや不特定多数のユーザーに情報を配信できます。

「Growth Push」は専門的な知識がなくてもすぐに導入や運用ができるので、今以上の売上計上を狙いたい方は、この機会に「Growth Push」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Growth Push」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

Webプッシュ通知サービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

Webプッシュ通知サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ